1. TOP
  2. 会社案内
  3. 沿革
  4. 第21期~第30期

沿革

第21期~第30期
事業年度 経営事項 技術事項 世の中の出来事
第30期
1992年
平成4年
  • 東京湾横断道路浮島立抗の計画及び詳細設計を実施、鋼殻ケーソン設置工法が採用される中で数々の有効な提案を行い合理的な竣功に寄与した
  • PKO協力法成立
  • 毛利さん、宇宙へ
  • 天皇陛下訪中
  • 環境問題地球サミット
第29期
1991年
平成3年
  • 受注150億円突破(11月)
  • 国際事業部発足、千葉・神奈川・大宮事務所が営業所に昇格(6月)
  • 熊本事務所開設(5月)
  • 仙台営業所が東北支店に昇格(3月)
  • 雲仙普賢岳の火砕流発生に伴い建設省より火砕流の発生・流下・堆積・熱風範囲及び被害実態調査・分析の受託
  • パナマ・米国・日本の3国によりパナマ運河代替案調査が行われ日本より当社が参画、共同委員会方式により進められる
  • 上信越自動車道碓氷橋の設計業務で平成3年度土木学会田中賞を受賞
  • 雲仙・普賢岳で火砕流、43人犠牲
  • 若貴ブーム、千代の富士引退
  • 湾岸戦争勃発
第28期
1990年
平成2年
  • エジプト国ギザ市上下水道網整備計画で我が国の無償資金協力では数少ない部門の技術提供に高い評価を得る
  • 東名高速道路足柄橋の設計業務で平成2年度土木学会田中賞を受賞
  • 日本人初の宇宙旅行
  • ドイツ統一
第27期
1989年
平成元年
  • 長野事務所開設(8月)
  • 名古屋営業所が支店に昇格(12月)
  • 小規模生活ダム事業として我が国第1号の雨山ダム調査・計画・設計・管理を実施
  • 首都高速都市内高架美装工事業務で平成元年度土木学会田中賞を受賞
  • 昭和天皇崩御、平成元年スタート
  • 消費税スタート
  • 美空ひばりさん死去
第26期
1988年
昭和63年
  • 受注100億円突破(11月)
  • 計量証明事業(濃度)に登録(11月)
  • 山口事務所開設(6月)
  • 埼玉事務所開設(5月)
  • 広島営業所が支店に昇格(5月)
  • 四国事務所開設(5月)
  • 青森事務所開設(4月)
  • 佐賀県唐津市唐津城たもとの舞鶴橋架替設計で建設省都市景観大賞を受賞
  • 東日本旅客鉄道の発注で鉄道橋としては初めての試みであるPC斜版橋の名取川橋梁設計を実施
  • リクルート疑惑
  • 瀬戸大橋が開通
  • 青函トンネル開業
第25期
1987年
昭和62年
  • 建設省でスーパー堤防事業が創設されるが、当社ではそれ以前よりマスタープラン作成、基本構造・事業費の検討分析等草分けとして構想策定に参画、その後数多くのプロジェクトに携わる
  • 新生JRスタート
  • 利根川進さんにノーベル医学・生理学賞
  • エイズ問題深刻に
第24期
1986年
昭和61年
  • 韓国事務所開設(8月)
  • 鹿児島事務所開設(6月)
  • 山陰(島根)事務所開設(4月)
  • 鶴見つばさ橋の基本設計、下部構造の形式選定・詳細設計から施工管理まで担当、長大橋梁としての地震時安全確保と、横浜ベイブリッジと並び優美で繊細な姿を創造
  • PC斜張橋の東名高速道路足柄橋設計を実施
  • 三原山209年ぶり大噴火
  • 社会党に初の女性委員長
  • ダイアナ妃フィーバー
  • チェルノブイリ原発事故
第23期
1985年
昭和60年
  • 千葉事務所開設(6月)
  • 広島市鶴見橋設計業務で機能・景観・構造面に優れた実績を残し建設省都市景観大賞を受賞
  • 日航ジャンボ機墜落
  • 豊田商事事件で、長野会長惨殺
  • 国鉄同時多発ゲリラ事件
第22期
1984年
昭和59年
  • 神奈川事務所開設(8月)
  • 北海道事務所開設(3月)
  • 岩手事務所開設(2月)
  • 補償コンサルタント登録(土地調査、補償関連)(12月)
  • 建設コンサルタンツ協会へ加入(12月)
  • 大阪モノレール事業における一連の計画・設計・管理業務に従事、大都市圏での軌道系公共交通機関として将来的に有望なモノレールに関する技術の蓄積におおいに貢献
  • グリコ・森永脅迫事件
  • インディラ・ガンジー首相暗殺
第21期
1983年
昭和58年
  • 北陸事務所開設(6月)
  • 廃棄物広域処理・処分場として兵庫県尼崎市沖のプロジェクトで基本計画からの一連業務を担当(S57~H7)、高度技術の蓄積につながる
  • 田中元首相に実刑判決
  • 大韓航空機撃墜事件
  • 東京ディズニーランド開園
ページトップ