1. TOP
  2. 会社案内
  3. 沿革
  4. 第41期~第50期

沿革

第41期~第50期
事業年度 経営事項 技術事項 世の中の出来事
第50期
2011年7月~2012年6月
平成23年~平成24年
  • 50周年記念事業スタート
  • 静岡事務所を移転(3月)
  • 青森事務所を移転(1月)
  • 東日本大震災報告書1・2を公表
  • 殿ダム、嘉瀬川ダムがダム工学会技術賞を受賞
  • ブラジルのリオデジャネイロで国連の持続可能な開発会議(Rio+20)開催
  • 佐渡島で放鳥したトキから生まれた雛が全て巣立ち
第49期
2010年7月~2011年6月
平成22年~平成23年
  • 東北支店を移転(7月)
  • 営業期を変更(7月~翌年6月)
  • 谷津川橋(上り線,下り線)が(社)プレストレストコンクリート技術協会賞受賞
  • 藤波ダム、志津見ダムがダム工学会技術賞を受賞
  • 名古屋で生物多様性条約第10回締結会議(COP10)が開催
  • 九州新幹線(博多-新八代)が全線開通(3月)
  • 東北地方太平洋沖地震発生・福島第一原発事故
  • 霧島山・新燃岳が、189年ぶりに噴火
第48期
2009年12月~2010年6月
平成22年
  • 国連緊急プロジェクト「ハイチ大地震復興ニーズ調査」に参画
  • 九州新幹線 大野川橋りょうが(社)プレストレストコンクリート技術協会賞受賞
  • 東北新幹線(新八戸~新青森)開業(12月)
  • サッカーワールドカップが南アフリカで開催
  • 菅直人氏 第94代内閣総理大臣に就任
  • 上海国際博覧会が開催
  • ドバイに世界一の超高層ビルオープン
第47期
2009年
平成21年
  • ジャカルタ事務所を移転(8月)
  • 沖縄事務所を移転(7月)
  • コルカタ、カイロ、サンパウロの3事務所を開設(6月)
  • 四国統括事務所を移転(5月)
  • 宮崎事務所を開設(4月)
  • 松山事務所を移転(2月)
  • 奈良事務所を移転(1月)
  • 岩井川治水ダムがダム工学会技術賞を受賞(共同受賞)
  • 新型インフルエンザ世界的大流行
  • 民主党政権誕生。鳩山由紀夫氏第93代内閣総理大臣に就任
  • 裁判員制度の開始
  • アメリカ合衆国初の黒人大統領誕生
第46期
2008年
平成20年
  • 熊本事務所を南九州統括事務所に改称(6月)
  • 岐阜事務所を移転(4月)
  • 鹿児島事務所を移転(1月、8月)
  • 連続サイホン式取水設備(特許取得済)が国土技術開発賞を受賞
  • 北陸新幹線姫川橋りょうと杉谷川橋が(社)プレストレストコンクリート技術協会賞受賞
  • 麻生太郎氏 第92代内閣総理大臣に就任
  • 米リーマン経営破綻。世界金融危機に
  • 北京オリンピック開催
  • ノーベル賞に日本人計4名
第45期
2007年
平成19年
  • 国際事業部を国際事業本部に昇格(2月)
  • 和歌山事務所開設(1月)
  • 第二名神高速道路 近江大島橋が(社)土木学会田中賞 および (社)プレストレストコンクリート技術協会賞受賞
  • 福田康夫氏 第91代内閣総理大臣に就任
  • 日本郵政公社民営化
  • 新潟中越沖地震発生
  • 能登半島地震発生
第44期
2006年
平成18年
  • 山梨事務所開設(12月)
  • 三室川ダムがダム工学会技術賞を受賞(共同受賞)
  • インドネシア、ジャワ島中部で大地震発生
  • 第1回 ワールド・ベースボール・クラシック開催、王ジャパンが優勝
  • 冬季トリノオリンピック開催、荒川静香選手が金メダル。
第43期
2005年
平成17年
  • 広島支店を移転(9月)
  • 三次事務所開設(8月)
  • 首都圏の事業部署を再編(関東センター、横浜センター、千葉事務所開設)/四国統括事務所開設(6月)
  • 福井事務所開設(4月)
  • 矢作川橋が平成16年度土木学会田中賞を受賞
  • 名古屋万博「愛・地球博」開催
第42期
2004年
平成16年
  • 本社を新宿区西落合2-18-12に移転(7月)
  • 益田事務所開設(11月)
  • マトリックス組織制度導入/総合事業本部発足/北陸営業所が支店に昇格/コンプライアンス室開設(8月)
  • 角島大橋が土木学会デザイン賞優秀賞を受賞
  • アテネオリンピック開催、日本の獲得メダル数史上最多
  • 新潟・中越地震発生
  • スマトラ沖地震・大津波発生
第41期
2003年
平成15年
  • 福島事務所開設(4月)
  • クアラルンプール事務所開設(12月)
  • イラク戦争
  • 阪神タイガース 18年ぶりリーグ優勝
  • 米スペースシャトル「コロンビア号」空中分解事故
  • 中国初・有人宇宙船打ち上げ
ページトップ