1. TOP
  2. 実績紹介
  3. 環境グループ - 地質・地盤
環境グループ

地盤解析

業務名 発注者 着手・完了 概要

熊本高森線俵山大橋外1橋設計業務

国土交通省
九州地方整備局
道路部

2016年4月~2017年3月

斜面上に設置された道路橋の杭基礎について、斜面変状が発生したときの杭基礎の安定性に及ぼす影響を調べるため、遠心模型実験、斜面安定解析を実施した。

新宮紀宝道路JR高架橋他予備設計業務
◎近畿地方整備局局長表彰 受賞業務

国土交通省
近畿地方整備局
紀南河川国道事務所

2016年6月~2017年3月

新宮紀宝道路がJR紀勢本線を跨ぐ箇所に計画された連続高架橋の橋梁予備設計に必要となる調査ボーリング・地質解析を実施した。鉄道付近での施工に伴う変位をFEMにて解析し、施工計画を立案した。

磐城国道管内交通対策測量設計業務
◎東北地方整備局局長表彰 受賞業務

国土交通省
東北地方整備局
磐城国道事務所

2016年4月~2017年3月

道路施工に伴う周辺地盤への影響を検討するため、地質調査、地下水位観測等を実施するとともに、軟弱地盤解析を行い、地盤の変状要因を分析した。

中部横断道工事施工影響検討業務

国土交通省
関東地方整備局
長野国道事務所

2016年4月~2017年3月

中部横断自動車道の佐久南IC~八千穂ICにおいて、道路施工による周辺環境への影響評価を目的とし、水文調査、動植物調査および盛土動態観測を実施した。また、軟弱地盤上での土捨場盛土に対する地盤解析と修正設計のほか、法面等に生じた変状調査を行い、要因分析および対策を検討した。

東海道踏切こ線人道橋整備に係る交通処置及び修正設計委託

横浜市
都市整備局
戸塚中央区画整理事務所

2015年1月~
2015年3月

戸塚駅前こ線人道橋橋脚の開削工事において、近接するJR横浜線の軌道変位をFEM解析により予測した。

H25IC・JCT本線第3橋梁詳細設計業務

国土交通省
関東地方整備局
横浜国道事務所

2013年9月~
2015年3月

高速横浜環状南線のIC・JCTのランプ橋橋脚の開削工事において、近接する既設鉄塔の変位をFEM解析により予測した。

一般国道413号トンネル詳細設計業務委託

山梨県
県土整備部
道路整備課

2013年9月~
2015年3月

一般国道413号線の供用国道における、新設のトンネル施工の影響をFEM解析により予測し、沈下抑制対策工を検討した。

鳥取自動車道道路・構造物詳細設計他業務

国土交通省
中国地方整備局
岡山国道事務所

2013年6月~
2014年3月

鳥取自動車道姫路鳥取線の付加車線設置に伴うトンネル詳細設計、道路詳細設計、橋梁詳細設計および設計に必要な測量、地質調査を行った。二期線トンネルは一期線トンネルと5m程度の近接トンネルであったため、FEM解析により覆工コンクリートの応力照査を行い安全を確認した。

圏央道大栄横芝地質調査業務25G6

国土交通省
関東地方整備局
千葉国道事務所

2013年4月~
2014年3月

切土および盛土を主体とする圏央道大栄~横芝区間において、調査ボーリング、原位置試験および室内土質試験を実施するとともに、軟弱地盤解析を行った。 

沖縄都市モノレール地下構造物設計業務委託

沖縄県
土木建築部

2012年3月~
2013年3月

沖縄都市モノレール延伸事業のトンネル(NATM)区間において、近接する地下埋設物に及ぼす影響をFEMにて解析した。また、トンネル完成後に計画されていた地道路の盛土および開削工事がトンネル覆工に及ぼす影響を予測し、覆工強化等の対策要否を検討した。

福岡市地下鉄七隈線土木構造物実施設計業務委託

福岡市
交通局

2012年7月~
2013年3月

地下鉄七隈線における市街地直下でのトンネル(NATM)区間において、トンネル掘削に伴う周辺地盤変位をFEM解析により予測し、変位抑制対策を検討した。

H22中川綾瀬川護岸等整備方針検討業務 ◎事務所長表彰 受賞業務

国土交通省
関東地方整備局
江戸川河川事務所

2011年7月~2012年3月

中川・柿ノ木地区の堤防嵩上げにあたり、近接した民家群の引込み沈下量をFEM解析により予測し、沈下抑制対策工を検討した。予測精度向上のため、隣接区間の観測データ分析および地盤変状・応力状態の再現解析を行った。

ページトップへ

大規模構造物基礎地盤等調査解析

業務名 発注者 着手・完了 概要

平成28年度 横瀬川ダム基礎岩盤調査業務

国土交通省
四国地方整備局
中筋川総合開発工事事務所

2016年4月~2017年5月

ダム基礎の粗掘削面の地質・岩盤性状等を観察し、ダム基礎岩盤の土木的評価および堤体安定性の確認を行った。

H27外環地下水流動保全工法検証業務
◎事務所長表彰受賞業務(H28年度)

国土交通省
関東地方整備局
東京外かく環状国道事務所

2015年7月~2016年12月

東京外かく環状道路の中央JCT、大泉JCTにおいて地下水流動保全工法のための現地調査、地下水解析、設計検証および中央JCTの橋脚拡幅工事に伴う管渠実施設計を行った。 

川内沢ダム地質解析業務

宮城県
仙台地方ダム総合事務所

2016年8月~2017年3月

ダムサイトの横坑にて確認されるせん断性割れ目の分布と性状を把握するため、割れ目に着目した横坑調査とコア観察を実施して地質工学的検討を行った。

平成27年度 立野ダム地質総合解析業務
◎九州地方整備局局長表彰,災害復旧等功労業者(支援・協力)

国土交通省
九州地方整備局
立野ダム工事事務所

2015年12月~2017年3月

横坑調査やボーリングコアの見直しなどを行い、リム部の地質性状や分布状況の解析と岩盤透水性の解析を実施した。また、熊本地震後に、第四紀断層やダム基礎岩盤への影響の有無を調査した。

大分川ダム本体基礎岩盤調査業務

国土交通省
九州地方整備局
大分川ダム工事事務所

2014年12月~2017年3月

大分川ダムの本体基礎岩盤・洪水吐基礎岩盤を対象に、掘削面調査を行い、ロックフィルダムの基礎岩盤としての変形性や透水性について、その適正を評価した。

鳥海ダム地質解析業務

国土交通省
東北地方整備局
鳥海ダム工事事務所

2015年7月~2017年3月

台形CSGダムとして計画されている鳥海ダムダムサイトの露頭スケッチや新規地質調査データの見直しを行って、ダム基礎の地質解析を実施した。

鳥海ダム地質総合解析業務
◎東北地方整備局局長表彰 受賞業務

国土交通省
東北地方整備局
鳥海ダム調査事務所

2014年9月~2015年3月

台形CSGダムとして計画されている鳥海ダムダムサイトを対象に、これまで実施されてきた全ての地質調査データを見直し、地質総合解析を実施した。

鵜川ダム 掘削面調査業務委託

新潟県
柏崎地域振興局 

2014年5月~2017年3月
2015年1月

鵜川ダム建設工事において、堤敷周辺の岩盤スケッチを行い、ダム基礎としての地質工学的検討を行い、基礎岩盤の適性を評価した。

矢原川治水ダム建設事業矢原川ダムダムサイト地質解析業務委託

島根県
浜田河川総合開発事務所 

2014年5月~
2014年10月

ボ-リングコアやボーリング孔内各種試験結果を整理・検討し、地質平面、地質断面図類を作成するとともに、ダム基礎岩盤の解析・評価を行った。 

円山川水系与布土川与布土ダム地質観察・グラウチング試験解析業務

兵庫県
但馬県民局
養父土木事務所

2011年9月~
2014年3月

円山川水系与布土川に建設を進めている与布土ダム本体の基礎岩盤の掘削面地盤状況をスケッチし、堤体の安定性について評価した。併せて、グラウチングデータを整理・解析し止水効果を判定した。 

和食ダム ダムサイト岩盤透水性詳細検討委託業務

高知県
土木部

2013年9月~
2014年3月

和食ダムサイトの岩盤中の割れ目を対象として、透水性と関係する岩盤性状について詳細観察を行い、その結果を用いて割れ目性状と透水性との関係性ならびに割れ目の連続性について分析・解析し、岩盤透水性区分図を作成した。 

立野ダム地質総合解析業務

国土交通省
九州地方整備局
立野ダム工事事務所

2013年5月~
2014年3月

曲線重力式の立野ダムの地質総合解析を実施した。既往資料の見直しに併せて立野ダム建設に向けた地質的課題を整理するとともに、地質的課題の解決に向けた地質解析を行い、新規地質調査計画を立案した。 

H25中部横断道地質調査

国土交通省
関東地方整備局
甲府河川国道事務所

2013年4月~
2014年3月

中部横断道建設予定ルート28kmのうち、切土および盛土を主体とする地域においてボーリング等の地質調査を実施し、構造物や道路設計に必要となる土質定数等の基礎データを取得した。 

笠堀ダム 堤体材料採取候補地地質総合解析委託

新潟県
三条地域振興局
地域整備部

2012年10月~
2013年2月

笠堀ダム嵩上げ計画に伴う堤体コンクリートの原石山調査を行った。地表地質踏査と弾性波探査を行い地質分布を確認し、室内岩石試験を行って原石としての品質を確認するとともに、施工性・経済性に優位な原石採取箇所を提案した。 

胎内川河川総合開発 奥胎内ダム岩盤スケッチ業務委託

新潟県
新発田地域振興局
地域整備部

2012年4月~2017年2月

奥胎内ダム本体建設工事において、ダム本体堤敷きおよび減勢工部の仕上げ掘削後の岩盤面の状況調査、岩級評価および安定性照査を行った。

ページトップへ

防災

業務名 発注者 着手・完了 概要

平成28年度 四国山地深層崩壊土砂災害被害想定検討業務

国土交通省
四国地方整備局
四国山地砂防事務所

2016年8月~2017年3月

深層崩壊に起因する土砂災害被害想定手法に基づき、深層崩壊跡地の分布状況や地形地質特性から対象流域を複数の深層崩壊検討分割領域に区分した上で、蓋然性の高い深層崩壊現象を抽出し、深層崩壊被害想定図を作成した。

霧島火山地域における土砂災害危険度調査業務

国土交通省
九州地方整備局
宮崎河川国道事務所

2016年8月~2017年2月

霧島山の特性を踏まえ、土石流尾根超えリスク地点を抽出し、その地形的特徴と対策手法を検討した。保全対象に影響する地点については、対策工法の立案、比較評価を行い、対策の基本方針を検討した。

高野台地区平成28年発生災害復旧事業地質調査(その4)委託

熊本県
県北広域本部
阿蘇地域振興局

2016年7月~2017年3月

熊本県南阿蘇村高野台地区において地震で発生した地すべりの対策工選定を目的として、地質調査と動態観測を実施した。その結果に基づき、地すべり機構解析と安定解析を実施し、対策工を提案した。

岩手山土砂災害検討業務
◎東北地方整備局局長表彰 受賞業務

国土交通省
東北地方整備局
岩手河川国道事務所

2015年10月~2016年2月

岩手山周辺における山体崩壊や河道閉塞を対象とした減災対策を目的とした危険度評価を実施した。既往空中電磁探査により抽出された大規模土砂移動の危険度が高い地区を対象に、立体地形解析図を用いた微地形判読、地表地質踏査、高密度電気探査等を行った。

平成27年度 既設盛土のり面補強対策に関する技術資料作成業務

(株)高速道路総合技術研究所

2016年2月~2017年1月

高速道路における既設盛土補強土工の設計マニュアルの妥当性を検証するため、振動台実験および盛土安定解析を実施した。

平成26年度 既設盛土のり面補強対策検討業務

(株)高速道路総合技術研究所

2014年10月~2015年3月

既設盛土の崩壊対策として、盛土内浸透水排除工と盛土補強土工の検討を行い、既設盛土補強の設計マニュアルを作成した。

平成25年度 白川下流地区地質調査業務

国土交通省
九州地方整備局
熊本河川国道事務所

2014年3月~
2015年3月

九州北部豪雨を受けて、河口付近の堤防の安全度調査と河口から7km区間の堆積物調査を実施した。堆積物調査においてはバイブレーションコアサンプラーを用いて不攪乱試料を採取し、肉眼観察、軟X線観察、土質試験等を行い、河床堆積物の層序を明らかにした。

霧島山山体構造詳細調査業務 

国土交通省
九州地方整備局
宮崎河川国道事務所

2014年10月~
2015年3月

山体崩壊や大規模崩壊、地すべり等による土砂移動実態、地下水の帯水状況を把握するために、ボーリング調査、物理探査、航空レーザー測量を用いた微地形判読、地質踏査および室内試験などの各種調査を行い、霧島山の山体構造を解析した。また、大規模土砂移動の発生機構、発生土砂量、発生頻度等を想定し、霧島山における土砂災害対策に対する課題を整理した。

東九州道鏡洲地区地すべり観測業務 

国土交通省
九州地方整備局
宮崎河川国道事務所

2014年10月~
2015年3月

東九州自動車道の清武~北郷間において、地すべりの動態観測を実施した。調査観測結果に基づき、変動域の地山区分、降雨量と変位の応答性などを検討し、地すべり機構を解析した。

総合流域防災(砂防設備等緊急改築)調査委託 

鹿児島県
土木部

2014年5月~
2014年10月

鹿児島県内の砂防堰堤のうち、4流域9基の砂防堰堤(石積堰堤)の健全度評価を実施することを目的として、弾性波探査、ボーリング調査、室内材料試験を行い、施設毎の健全度を評価した。 

平成24年度砂防施設点検調査業務

宮崎県
日向土木事務所

2013年6月~
2014年3月

砂防設備の老朽化の状況を把握するための点検および調査を行い、施設の機能回復のための対策の要否を判定するとともに、対策が必要と判断されたものについては、対策工法等を提案した。

大淀川水系砂防土石流発生調査業務

国土交通省
九州地方整備局
宮崎河川国道事務所

2013年4月~
2014年3月

新燃岳周辺における土石流発生条件の検討、土石流警戒避難体制の整備、砂防計画の検討等を目的として、新燃岳の噴火の影響を受けた地域における地表面の変化やリル・ガリーの形成等による土砂流出状況等を把握し、渓流毎および源頭斜面における土砂移動特性の検討を行った。 

石浜3号区域地すべり観測業務委託

青森県
東青地域県民局
地域整備部

2013年3月~
2014年3月

石浜3号区域にて設置されている歪み計および地下水位計について、自記観測データの回収を行うとともに、観測データを整理・分析して地すべり動態について解析した。 

ページトップ