1. TOP
  2. 実績紹介
  3. 海外事業 - 電力・プラント
海外事業

電力・プラント

詳細設計、入札監理、施工監理

業務名 発注者 着手・完了 概要

ガーナ国太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

クラウンエイジェンツ

2012年~2014年

環境プログラム無償の一環として、JICA概略設計調査に引き続き、ガーナ大学付属野口記念医学研究所の電力系統に連系する太陽光発電システムの整備するプロジェクトの実施設計・調達監理業務を実施した。 

ミクロネシア太陽光発電設備建設計画(環境プログラム無償)

ミクロネシア国電力公社

2011年~2013年

環境プログラム無償案件であり、本計画に係る先方政府の調達代理機関であるクラウンエイジェンツとの契約に基づき、ミクロネシア国ポンペイ州の連邦政府複合施設及び短期大学にて太陽光発電設備を導入するプロジェクトの実施設計・調達監理業務を実施した。 

パラオ太陽光発電設備建設計画(環境プログラム無償)

パラオ国公共設備公社

2010年~2012年

環境プログラム無償の一環として、JICA概略設計調査に引き続き、パラオ国政府の調達代理機関である日本国際協力システムとの契約に基づき、パラオ国際空港にて太陽光発電設備を設置するプロジェクトの実施設計・調達監理業務である。 

マーシャル太陽光発電設備建設計画(環境プログラム無償)

マーシャル国電力公社

2010年~2013年

大洋州地域太陽光案件(環プロ4か国)のうち、マーシャル国に対し、系統連系型太陽光発電設備を導入するため、入札業務を含む実施設計・施工監理業務である。 

トンガ太陽光発電設備建設計画(環境プログラム無償)

トンガ国環境省

2010年~2014年

環境プログラム無償案件の一環として、トンガ国ババウ島に独立型太陽光発電設備(SHS、200W/軒)を島民552軒に導入したもので、入札業務を含む実施設計・施工監理業務である。 

ページトップへ

マスタープラン調査

業務名 発注者 着手・完了 概要

シエラレオネ国首都圏電力供給マスタープラン調査

国際協力機構(JICA)

2008年~2009年

シエラレオネ国首都圏への持続可能な電力の安定供給のため、経済面、技術面・財務面・環境面から最適計画を策定し、今後15年間のマスタープランを策定するとともに、調査全体を通じてカウンターパートの電気事業実施能力の育成を行うことを目的とした開発調査。 

パラオ国電力供給改善マスタープラン調査

国際協力機構(JICA)

2007年~2008年

パラオ国コロール島及びバベルダオブ島における、将来の電力需要予測、電力設備計画の策定と、中長期的に必要となる電力設備のF/S調査、資金調達の検討、経営改善、人材育成、運用改善への提言を含む電力供給改善計画を策定する開発調査。 

ナイジェリア連邦共和国太陽エネルギー利用マスタープラン調査

国際協力機構(JICA)

2005年~2007年

ナイジェリア国では2003年に制定された国家経済開発戦略では2020年までに国民の75%が安定した電力にアクセス出来、且つ新規需要家の内10%は再生可能エネルギーにより供給する方針となっている。本MP調査はこの方針に基づき、ナイジェリア国の電力省、科学技術省、エネルギー委員会、地方電化庁のカウンターパートへの技術移転を図りつつ、社会経済状況調査、環境社会配慮調査、エネルギー研究センター調査、全国PV電化計画、研究開発及び啓蒙普及アクションプラン等を纏めたものであり、ジガワ州、オンド州、イモ州ではPilot Projectを実施した。 

ページトップへ

概略設計、実施設計、入札、施工監理

業務名 発注者 着手・完了 概要

モルディブ国マレ首都圏における太陽光発電導入計画調査

国際協力機構(JICA)

2009年~2014年

モルディブ国の中心であるマレ島とフルマレ島において、我が国の環境プログラム無償の一環としてクリーンエネルギーの代表である太陽光発電の導入可能性について調査を行い、太陽光発電システムの導入に係る概略設計を行うと共に、施工監理、運転・維持管理及び経済・財務分析のソフトコンポーネントを通した人材育成、等を行った。尚、設備が導入された施設は合計12施設である。 

ページトップへ

調査、計画、概略設計

業務名 発注者 着手・完了 概要

ルワンダ国第二次変電及び配電網整備計画準備調査

国際協力機構(JICA)

2015年~2016年

ルワンダの首都キガリ市において変電所及び送配電網整備を目的とした、無償資金協力事業のための概略設計調査業務である。 

ナイジェリア国太陽光発電設備建設計画(環境プログラム無償)

国際協力機構(JICA)

2013年~2014年

ナイジェリア国に対する系統連系型太陽光発電施設の導入を目的とする環境プログラム無償制度に基づく準備調査。本件に基づき過去2度の現地調査を別サイトにて実施したが、それぞれ概略設計終了後に現地の治安状況等から続行不可能となり、今回は当国の治安を考慮し、首都アブジャ圏内のUsman Dam浄水場を対象とした準備調査であり、最大出力975kWの太陽光パネルを設置する。 

タンザニア国ダルエスサラーム送配電網強化計画

国際協力機構(JICA)

2013年~2014年

タンザニア国の首都ダルエスサラームの安定的な電力供給を図るため、同市の主要変電所であるイララ変電所への132kV60MVA変圧器2台の増設をはじめの大幅な増改修を行うと共に、33kV配電用変電所(33kV15MVA変圧器1台)3か所の新設及び1か所の増設を行う計画で、我が国の無償資金協力(3年間の国債案件)で建設される。 

リベリア国モンロビア市電力復旧計画

国際協力機構(JICA)

2011年~2013年

リベリア国モンロビア市内の電力システム復旧に係る無償資金協力事業の準備調査業務であり、重油焚きディーゼル発電設備(設備容量5MW×2台)とその補機設備及び付属施設の建設計画である。 

ウガンダ国第三次地方電化計画

国際協力機構(JICA)

2011年~2012年

ウガンダ国は2005年時点で4%にとどまっている地方電化率を年間平均1%程度増加させ、2012年までに10%まで引き上げることを目標としている。この目標達成のため世界銀行の協力のもと地方電化マスタープランを策定し、計画に基づき地方6地域への33kV配電線約130kmの延伸計画である。 

タンザニア国キリマンジャロ州地方送配電網強化計画

国際協力機構(JICA)及びタンザニア電力公社

2010年~2013年

タンザニア国キリマンジャロ州における送配電網の改善を目的とした、変電所の新設、及び更新、66kV送電線の建設、33kV配電線の建設案件で、我が国の無償資金協力事業として実施され、概略設計調査から施工監理までを実施した。  

タンザニア国ザンジバル地域配電網強化計画準備調査(その2)

国際協力機構(JICA)及びザンジバル電力公社

2010年~2013年

タンザニア国ザンジバル・ウングジャ島の配電網強化のため、変電所の新設、既存変電所の更新、配電線の新設・張替え等の基本設計を行った。現地調査により要請案件の必要性及び妥当性を再確認し、概略設計、事業計画、概略事業費積算等を実施した。 

ガーナ国配電設備整備計画

国際協力機構(JICA)

2010年~2012年

我が国の技術協力事業「ガーナ国配電部門マスタープラン策定調査」及び全国電化計画(National Electrification Scheme:NES)、自立電化プログラム(SELF)に基づきガーナ国より要請された案件であり、地方のタマレ地区及びスンヤニ地区の電圧階級33kV及び11kVの配電系統の増強を図る計画である。 

大洋州地域太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画準備調査

国際協力機構(JICA)

2009年~2010年

環境プログラム無償案件の一環として大洋州地域4カ国(パラオ・ミクロネシア・マーシャル諸島・トンガ)からの要請のもと、太陽光を活用したクリーンエネルギー導入に係る調査、計画、概略設計業務である。 尚、既設設備との接続は系統連系方式であり、運転・維持管理に係る技術移転(ソフトコンポーネント)も実施した。 

ガーナ太陽光発電設備建設計画(環境プログラム無償)

国際協力機構(JICA)

2009年~2011年

環境プログラム無償の一案件である、ガーナ大学付属野口記念医学研究所に系統連系型の太陽光発電設備設置工事であり、第1期の最大出力出力315kWp、第2期の最大出力400kWpの太陽光発電設備の準備調査を実施した。 

タンザニア国オイスターベイ送配電施設強化計画

国際協力機構(JICA)及びタンザニア電力公社

2008年~2011年

タンザニア国の経済の中心地であるダルエスサラームの電力供給事情を改善するため、我が国の無償資金協力にて新オイスターベイ変電所の建設(132/33kV45MVA変圧器2台、33/11kV15MVA変圧器2台)並びに、132kV送電線7kmの建設を行うものであり、概略設計調査から施工監理までを実施した。 

バヌアツ国サラカタ川水力発電所改善計画

国際協力機構(JICA)及び土地・エネルギー・環境・資源省

2007年~2009年

バヌアツ国サラカタ水力発電所の既存水路の状況、河川護岸の状況等の調査を行い、改修・補強方法等の計画を行った。河川護岸補強では、下部を重力式擁壁とし、上部はグリーンネットをアンカーピンで固定する補強方法とした。600kW発電能力の水力発電を1基増設、それに伴う導水管・放流庭整備等を行うための付帯設備事業であり、詳細設計、入札監理、施工監理までの実施設計業務を行った。  

シエラレオネ国フリータウン電力供給システム緊急改善計画

国際協力機構(JICA)及びシエラレオネ電力公社

2006年~2010年

シエラレオネ国キングトム発電所の増設及びフリータウン電力系統の送配電網の新設/増設に係わる概略設計調査を実施し、我が国の無償資金協力により実施された発電設備:5MW x 2台、33kV送電線、11kV配電線の建設工事であり、詳細設計、入札監理、施工監理業務も実施した。 

ウガンダ国第二次地方電化計画

国際協力機構(JICA)及びウガンダ国地方電化庁

2006年~2010年

我が国の無償資金協力事業として、ウガンダ国の東部2州、中央州、西部州を対象とした配電変圧器、配電線用資機材の調達及び据付に係る地方電化工事を行うための概略設計、詳細設計、入札監理並びに施工監理業務。 

ガーナ国地方電化計画

国際協力機構(JICA)及びガーナ共和国エネルギー省

2005年~2009年

ガーナ国、中央州(アッパーデンチラ地域)の未電化地域(16村落)を対象に電化を行った。地方電化を目的とし、33kV及び11kV架空配電線及び柱上変圧器の据え付け工事の調査、概略設計、詳細設計、入札監理、施工監理業務であり、工事は計画通りに終了した。 

ツバル国フナフチ環礁電力整備計画実施設計・監理

国際協力機構(JICA)及びツバル国政府

2005年~2010年

ツバル国フォガファレ発電所にディーゼル発電600kwx3台設置とフナフチ島全域に配電網整備を行うための無償資金協力案件である。発電所建屋として鉄骨造約600m2、地下水位が高く、満潮位じには現状敷地レベルでは冠水する恐れが考えられ、発電所1階床及び発電機基礎のレベルは現状地盤より500mmm上げる計画とし、概略設計から、入札監理、施工監理までを実施した。 

ソロモン国ホニアラ電力供給改善計画

国際協力機構(JICA)及びソロモン国電力公社

2005年~2007年

我が国の無償資金協力事業として、ソロモン国のルンガ発電所ルンガに320平米の建屋を増設し、発電設備(4,200kW デイーゼル、1台)及び機械電機の付帯設備を新設するための、概略設計、詳細設計・施工監理業務。 

ナイジェリア国クロス・リバー州及びアクワ・イボム州地方電化計画

国際協力機構(JICA)及びナイジェリア国エネルギー省

2005年~2010年

ナイジェリア国の要請のもと、JICA無償資金協力により、クロス・リバー州ランチコミュニティ地区を対象としてブースターステーション、キャパシターステーション、及び33kV配電線を建設することにより、同地区の電化を行うものであり、概略設計から、入札監理、施工監理までを実施した。 

ページトップへ

F/S調査

業務名 発注者 着手・完了 概要

ウズベキスタン国タシケント熱電併給所建設事業準備調査

国際協力機構(JICA)

2014年~2016年

ウズベキスタンの首都タシケント市においてガスタービンと排熱回収ボイラーからなるコジェネレーション発電所を新設することを目的とした、有償資金協力事業のための概略設計、FSを実施した。 

ナイジェリア国ジェバ水力発電所改修事業準備調査(有償)

国際協力機構(JICA)

2011年~2012年

ナイジェリア国ジェバ水力発電所の既存の6発電機は、維持管理が適切に行われていないこと及び経年劣化のため性能が低下している。本業務では、同発電所の6機の発電機の内4機の調査を行い、有償資金協力で改修を行うこと妥当性、改修内容、プロジェクト規模の検討を行った。 

ページトップへ

詳細設計、施工監理

業務名 発注者 着手・完了 概要

パラオ国首都圏電力供給能力向上計画

パラオ国電力公社

2012年~2014年

我が国の無償資金協力により、パラオ国バベルダオブ島に位置する既設アイメリーク発電所に、出力5MWのディーゼル発電機2台を増設するための詳細設計、施工監理業務。  

タンザニア国キリマンジャロ州地方送配電網強化計画

国際協力機構(JICA)及びタンザニア電力公社

2010年~2013年

タンザニア国キリマンジャロ州における送配電網の改善を目的とした、変電所の新設、及び更新、66kV送電線の建設、33kV配電線の建設案件で、我が国の無償資金協力事業として実施され、概略設計調査から施工監理までを実施した。  

タンザニア国ザンジバル地域配電網強化計画準備調査(その2)

国際協力機構(JICA)及びザンジバル電力公社

2010年~2013年

タンザニア国ザンジバル・ウングジャ島の配電網強化のため、変電所の新設、既存変電所の更新、配電線の新設・張替え等の基本設計を行った。現地調査により要請案件の必要性及び妥当性を再確認し、概略設計、事業計画、概略事業費積算等を実施した。 

タンザニア国オイスターベイ送配電施設強化計画

国際協力機構(JICA)及びタンザニア電力公社

2008年~2011年

タンザニア国の経済の中心地であるダルエスサラームの電力供給事情を改善するため、我が国の無償資金協力にて新オイスターベイ変電所の建設(132/33kV45MVA変圧器2台、33/11kV15MVA変圧器2台)並びに、132kV送電線7kmの建設を行うものであり、概略設計調査から施工監理までを実施した。 

バヌアツ国サラカタ川水力発電所改善計画

国際協力機構(JICA)及び土地・エネルギー・環境・資源省

2007年~2009年

バヌアツ国サラカタ水力発電所の既存水路の状況、河川護岸の状況等の調査を行い、改修・補強方法等の計画を行った。河川護岸補強では、下部を重力式擁壁とし、上部はグリーンネットをアンカーピンで固定する補強方法とした。600kW発電能力の水力発電を1基増設、それに伴う導水管・放流庭整備等を行うための付帯設備事業であり、詳細設計、入札監理、施工監理までの実施設計業務を行った。  

シエラレオネ国フリータウン電力供給システム緊急改善計画

国際協力機構(JICA)及びシエラレオネ電力公社

2006年~2010年

シエラレオネ国キングトム発電所の増設及びフリータウン電力系統の送配電網の新設/増設に係わる概略設計調査を実施し、我が国の無償資金協力により実施された発電設備:5MW x 2台、33kV送電線、11kV配電線の建設工事であり、詳細設計、入札監理、施工監理業務も実施した。 

ウガンダ国第二次地方電化計画

国際協力機構(JICA)及びウガンダ国地方電化庁

2006年~2010年

我が国の無償資金協力事業として、ウガンダ国の東部2州、中央州、西部州を対象とした配電変圧器、配電線用資機材の調達及び据付に係る地方電化工事を行うための概略設計、詳細設計、入札監理並びに施工監理業務。 

ガーナ国地方電化計画

国際協力機構(JICA)及びガーナ共和国エネルギー省

2005年~2009年

ガーナ国、中央州(アッパーデンチラ地域)の未電化地域(16村落)を対象に電化を行った。地方電化を目的とし、33kV及び11kV架空配電線及び柱上変圧器の据え付け工事の調査、概略設計、詳細設計、入札監理、施工監理業務であり、工事は計画通りに終了した。 

ツバル国フナフチ環礁電力整備計画実施設計・監理

国際協力機構(JICA)及びツバル国政府

2005年~2010年

ツバル国フォガファレ発電所にディーゼル発電600kwx3台設置とフナフチ島全域に配電網整備を行うための無償資金協力案件である。発電所建屋として鉄骨造約600m2、地下水位が高く、満潮位じには現状敷地レベルでは冠水する恐れが考えられ、発電所1階床及び発電機基礎のレベルは現状地盤より500mmm上げる計画とし、概略設計から、入札監理、施工監理までを実施した。 

ソロモン国ホニアラ電力供給改善計画

国際協力機構(JICA)及びソロモン国電力公社

2005年~2007年

我が国の無償資金協力事業として、ソロモン国のルンガ発電所ルンガに320平米の建屋を増設し、発電設備(4,200kW デイーゼル、1台)及び機械電機の付帯設備を新設するための、概略設計、詳細設計・施工監理業務。 

ナイジェリア国クロス・リバー州及びアクワ・イボム州地方電化計画

国際協力機構(JICA)及びナイジェリア国エネルギー省

2005年~2010年

ナイジェリア国の要請のもと、JICA無償資金協力により、クロス・リバー州ランチコミュニティ地区を対象としてブースターステーション、キャパシターステーション、及び33kV配電線を建設することにより、同地区の電化を行うものであり、概略設計から、入札監理、施工監理までを実施した。 

ページトップへ

技術協力プロジェクト

業務名 発注者 着手・完了 概要

ナイジェリア国電力開発アドバイザー派遣業務

国際協力機構(JICA)

2012年~2013年

ナイジェリア国において連邦電力省をカウンターパート機関とし、同省の電力政策や新規・既往案件について技術的な助言を行うと共に同省の政策立案・実施能力の強化の支援も行った。また、必要に応じ、電力大臣に直接助言を行い新規案件の提案を行った 

シエラレオネ国電力供給設備維持管理のための能力向上プロジェクト

国際協力機構(JICA)

2011年~2014年

シエラレオネ電力公社(NPA)職員の電力供給設備に係る維持管理能力の向上を目的とし、ディーゼル発電設備と送配変電設備の運転維持管理にかかる技術研修として、シエラレオネ国内におけるOJT研修、座学研修等の技術移転、並びに第三国、国内での研修業務 

ページトップへ

調査、計画、設計

業務名 発注者 着手・完了 概要

ナイジェリア国ジェバ水力発電所緊急改修計画

クラウンエイジェンツ

2012年~2016年

ナイジェリアの西部ナイジャ州にあるジェバ水力発電所は、事故により一部の発電機が損傷しており、本計画では本来の発電機能を回復させることを目的に同発電機を緊急改修した。 

トンガ国マイクログリッドシステム開発・導入計画準備調査

国際協力機構(JICA)

2012年~2013年

トンガ国では「2020年迄に電力供給の50%を再生可能エネルギーで賄う」という国家方針の下、トンガタップ島において既設のディーゼル発電設備と太陽光発電設備の蓄電池とマイクログリッド制御器を開発・導入し、連携運転の実施による電力供給の安定化を図る無償資金協力案件である。 

パラオ国首都圏電力供給能力向上計画

パラオ国電力公社

2012年~2014年

我が国の無償資金協力により、パラオ国バベルダオブ島に位置する既設アイメリーク発電所に、出力5MWのディーゼル発電機2台を増設するための詳細設計、施工監理業務。  

ナイジェリア国ジェバ水力発電所緊急改修計画準備調査(無償)

国際協力機構(JICA)

2011年~2012年

ナイジェリア国ジェバ水力発電所において、現在故障している4号発電機の改修を我が国の無償資金協力にて実施する案件の準備調査を実施した。 

ページトップ