1. TOP
  2. 実績紹介
  3. こんなところに八千代エンジニヤリング
  4. vol.7 あいたか橋 アイランドシティ海上遊歩道
こんなところに八千代エンジニヤリング

vol.7 あいたか橋 アイランドシティ海上遊歩道

  • アイランドシティ海上遊歩道橋梁詳細設計業務委託(2009年)

あいたか橋について教えてください

あいたか橋は、福岡市東区のアイランドシティ(人工島)と、対岸の香住ヶ丘地区を結ぶ歩行者と自転車だけの専用遊歩道です。

住宅地が広がるアイランドシティから、最寄り駅の西鉄香椎花園前駅へのアクセスを大幅に改善しただけでなく、博多湾の美しい眺めが楽しめることから、市はウォーキングコースとしての利用も見込んでいます。

yecは、この海浜プロムナード(海上遊歩道)の詳細設計を実施しました。

橋の特徴を教えてください。

海上橋の歩道橋としては、延長が430メートルある「日本最長の橋」です。また、自然との調和、コスト面に配慮し、緩やかな曲線(S字)を有し、景観性にも配慮しています。

設計と施工について教えてください。

橋梁形式は、コスト縮減に配慮した18径間のPC単純桁橋であります。上部工の形式は塩害対策を実施したPCプレテンホロー桁を基本として、交差条件により長支間となる箇所は、PCポステンホロー桁、PCバイプレストレッシング桁を採用しています。また、下部工、橋面施設は景観設計を行い、形状・形式を決定しました。

橋の上部工を支える橋脚は、水深が深いところは台船を利用した施工で行い、水深が浅い岩礁部は大型の土のうを利用した締切による工事用道路で計画し、無事作ることが出来ました。

工事中は海に一筋の道路が出来たように見えたため、「神の道」ならぬ「工事の道」ができていました。

担当:九州支店 道路・構造部 上田浩章

1992年入社。入社当初から橋梁の設計に携わり、現在は、新設の橋梁から補修・補強を含めた橋梁全体計画を担当。

※サイト公開当時(2013年)の情報です

第26回福岡市都市景観賞【市民賞】受賞!!

ページトップ