1. TOP
  2. 実績紹介
  3. こんなところに八千代エンジニヤリング
  4. vol.4 福岡県 筑後川合川地区
こんなところに八千代エンジニヤリング

vol.4 福岡県  筑後川合川地区

  • 筑後川合川地区水辺整備検討業務(2007年)

どのような業務を行ったのですか?

筑後川は阿蘇山を源流とし九州北部を横断し有明海に注ぐ、九州を代表する川の一つです。

今回の業務では、筑後川沿川の久留米市合川地区における、河川を利用される方々の利活用性向上に着目した川づくりプランの検討と筑後川に合流する高良川の改修設計を行いました。

 

検討を進めるにあたり、合川地区の現状の課題を正確に把握し、川づくりプランにどのように利用者の意見を取り入れるかが、重要なポイントとなりました。


施工前

合川地区について教えてください

合川地区は周辺に大型ショッピングモールや運動公園等があり、地域住民や外部から訪れる方の利用頻度の高い箇所です。

 

利用者にアンケートをとったり、住民懇談会を開いて意見交換を行ったりと、河川管理者や設計者の意見よりも実際の利用者の要望を最優先しつつ、各種検討を行いました(九州大学樋口研究室の方々にも模型を使った川つくりプランの検討等でご協力いただきました)。


施工後

改修を終えてどうなりましたか?

官民一体となって考え出された整備案を基に設計を行い、翌年春には高良川の改修工事が完了しました。この改修によって、これまで近寄りにくかった川べりが、みんなが憩える水辺に変わり、週末等は利用者であふれかえっている様子です。

今後も合川地区についてはよりよい水辺を創出するための検討・整備を進めていくことになっています。

担当:総合事業本部 河川部 岩谷将徳

平成10年入社。主に河川分野における計画・設計に従事。現在は河川の治水施設の詳細設計等を担当。

※サイト公開当時(2012年)の情報です

ページトップ