1. TOP
  2. 実績紹介
  3. 社会・マネジメントグループ - 建築
社会・マネジメントグループ

計画・設計

業務名 発注者 着手・完了 概要
交通施設

アルテール勝どき屋上防音壁改修工事設計業務委託

東京都
交通局

2017年5月~2017年6月

都営大江戸線勝どき駅の改修に伴い、駅の換気設備が設置されている建物(アルテール勝どき)にある設備機器も更新となるため、それに対する構造検討を行った。更新機器の大きさ・荷重に合わせ、屋上小梁・防音壁の構造を検討し、改修案を作成し、問題が無いことを確認した。

亀有駅駅前歩行環境改善(屋根設置等)検討委託

東京都
葛飾区

2016年9月~2017年3月

JR亀有駅南口および北口駅前において、良好な歩行環境を確保するための屋根設置や防風対策の検討・提案を行った。歩行者動線等を踏まえシェルターの範囲を複数案設定し、比較検討を行うことで2案に絞り込んだ。JR亀有駅南口については、風環境の実状(風向・風速)を調査・解析し、2案で最も歩行者環境の改善につながる案を抽出するとともに、より効果が発揮できる案を今後の検討案として提案した。これらに基づいて地元への説明資料の作成を行った。

最終処分場施設整備基本計画・基本設計業務委託(新ごみ処理施設)

天草広域連合

2015年度~2016年度

天草広域連合が計画する一般廃棄物最終処分場の基本計画・基本設計業務である。処分場方式は検討委員会において従来方式(オープン型)と被覆方式(クローズド型)を安全性、経済性、施工性等を総合的に検討して被覆方式を採用した。また浸出水処理水は循環無放流と下水道放流を比較して経済性に優位となる循環無放流を採用した。被覆方式と浸出水処理水の循環無放流を基本条件として、最終処分場の各施設(貯留構造物、遮水工、各集排水等)の検討を行い、基本計画としてとりまとめ、基本設計図作成、概算工事費算出を行い、基本設計図書の作成を行った。埋立容量61000㎥、浸出水処理施設16㎥/日、熊本県条例アセス適用案件。 

南九十九里海岸津波対策委託(豊海料金所設計)

千葉県道路公社

2014年度~2015年度

九十九里有料道路、豊海料金所料金所の嵩上げによる建て替え建築設計を行うものである。1ブース、料金所屋根約140㎡。別設計で津波対策として約2mの道路嵩上げ設計を行っている。その成果を踏まえ、今回の建物設計を行った。

秩父鉄道 秩父本線 永田-小前田駅間への新駅設置に関する設計等業務

秩父鉄道株式会社

2014年度

秩父本線 永田-小前田駅間(熊谷駅起点13k257m付近)への新駅設置に関する測量、地質調査並びに駅舎の詳細設計を行うものである。現況地形の把握、土質状況を把握するために、地形測量と路線測量およびボーリング1本を実施した。鉄道施設としては、ホームの詳細設計(幅員7m、延長110m)、電車線支持物の支障移設、電灯電力設備の新設、信号通信設備の支障移設、駅舎新設の詳細設計を実施した。鉄道事業法による変更認可申請書類の作成、建築基準法による届出書類の作成を実施した。

(仮称)石嶺駅インフラ外部建築実施設計業務委託

沖縄都市モノレール(株)

2014年度

沖縄都市モノレール石嶺駅におけるインフラ外部実施設計を行うものである。インフラ外部とは内装、電気設備、機械設備を指す。

沖縄都市モノレール構造設計委託業務(浦添西原線・浦西駅)

沖縄県
土木建

2014年

【基本設計・実施設計】
沖縄都市モノレールの延長計画のうち、終端駅(浦西駅)およびRC支柱1基の詳細設計を行なうものである。業務内容は、駅舎のデザイン及び構造形式検討、駅舎建築設計、駅舎上下部・基礎工構造予備設計及び詳細設計である。駅舎建築設計については、景観検討委員会において採択された大屋根形式の構造規模・構造形式検討を行うとともに、風洞実験により風力係数を設定した。また、駅舎下部工は、3柱式4径間連続ラーメン構造を採用し、3次元モデルによりH24道路橋示方書に準じた耐震設計を非線形時刻歴応答解析により行った。将来の4両化に対応した設計も合わせて行った。

新川崎地区交通広場上屋追加設計業務委託

神奈川県
川崎市

2013年

新川崎地区(操車場跡地)における都市基盤施設整備の一環である交通広場のバスおよびタクシーの上屋追加設計。景観に配慮したデザインを行い、許可申請や計画通知などの各種協議申請を行い実施設計および積算を行った。バス上屋が2か所、タクシー・自動車乗場上屋が1ヶ所。構造は鉄骨造一部膜構造とした。また、土木工事との調整を行いながら施工計画の検討も行った。 

沖縄都市モノレール構造物設計業務委託(石嶺線・石嶺駅)

沖縄県土木建築部
都市モノレール

2013年度~2014年度

沖縄都市モノレールの延長計画のうち、石嶺駅および鋼支柱1基の詳細設計を行なうものである。業務内容は、駅舎のデザイン及び構造形式検討、駅舎建築設計、駅舎上下部・基礎工構造比較設計及び詳細設計、自由通路建築設計及び詳細設計、測量業務である。駅舎建築設計については、景観検討委員会にて周辺と一体となるデザインを検討・決定していき設計を行った。また、駅舎下部工は、鋼ラケット橋脚の2径間連続ラーメン構造のため、3次元モデルによる時刻歴非線形動的解析を行った。自由通路は、駅舎と同様に景観検討委員会の検討結果を反映させ、構造形式の決定および設計を行った。

大江戸線勝どき駅改良建築その他工事実施設計

東京都交通局

2013年5月~
2013年12月

【実施設計】
用途:地下鉄駅舎
構造:RC造一部S造

大江戸線勝どき駅の混雑及び将来の乗降客増加に対応するため、ホームの1面増設、晴海通りアンダーパス空間を活用したコンコースの拡張、出入口1ヶ所新設及び既存出入口1ヶ所その他駅務関連室・機械諸室等の改修に必要な建築、建築設備、昇降機設備、機械設備、電気設備等の実施設計を行った。その他駅改良工事設計としてホーム・コンコース増設に伴う構内レイアウト変更、天井高の設定、防火防煙区画の設定、条例に基づいた施設整備、出入口新設の実施設計を行う。許認可打合せ資料の作成、計画通知資料の作成、出入口上屋の構造計算、構造図の作成、各種計画書の作成を含む。 

(仮称)岩手中部広域クリ-ンセンタ-整備事業 設計施工監理等業務委託

岩手中部広域行政組合

2012年度~2015年度

岩手中部広域行政組合が発注する岩手中部クリーンセンター整備事業に関し、循環型社会形成推進交付金交付要綱に示されるごみ処理施設(高効率ごみ発電施設)として岩手中部広域クリーンセンター整備事業設計施工監理等業務委託発注仕様書を熟知し、岩手中部広域行政組合岩手中部地区ごみ処理施設整備事業環境影響評価書に記載の「環境保全措置」が機能的に実施された上で、施設建設工事等を円滑に進めるために、発注者を補佐し、建設事業者等へ指示、助言、監理を行うことを目的として4ヶ年に亘る建設及ぶ運営モニタリングを実施した。・処理方式:ストーカ式焼却炉 規模91トン/日、発電機出力4,100kW程度。

川崎港臨港道路東扇島水江町線景観及び付属物設計

国土交通省
関東地方整備局
京浜港湾事務所

2011年

【基本設計】
京浜運河を渡河する川崎港臨港道路東扇島水江町線に計画された鋼斜張橋・連絡橋の景観検討、及び連絡橋の橋梁付属物・昇降施設(昇降機等)の基本設計である。景観検討はVRやフォトモンタージュ、模型を活用し、橋梁景観や昇降施設の意匠、自転車歩行者道の空間、周辺緑地、色彩計画、景観照明、交通安全施策(自転車実験、動的視環境)を実施した。景観検討の委員会運営を行い、景観デザイン調整を行った。付属物は防護柵、道路情報板・維持管理設備・非常電話設備・排水装置・照明・電気設備・放送設備を設計した。昇降施設(最大高さ50.5m)は建屋をS造建築物、基礎をSC杭として基本設計し、近接施工の影響予測を検討した。

万博記念公園駅前広場

茨城県

2004年

【実施設計】
用途:駅前広場(シェルター、公衆便所等)
構造:RC・S-1

万博記念公園駅の東西駅前広場、島名駅前広場線にかかわる道路設計、公共施設(自由通路、シェルター等)設計を実施するものである。駅前広場、駅前広場線、その他公共施設については、完成後つくば市に移管されることから、細部事項についての確認協議をつくば市と行いながら設計を実施した。また、つくば市の建築主事の判断から、シェルターについても建築物扱いとしている。 ※駅前広場詳細設計:5,000m2(西)、1,000m2(東) シェルター:一式 駅自由通路:一式 歩行者専用道路実施設計:0.17km 道路詳細設計:0.115m

 

沖縄モノレール(複数駅)

沖縄県

1998年12月~2014年9月

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:駅舎
構造:S

都市モノレール構造物設計図書の作成。*構造物設計図書作成:単純鋼軌道桁、RCT型支柱基礎、駅舎設計、架設工、土質調査、測量業務:横断測量、施行計画一式

教育・文化施設関連

草加市文化会館施設維持管理等基本計画策定のための基礎資料作成業務委託

埼玉県
草加市

2016年8月~2017年3月

草加市文化会館ホール棟(築44年、RC造、地上5階、建築面積1,942㎡、延床面積3,145㎡)ほか、3棟の建築、電気・機械・特殊設備の劣化調査およびコンクリート躯体の圧縮強度・中性化深さ試験を実施した結果から、劣化改修計画を検討し、現行基準による見直しを行なった耐震補強計画、および既往の法令適合改善計画と合せて、改修計画の概算事業費・概略スケジュールを検討した。別途検討した建替計画の概算事業費・概略スケジュールとの比較検討を行ない、最適な計画について整理した。

中央図書館機能拡充基本構想策定支援等業務委託

東京都
世田谷区

2016年11月~2017年3月

中央図書館としての機能拡充と現世田谷区中央図書館が教育センターの移転に伴い複合施設から単独施設になるために余剰床が発生することからその有効活用とを合わせて新たにサービス機能の拡充を検討した。

辻堂市民センター等再整備基本構想策定業務委託

神奈川県
藤沢市

2015年度

既存市民センターの老朽化等に伴い、新たに市民センター・公民館,消防署等の機能を備えた複合施設を建設するための基本構想業務。主な業務内容は、想定する施設機能の配置検討と別途開催される建設検討委員会への出席と資料作成の他、議会説明資料及び地元住民への説明会用資料の作成及び出席が含まれている。

豊橋市まちなか図書館(仮称)整備基本計画策定委託業務

愛知県豊橋市

2014年度

「豊橋駅前大通二丁目地区第1種市街地再開発事業」において、整備を予定する「豊橋市まちなか図書館(仮称)」について、次世代を見据えた魅力ある空間と上質なサービスにより多くの市民が集い交流できる魅力ある図書館整備に向けた基本計画の策定を目指す。・図書館基本計画策定業務・庁内検討協議等支援・市民コンセンサス形成業務・資料収集などを実施する。社会計画部と建築部のJV業務。図書館総合研究所と技術協力を行った。

創価学会 東北文化会館 修正設計

(株)創造社

2014年

【実施設計】
地上3階建て、建物高さ17.25m、93m×90mの矩計の平面形をした免震構造の礼拝所建築。構造設計を行い、性能評価・大臣認定を取得した。免震材料は、天然ゴム系積層ゴム支承、鉛挿入型積層ゴム支承及び弾性すべり支承で構成している。構造種別はRC造、耐震壁付ラーメン構造で講堂と礼拝所の大スパン部分には、鉄骨トラス梁及びポストテンションのプレストレストコンクリート造の梁を採用している。

豊橋市まちなか図書館(仮称)整備基本計画策定

豊橋市

2014年

【基本計画】
「豊橋駅前大通二丁目地区第1種市街地再開発事業」において、整備を予定する「豊橋市まちなか図書館(仮称)」について、次世代を見据えた魅力ある空間と上質なサービスにより多くの市民が集い交流できる魅力ある図書館整備に向けた基本計画の策定を目指す。 ・図書館基本計画策定業務・庁内検討協議等支援・市民コンセンサス形成業務・資料収集などを実施する。 社会計画部と建築部のJV業務。図書館総合研究所と技術協力を行った。

草原学習センター(仮称)設計

環境省
九州地方環境事務所

2013年

【基本設計・実施設計】
過年度整備計画を踏まえ、熊本・阿蘇に草原環境学習・草原再生を推進する拠点施設として、学習センター建設の実施設計業務を行った。プロポ-ザルで受注した業務。展示設計、外構設計、申請取得まで含む。環境配慮として、大断面集成材建築、高断熱サッシ、太陽光発電、地中熱利用、床暖房、シラス壁採用等を行った。【建物用途】博物展示施設【構造】木造【階数】平屋2棟【延床面積】本館462㎡、作業棟174㎡【建築面積】本館462㎡、作業棟174㎡

明石市民図書館整備実施計画等策定業務

明石市

2013年6月~
2014年3月

【実施設計】
用途:図書館
構造:RC造

本業務は、明石市における(仮称)市民図書館の駅前駅開発ビルへの移転に伴い、施設整備実施計画を策定した。施設・設備整備計画、蔵書計画、管理運営体制の検討を行った。計画蔵書数約25万冊。 

王湯会館および湯かけ広場等実施設計業務委託

群馬県
長野原町

2011年

【基本設計・実施設計・工事監理】
群馬県長野原町の八ッ場ダム整備に伴う川原湯温泉にある公衆浴場「王湯会館」の建て替えるための基本・実施設計、工事監理業務。建物用途:公衆浴場、構造・規模:鉄骨造、地上2階建て、延床面積:334.60㎡。ダム湖につきだした半島状になった特徴的な敷地を活かし、ダム湖を見渡せる景色のいい露天風呂、「石」と「木」とそれぞれのテーマを持った浴室を計画しました。設計・建設にあたっては、発注者である町と王湯会館を管理・運営していく温泉街の旅館主や住民で構成される商業部会という組織とともに進め、地元の方々のこだわりや温泉の泉質などの特徴を踏まえ設計に反映した。

舎人地域学習センター大規模改修工事設計

東京都
足立区

2011年

【実施設計】
舎人地域学習センターの改修工事に必要となる設計図の作成及び当該建築物の外壁タイル調査およびアスベスト調査を行った。①建築については躯体を除く全面改修とし、外壁タイル改修やアスベスト(レベル3)、ユニバーサルデザイン化について改修設計を実施した。②機械設備については、給排水設備や空調換気設備、消火設備改修を行った。③電気設備については受変電設備、非常用発電設備、動力設備、昇降機設備改修等を行った。【建物概要】鉄筋コンクリート造、地上3階塔屋1階、延床面積2,820㎡、建設年1984年

港区立麻布図書館等改築に伴う実施設計業務委託

東京都
港区

2011年

【基本構想・基本設計・実施設計・工事監理】
港区立麻布図書館の実施設計及び計画通知等における許認可申請、各種計画書の作成を行なう。本施設は環境負荷低減に向けた取り組み(外壁2重壁、屋上・壁面緑化、自然換気、Low-eペア硝子、太陽光発電、地熱利用、外断熱、LED照明等を積極的に行う) 計画地:港区六本木5丁目12番地他 用途:区立図書館、子育て支援施設(児童福祉施設) 建物概要:地上5階建て 鉄骨造一部コンクリート造 延べ床面積3020㎡

舎人地域学習センター改修設計

東京都足立区

2011年8月~
2012年2月

【改修設計・調査】
用途:区民事務所、図書館、児童館、地域学習センター高齢者作業所ほか
構造:RC造

舎人地域学習センター改修工事に必要となる設計図の作成及び当該建築物の外壁調査及びアスベスト調査を行った。 

港区立麻布図書館等改築実施設計等業務(その1)

港区

2011年5月~
2011年6月

【実施設計】
用途:区立図書館、子育て支援施設
構造:S造

港区立麻布図書館の実施設計及び電波障害調査、計画通知等における許認可申請、各種計画書の作成を行った。 

立教学院チャペル会館改修設計・監理

立教学院

2010年

【改修設計・監理】
用途:大学

立教学院新座キャンパス、チャペル会館及びベルタワーの改修工事設計監理を行う業務。建築は主に屋上防水、外壁、建具改修。設備は、空調改修及び電気容量増設。契約協力業務(見積要項作成、見積内容査定・折衝を含む)

新下関博物館(PFI)

下関市

2004年~

【導入可能性調査・アドバイザリー】
用途:博物館

本業務は、下関市新博物館(仮称)建設事業をPFI事業として実施するにあたり、特定事業選定、事業者募集・選定、事業契約締結に係るアドバイス及び資料作成等の支援を行うものである。

白岡町図書館

白岡町

2004年~
2005年

【基本構想・基本計画】
用途:図書館

埼玉県白岡町が計画している新図書館の建設に伴う整備方針の調査、用地選定に対する検討、書蔵計画検討、必要空間の検討、配置計画検討及び平面計画等を実施するものである。

山梨県立図書館

山梨県

2004年~

【基本構想】
用途:図書館

山梨県立図書館・生涯学習センターの複合施設整備基本構想を策定するもの。延べ床面積約20,000平米程度を想定。PFI導入を視野に事業手法についても検討する。テクニカルアドバイザーとして協力。

大和文化複合施設

大和市

2004年~

【基本計画・事業手法検討】
用途:複合文化施設

渋谷(南部地区)土地区画整理事業の進捗に伴い、高座渋谷駅前のまちづくりの核となる施設として(仮称)文化複合施設の整備が予定されている。本調査は、当該施設の市民ニーズを把握し、適切な施設の導入機能、規模等を設定するとともに、施設の整備、維持管理及び運営においてPFI等の民活手法を導入することにより市の財政縮減及び市民サービスの向上の可能性について検討を行った。

若葉台複合文化センター

稲城市

2004年~
2005年

【基本計画・事業手法検討】
用途:文化センター

京王線若葉台駅前にホール、生涯学習、図書館、児童青少年、市役所サービス窓口を含む複合施設整備にあたり、基本計画策定とPFI導入可能性検討を行うもの。駅前のにぎわい創出や土地の有効活用を目的に民間施設との合築も視野に入れる。

寒川町総合図書館

寒川町

2002年7月~
2003年3月

【基本計画】
用途:図書館

寒川町総合図書館の基本計画策定業務は、検討委員会、住民集会等の意見聴取を図り意見・データー等の分析・検討を行い、望ましい図書館の基本方針を設定する。検討委員会等の設置並びに会議資料も合せて作成する。※敷地面積約2,500m2、図書館+符号施設延べ床面積約4,300m2、3階建てRC造である。

稲城市図書館(PFI)

稲城市

2002年~
2004年

【導入可能性調査・アドバイザリー】
用途:図書館

都市公園内に市立中央図書館及び体験学習施設を建設するにあたりPFI導入可能性を検討することを目的とする。PFI導入の条件・課題を整理するとともに,望ましい事業計画を構築すること,さらに従来方式とPFI方式における稲城市の財政負担を比較した結果、PFI導入が有効との結果を得た。

霞ヶ浦環境センター

茨城県

2000年6月~
2001年3月

【基本構想】
用途:研究所・展示施設
構造:RC-2/0

霞ヶ浦環境センター(仮称)における事業計画立案のため、導入を予定する研究機能、交流機能について、県が示す方針に従い県内外の類似施設に配慮し当該センターのコンセプトを策定するとともに、当該機能の必要性、規模を算定し、事業計画を策定するものである。また、当該地区への進入方法等や地形・景観調査を踏まえた施設検討を行い、事業の面積要件を確定するものである。※面積約4ha

庁舎関連施設

平成28年度 高速道路総合技術研究所 社屋検討業務

(株)高速道路総合技術研究所

2017年1月~2017年6月

NEXCO総研の新社屋建設に伴い、現社屋敷地内での建替え,別敷地へ移転し建替え、現社屋の一部を移転し、残りを現社屋敷地内に建設する等、複数案に対する比較検討を行い、それぞれの案に対する問題点の抽出および対策検討、概算費用の算出を行い、社屋移転の方向性を検討した。

平成28年度 建築施設におけるBIMモデル作成業務

(株)高速道路総合技術研究所

2016年8月~2017年1月

BIM(Building Information Modeling)について、NEXCOの建築施設での設計、工事等での有用性があるかを確認するための検討業務であり、料金所のBIMモデルを作成し、CAD図面作成との比較を行った。

環状第2号線(臨海部)建築詳細設計

東京都財務局

2015年度

中央区築地五丁目地内に建設する環状第2号線、換気所の実施設計。基本設計は昨年度に景観検討を含め弊社で行った。地上3階建て1000㎡の管理所と45mの換気塔、地下3層2000㎡の換気所の部分の設計を行う。積算と許認可申請手続き業務は次年度に発注予定。

IGRいわて銀河鉄道株式会社本社社屋新築に伴う詳細設計他業務

IGRいわて銀河鉄道(株)

2014年度~2015年度

いわて銀河鉄道株式会社、本社建替の基本設計、実施設計、許認可手続き、工事監理業務一式を執り行った。敷地面積約980㎡、鉄骨造地上3階建て、延床面積約1100㎡。1階は駅改札、待合、店舗(物販、飲食、不動産観光)。2・3階がIGR本社事務所となっている。また、本社建設に併せ、南口改札を新設し、連絡通路を整備し、このビルから直接、連絡通路を介してホームまで行くことができる動線を整備した。

市ヶ谷地区(25)施設配置等基本検討

防衛省
装備施設本部

2014年

【基本検討】
PAC-3部隊の市ヶ谷駐屯地内における展開基盤等整備に係る配置計画及び建築物の基本検討を行う。 対象建物は保管庫、機械棟、車両点検場の3棟 保管庫の保管物の搬出入方法の検討や、爆風圧による衝動波流入扉の検討も併せて行う。 また、PAC-3部隊展開時の車両動線、車両回転軌跡、設置スペース、既存ユーティリティの切替計画などの外構検討も行う。 保管庫は地上1階地下1階床面積約260㎡、機械棟は地上1階床面積約110㎡、車両点検場は地上1階床面積約370㎡

築地換気所建築基本設計

東京都第一建設事務所

2014年

【基本設計】
環状第2号線道路事業に伴い、約1000㎡の地上管理棟と地下部の換気所及び45mの換気塔の基本設計を行った。また、建物形状及び外観仕様の決定については、景観検討会を3回開催し、景観に配慮したものづくりを行った。 【建物用途】換気塔、管理事務所【構造】RC造【階数】地上3階【延床面積】約1000㎡【建築面積】約350㎡

市ヶ谷地区保管庫配置建築基本検討作業

2013年12月~2014年3月

【基本構想】
用途:保管庫、車両整備工場棟、機械等
構造:RC造 

PAC-3部隊の市ヶ谷駐屯地内における展開基盤等整備に係る配置計画及び建築物の基本検討を行った。 

福知山(25)貯蔵庫新設等基本検討

防衛省
近畿中部防衛局

2013年

【基本検討】
陸上自衛隊福知山駐屯地において、貯蔵庫新設に伴う施設配置等の基本検討を行うものである。保安物件、保安距離の調査ならびに火薬類取締法、建築基準法、消防法等の法令、条例の確認を実施した。貯蔵量、保安距離、造成、道路、給排水、環境整備、仮設計画、運用性、必要工期、事業費等を踏まえて貯蔵庫の施設配置を検討した。その他、消防署、建築指導課へのヒアリング、委員会等を実施した。

鵜住居地区建築設計

国土交通省
東北地方整備局
南三陸国道事務所

2013年

【基本設計・実施設計】
岩手県釜石市鵜住居地区に計画する南三陸国道事務所の基本及び実施設計を行った。現在の仮庁舎は騒音や振動等、安全性・環境面において十分とは言えない。庁舎としての機能を満足することはもちろん、道路整備の復興事業の拠点として早期供用のため、年度内の工事契約を目指し、円滑な事業推進へ寄与する庁舎設計を行い業務を執行した。【建物用途】庁舎【構造】鉄骨造【階数】2階/0階【延床面積】約2,800㎡【建築面積】約1,400㎡ 。耐震安全性の分類:Ⅱ類、A類、甲類。

鵜住居地区建築設計(実施設計)

2013年7月~
2014年1月

【実施設計】
用途:庁舎
構造:S造

岩手県釜石市鵜住居地区に計画されている庁舎の実施設計。 

小金井市新庁舎建設基本構想策定

小金井市

2009年

【基本構想】
用途:庁舎

小金井市の新庁舎の整備にあたって、新庁舎建設の必要性・課題を整理し、新庁舎建設基本構想(素案)を策定したもの。基本構想(素案)の策定にあたっては、候補地(駅前再開発第2地区、蛇の目ミシン工場跡地、現庁舎敷地等)の概要を整理した上で、4地区の建設候補地で5パターンの整備方法について、概略配置プラン及びまちづくりとの関連性、経済性などを比較検証し、庁内検討委員会での検討支援を行った。

水門管理システムセンター新築工事

東京都

2007年~
2010年

【基本・実施設計、監理】
用途:庁舎

防災施設としての水門等施設(水門13施設、排水機場5施設、樋門2施設)を集中管理(遠隔監視、操作)する水門管理センター新築工事の基本・実施設計、工事監理業務を行った。新築1棟、鉄骨造、地上5階建て、延面積約1,656m2

こどもの国再整備複合施設

戸田市

2005年

【基本計画・事業手法検討】

本業務は①こどもの国、②保健センター、③子育て交流センター、④市民活動センターからなる複合施設の将来的な方向性や、児童の健全な発達、保健行政の充実、子育て支援の推進、市民活動の活性化を図るため、専門的な観点での検討を踏まえ、基本計画(案)を策定すると共に適切な事業手法の選定にあたっての予備検討を行ったもの。

鎌倉市役所設備

鎌倉市

2004年~
2005年

【設備改修基本設計】
用途:庁舎

鎌倉市本庁舎における建築電気設備及び建築機械設備の改修基本設計を行った。ESCO事業の検討や省エネルギー関連の補助金申請にかかわる申請書作成を行った。施設稼動中の改修工事のため、施工計画等も行い、5ヶ年事業となる。

小杉地区複合施設

(財)川崎市まちづくり公社

2004年~
2005年

【アドバイザリー】
用途:消防署・ホテル

小杉地区に中原消防署の整備に加え余剰容積の有効活用としてホテルを合築する事業に関するアドバイザー業務。ホテル事業採算検討、市場調査、消防署の性能水準規定、全体予算検討、事業者募集資料作成等。※敷地面積2,300平米。

岩井川ダム管理棟

奈良県

2003年~
2004年

【実施設計】
用途:庁舎

現在工事が進められている岩井川ダムの管理棟基本設計、艇庫基本設計、外構基本設計を行うものである。なお、業務実施にあたり、意匠面については平成13年度に開催された「岩井川ダム古都風致審議会」により決定されたデザイン案を踏襲するものとする。また管理棟に設置される設備類については、別途行われているダム管理設備設計との調整を図り設計を進めるものとする。*管理棟敷地A=約2,400m2*建築面積A=約410m2

潮来宿舎

国土交通省
霞ヶ浦工事事務所

2000年12月~2001年3月

【基本設計・実施設計】
用途:公務員宿舎
構造:RC-3/0

建設省霞ケ浦工事事務所が計画している湖来宿舎(共同住宅、独身寮)の基本設計を実施。計画規模は敷地面積約3,100m2、世帯宿舎約800m2、独身寮約600m2の鉄筋コンクリート造3階、その他付帯施設一式。

勇払浜小型船溜管理棟

苫小牧港管理組合

1999年5月~
2001年3月

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:ボートマリーナクラブハウス
構造:RC-1/0

苫小牧東港に埋立てが完了したマリーナの陸上施設の基本設計。計画・設計内容は全体施設配置計画、管理棟(クラブハウス)、修理棟、駐車場等。*60,000m2

高尾警察署庁舎及び単身待機宿舎新築工事設計監理

東京都警視庁

1994年~
1995年

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:庁舎、単身寮
構造:S・SRC・RC-6/2

八王子市は、当庁舎が完成するまでは八王子市全域を八王子警察署のみで対応してきたが、同署の完成により同市を2分し、西側地域を高尾警察署が管轄することで一層の治安強化が図られ、地域住民の安全が確保されることとなった。尚、警視庁として100番目の警察署である。配置場所は、国道20号に面したJR中央本線高尾駅と西八王子駅のほぼ中間に位置し、緑豊かな自然に恵まれた環境にある。施設構成は庁舎棟・免許事務所更新棟・倉庫棟からなっており、庁舎棟には単身寮も併設されている。設計に当っては外壁を全面石器質タイル張とし、ファサードにミラーガラスのカーテンウォールを施し、銀杏並木を映しだす事により緑に調和した、明るく、開放的で親しまれる建物になるよう考慮した。内部はサインや色彩計画等を含め、機能的で勤務しやすい執務空間になるよう設計及び監理を行った。

津波避難施設

平成28年度 都市防災総合推進事業 牧之原市津波避難タワーAブロック測量設計地質調査業務委託

静岡県
牧之原市

2016年9月~2017年6月

静岡県牧之原市発注の津波避難タワーの実施設計業務。住宅地Aブロックに新設。収容人数310名程度。避難者収容面積186㎡。高さは想定される津波高、予定地における浸水深、津波が建物に当たった際のせり上がり高、津波による漂流物等を総合的に考慮したステージ高を検討し決定する。その他、許認可申請業務、測量業務、地質調査業務、用地調査業務も含む。 

集合住宅

平成24年度災害公営住宅高浜第2住宅新築工事基本・実施設計

岩手県
宮古市

2013年

【基本設計・実施設計】
岩手県宮古市発注の災害公営住宅。基本設計及び実施設計(申請手続きを含む)を行った。 工事工期短縮のため、木造在来方式を採用。屋根形状を切妻屋根とし周辺環境との調和を図った。凍結深度や雪止め対策、落雪防止等の雪国特有の地域性に配慮し、住宅性能評価温熱環境最高等級となるエネルギー対策4等級同等の性能を有し、共用中廊下には高窓を設け、明るい空間演出する等、快適な空間づくりを行った。地上2階建て、延床面積1700㎡

災害公営住宅(西ヶ丘住宅)建設工事 基本・実施設計

岩手県
宮古市

2013年

【基本設計・実施設計】
岩手県宮古市の災害公営住宅の早期整備に向けた設計業務jを行った。既存建物杭と計画建物の杭の干渉の検討や、隣地の崖の日影の住戸への影響を検討し配置計画を行った。又、非常時のエレベーター用として太陽光発電設備を設置している。【建物用途】共同住宅【構造】RC造【階数】地上4階【延床面積】約1690㎡【建築面積】約580㎡

平成25年度災害公営住宅(西ケ丘住宅)建設工事基本実施設計

宮古市

2013年6月~
2013年11月

【基本設計・実施設計】
用途:共同住宅、1棟(予定)
構造:RC又はS又は木造

岩手県宮古市発注の災害公営住宅。基本設計及び実施設計(申請手続きを含む)を行った。 

グリーンハイムいずみ野A地区給排水改修

グリーンハイムいずみ野A地区管理組合

2009年~
2010年

【大規模修繕設計・監理】
用途:共同住宅

グリーンハイム弥生台A地区マンションの給排水設備改修工事に伴うコンサルタント業務。5階建て、10棟、260戸                       

稲毛高浜北団地

稲毛高浜北住宅管理組合

2004年~

【大規模修繕設計・監理】
用途:共同住宅
構造:RC-5


稲毛高浜北団地の台所排水管の劣化に伴う取替え工事の設計監理業務。(業者選定及び住民説明等補助業務を含む)PC棟、20棟610戸
 

都営池尻高層住宅

東京都

2004年~

【基本設計・実施設計】
用途:共同住宅
構造:RC-14

①都営住宅A棟(RC14階建112戸)とB棟(RC7~10階建73戸)の実施設計、②都営住宅C棟(RC6~14階建概ね384~310戸)修正基本設計、③整備設計(A・B棟、外構)、④設計に伴う申請業務(道路位置指定廃止、86条申請含む) 
 

警視庁有家族待機宿舎隼町住宅

東京都警視庁

1995年~
1999年

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:共同住宅、単身寮
構造:S・SRC-19/2

先に実施設計した、警視庁家族待機宿舎隼町住宅等の施工管理業務。*地下2階地上19階延面積約27,000平方m

スポーツ施設

まほろば健康パーク屋外プール施設整備業務委託(新県営プール施設等整備運営事業(主プロ))第131-委-1号

奈良県
県土マネジメント部
まちづくり推進局

2016年10月~2017年3月

スイムピア奈良の50m屋外競技プールにおいて、全国規模の大会開催を前提とした公益財団法人日本水泳連盟が規定する「国内一般プール・AA」に適合するように構造特性、施工性、経済性、維持管理性、周辺施設等との調和性等の観点から観客席の増設および観客席の屋根の設置等について検討し、基本計画を策定した。具体的な整備内容は、(1)観客席増設(現在の1,529席から3,000席に増設)(2)観客席屋根設置(現在、北側のみの日除けを東・西・南側にも日除け屋根を設置)(3)照明および電光掲示板設置(屋根設置に伴う照明移設検討と掲示板設置位置検討) 

住民還元施設整備事業基本計画等策定業務委託

埼玉県
草加市

2014年

【基本計画】
東埼玉資源環境組合第二工場の建替に伴い、既存の住民還元施設(草加市民温水プール)を再整備するため、改修及び増改築の基本計画を策定する。対象施設 施設名称:草加市民温水プール、構造規模:鉄筋コンクリート造 2階建て、敷地面積:5,424.00m2、延べ面積:2,356.34m2、竣工時期:昭和60年・基本条件の整理・基本計画案の検討・評価・管理運営計画の策定及び収支分析・説明資料の作成・協議・立会

社会資本整備総合交付金事業 早水公園整備実施設計

宮崎県
都城市

2014年

【実施設計】
宮崎県都城市、早水公園内に体育施設を新設するための実施設計業務。既往の基本設計委託業務の成果をもとに実施設計業務を行った。サブアリーナ・武道場約6000㎡、遠的・近的弓道場約2300㎡、その他管理棟、公衆トイレ、多目的室、駐輪場の設計を行った。公園設計は、整備面積約53000㎡、整備内容、造成、園路舗装、駐車場舗装、排水構造物、植栽、サイン等の設計を行った。その他、既設雨水排水路の付け替え設計を行った。

スポーツと文化の森サッカー場測量および実施設計業務

東京都日の出町

2010年6月~
2010年12月

【測量・実施設計】
用途:サッカーグラウンド

21期に実施した「日の出町谷戸沢最終処分場」の跡地利用設計および測量業務。測量面積約30,000㎡、サッカー場2面(国体使用) 

敷島公園陸上競技場改修

群馬県
都市公園事務所 

2004年

【実施設計】
用途:陸上競技場
群馬のサッカーチーム「ザ・スパ草津」のJ2昇格に対応した、ホームサッカー場整備を目的にした実施設計業務。サッカー場は陸上競技場を改修しピッチ、控え室、照明等を整備。面積約15,000m2 

吹上町総合運動施設

埼玉県吹上町

2000年7月~
2002年3月

【実施設計・工事監理】
用途:町民体育館、勤労青少年ホーム
構造:RC・S-2/0

町民のスポーツ活動拠点、憩いの場として計画されている総合運動施設に関する建築詳細設計、運動施設及び全体外溝設計、各種申請業務を行ったものである。全体敷地は約6.4haであり、地区内道路、排水施設等の基盤施設を含み、主要建築施設として①複合施設(体育館及び勤労青少年ホーム)②ソフトボール場管理棟③軟式野球場スタンド、主要運動施設として①多目的グランド(ソフトボール場及び軟式野球場)②テニスコート(3面)の設計を行った。また、開発に伴う各種申請作業ならびに共同事業者(国土交通省高規格堤防事業)である河川管理者が整備予定の付替道路など、付帯施設との協議、調整を行った。

福祉施設・斎場関連

瀬戸内市新火葬場整備基本計画等策定業務

岡山県
瀬戸内市

2015年12月~2017年2月

瀬戸内市の新火葬場で必要とする施設規模の算定、建設予定地の概略造成計画、アクセス道路、事業手法、工程計画等の検討により、瀬戸内市新火葬場整備基本計画を策定した。本施設は、瀬戸内市民と岡山市東区周辺住民を対象とした広域火葬場として火葬炉4炉として整備検討を行った。

秋草葬斎場の設備更新に係る施設状況調査及び基本計画策定業務

別杵速見地域広域市町村圏事務組合

2014年度

老朽化の進む、別杵速見地域広域市町村圏事務組合(別府市・杵築市・日出町)の「秋草葬斎場」について火葬炉更新、環境対策設備、建築など老朽化について調査を行い、改修のための基本計画を策定した。施設規模、炉形式、環境対策設備、建屋増築および改修、事業工程、概算工事費などについて委員会形式にて協議を行いながら決定を行った。

岡山市東山斎場再整備の基本計画・基本設計等

岡山市

2012年

【基本計画・基本設計】
岡山市東山斎場建て替え基本計画および基本設計を行った。火葬炉数14炉(人体)+1炉(汚物)+1炉(動物)。鉄筋コンクリート造地上3階建て、駐車場台数約120台。施工手順の検討も行った。また、環境影響調査を実施し、環境影響評価報告書の作成を行った。調査予測項目は大気質、騒音・振動、悪臭、廃棄物を行った。

岡山市斎場整備基本構想策定業務委託

岡山市

2010年6月~
2010年10月

【基本構想】
用途:斎場
構造:RC造・S造

岡山斎場の基本構想を行った。想定規模(対象人口70万人以上、炉数20基以上、建物延べ床面積6000㎡)。また事業手法についても検討した。 

戸田市医療センター

戸田市

2003年~
2004年

【基本構想】
用途:医療センター

老朽化した医療・保健センターの建替えにあたり、機能及び施設の構想づくりと、PFIの導入を視野に入れた事業化検討を行うもの。※2施設併せて6,000平米程度

天理市火葬場

天理市

2002年~
2004年

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:斎場
構造:RC-2

天理市火葬場の整備事業に際し、長期的な展望にたった施設整備並びに火葬場周辺の環境や合理的な土地の利用に配慮するとともに、天理市の立地特性や葬祭に関する習慣を尊重しつつ、整理・検討を行うもの。

市場・展示場施設

卸売市場再整備基本計画策定支援業務委託

千葉県
成田市

2016年12月~2017年3月

成田市公設地方市場の移転再整備基本計画を行った。市場関係者へのヒアリング、先進地事例調査、関係機関協議を重ね成田国際空港に隣接した敷地約9.5haに青果棟、水産棟、ワンストップ輸出拠点棟、管理棟、高度物流拠点、集客施設などの施設について計画を実施した。

平成24年度草原学習センター(仮称)設計

環境省

2012年10月~2013年3月

【実施設計】
用途:博物展示施設
構造:木造

本業務は、過年度整備計画を踏まえ、熊本・阿蘇に草原環境学習・草原再生を推進する拠点施設として、学習センター建設の設計を行った。YEC建築部がプロポで受注した業務。展示設計、外構設計、申請取得まで含む。 

川崎市南部市場再整備実施設計

川崎市

2007年

【実施設計】
用途:市場

川崎市南部市場用地縮小に伴い、再編整備工事の実施設計を行う。花棟の移転・新設、水産棟の改修等を行う。なお、既存施設棟の耐震診断、計画通知取得までが業務範囲。

網張ビジターセンター

環境省

2004年~
2005年

【実施設計・工事監理】
用途:展示施設
構造:W-1

網張ビジターセンター新築工事に係る工事監理を、自然公園等工事共通仕様書及び工事管理指針に基づき実施するものである。

支笏湖博物展示施設

環境省

2001年9月~
2003年6月

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:展示施設
構造:RC-1、W

既存VCにおいて不足する機能・スペースを増築(全面改修)するための基本・実施設計一式。*増築面積:400~500m2程度、施設内機能:情報提供(展示室)、休息(ロビー・ライブラリー)、便益(トイレ)、エントランス(ホール・風除室)、集会・企画展示(レクチャー室)、管理運営(事務室・作業室)、その他(ボイラー室・倉庫等)

廃棄物施設

平成27年度 新ごみ処理施設基本計画策定業務

伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合

2015年7月~2017年3月

伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合が建設を予定する新ごみ処理施設について、事業基本条件を整理・検討したうえで、施設の維持管理、経済効率等を考慮した合理的かつ効率的な施設計画を作成することを目的として実施した。プラントメーカ見積設計図書を徴集し、新ごみ処理施設基本計画検討委員会の運営支援を経て、ごみ処理方式および事業方式の選定支援を行った。施設計画本編、関係者説明用概要版、事業方式検討報告書等の取りまとめ支援を行った。処理方式:ストーカ式焼却方式、処理規模:83t/日(41.5t/24h×2炉)、事業方式:DBO方式。

宇都宮市新最終処分場(仮称)第2エコパーク施設整備基本設計等業務委託

栃木県
宇都宮市

2015年7月~2017年3月

最終処分場の基本設計および注仕様書の作成や事業者選定の支援等を行う業務基本設計は基本設計図および概算数量を作成し、実施設計と同等の設計書を作成した。事業者選定の支援は要求水準書や提案書の書式を作成した。事業者は3者提案があり、比較表や採点を行った。最終結果は市で評価し、事業者が選定された。 (1)施設の種類 :一般廃棄物最終処分場(被覆型) (2)埋立容量 :約290,000m3 (3)施設面積 :約5.5ha以上 (4)埋立対象物 :焼却灰、固化灰(ばいじん)、不燃残さ、脱水汚泥 (5)浸出水処理 :約40m3/日(下水道放流)

最終処分場施設整備基本計画・基本設計業務委託(新ごみ処理施設)

天草広域連合

2015年度~2016年度

天草広域連合が計画する一般廃棄物最終処分場の基本計画・基本設計業務である。処分場方式は検討委員会において従来方式(オープン型)と被覆方式(クローズド型)を安全性、経済性、施工性等を総合的に検討して被覆方式を採用した。また浸出水処理水は循環無放流と下水道放流を比較して経済性に優位となる循環無放流を採用した。被覆方式と浸出水処理水の循環無放流を基本条件として、最終処分場の各施設(貯留構造物、遮水工、各集排水等)の検討を行い、基本計画としてとりまとめ、基本設計図作成、概算工事費算出を行い、基本設計図書の作成を行った。埋立容量61000㎥、浸出水処理施設16㎥/日、熊本県条例アセス適用案件。 

エコパークかごしま(仮称)整備工事に関する施工関係評価業務委託

(公財)鹿児島県環境整備公社

2014年

【工事監理】
鹿児島県環境整備公社が整備を行う埋立容量840,000m3、埋立面積40,700m2の被覆型産業廃棄物管理型最終処分場の工事監理、積算を行う業務である。工事監理は全体定例会議、土木定例会議、建築定例会議を月1回以上実施し、工程管理、品質管理を行うことで確認した。書類管理としては施工計画審査、施工承諾図書審査等を実施した。また現場常駐管理により日々の出来形管理、品質管理を行い、最終処分場の施工監理を安全に考慮して実施した。その結果平成26年12月末に国内最大規模の被覆型の管理型最終処分場が完成した。

(仮称)遠野地区中継施設建設工事設計施工監理業務委託

岩手中部広域行政組合

2013年度~2015年度

遠野市から発生する可燃ごみを岩手中部クリーンセンターまで効率良く運搬するために、可燃ごみの圧縮と大型運搬車への積み替えを行う中継施設を建設することを目的に設計施工監理を実施するものである。月1回の定例会議を基本に随時必要人員を派遣する非常駐監理方法により工程管理、品質管理、安全管理等を行った。その結果、平成27年11月13日に竣工し、11月16日に岩手中部クリーンセンターとの合同竣工式を完遂することができた。

次期環境事業センター整備事業実施設計監理・工事監理

神奈川県
平塚市

2013年

【実施設計・工事監理】
平塚市がDBOにより整備を行う(仮称)次期環境事業センター整備事業における実施設計監理及び工事監理業務を行ったものである。 焼却方式:流動床式 処理能力:315t/日(105T*3炉) 発電能力:5,900KW 敷地面積:12,845.23m2 建築面積:5,455.53m2延床面積:10,245.76m2 工場棟:地上6階、地下1階 鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造 平成25年9月竣工

平塚環境センター建築監理

平塚市

2013年9月~
2014年1月

【実施設計監理・工事監理】
用途:清掃工場
構造:RC造、S造、SRC造

平塚市の(仮称)次期環境事業センターの実施設計監理と工事監理を行った。延床面積は約9,204.62㎡。 1.(仮称)環境事業センター(流動床焼却炉315t/日)の整備 2.上記に付属する工作物、外構、造園、周辺整備 3.上記に伴う既存取壊し、その他既存施設の整備  設計工期9ヶ月+施工工期24ヶ月(内建築常駐18ヶ月) 

津市新最終処分場等施設整備実施設計

津市

2013年1月~2013年3月

【実施設計】
用途:最終処分場、管理棟
構造:S造他

三重県津市美杉町内に整備する最終処分場における被覆施設及び管理棟、便所等の実施設計を行った。計画通知の申請と各種申請作業を含む。 

(仮称)岩手中部広域クリ-ンセンタ-整備事業 設計施工監理等業務委託

岩手中部広域行政組合

2012年度~2015年度

岩手中部広域行政組合が発注する岩手中部クリーンセンター整備事業に関し、循環型社会形成推進交付金交付要綱に示されるごみ処理施設(高効率ごみ発電施設)として岩手中部広域クリーンセンター整備事業設計施工監理等業務委託発注仕様書を熟知し、岩手中部広域行政組合岩手中部地区ごみ処理施設整備事業環境影響評価書に記載の「環境保全措置」が機能的に実施された上で、施設建設工事等を円滑に進めるために、発注者を補佐し、建設事業者等へ指示、助言、監理を行うことを目的として4ヶ年に亘る建設及ぶ運営モニタリングを実施した。・処理方式:ストーカ式焼却炉 規模91トン/日、発電機出力4,100kW程度。

津市新最終処分場等施設整備実施設計

三重県
津市

2012年

【実施設計】
基本計画・基本設計及び測量地質調査成果の内容を十分に把握するとともに、必要に応じ調査・検討を行い、周辺環境に配慮したより効率の良い、施設実施設計を行うことを目的とするものである。本業務にて作成した設計図書は、今後本施設の工事発注に必要な資料とするものである。本業務にて作成した設計図書は、今後本施設の工事発注に必要な資料とするものである。設計結果概要は、次のとおりである。事業区域面積:約40ha、計画区域面積:約6.0ha、埋立容量:173,600m3、埋立面積:12,173m2、貯留構造物:鉄筋コンクリートピット、被覆施設:システム建築構造、浸出水処理施設:処理能力27.0m3/日

鈴鹿不燃リサイクル建設モニタリング

鈴鹿市

2008年~
2011年

【モニタリング(設計・施工監理)】
用途:不燃リサイクル施設

本業務は、事業者(SPC)がPFIの事業手法により実施するリサイクルセンターの設計・施工の適正な履行を確保するために、設計・建設モニタリング等を行うとともに、様々なトラブルや契約上の疑義について専門的な知見による適切なアドバイスを提供することを目的とする。月2回以上の定例会議とプラント及び建築分科会での協議、施工承諾書の照査、工場立会検査、現場での搬入立会検査及び施工状況確認立会検査、中間検査、完工確認等を実施した。その結果、3月10日の完工確認検査において、市担当者の立会によりすべての項目について問題がないことを確認した。3月20日に市主催による竣工式を実施。

寒川町クリーンセンター

寒川町

2005年7月~
2010年3月

【解体計画、実施設計、監理】
用途:廃棄物焼却工場ダイオキシン・アスベスト撤去

クリーンセンターの老朽化に伴い、平成14年11月に60t/16hの設備を停止した。跡地の有効な利用計画、廃止した施設については早急に撤去すべく計画を行った。近年のダイオキシン類に係る法律や規制が整備される背景のなか、解体工事に際しては現行法令に規定されている公害防止基準に適合するとともに、「廃棄物焼却施設内作業におけるダイオキシン類ばく露防止対策要綱」(平成13年4月25日付基発第401号)、「建設工事に係る資材の再資源化に関する法律」(平成12年5月31日法律第104号)等関連法規に基づくものとした。
寒川町クリーンセンターのダイオキシン類土壌汚染無害化工事の設計監理業務。作業内容は①ダイオキシン類管理対象地の各種申請、②汚染土壌対策工法、③汚染土壌対策設計図書の作成、④汚染土壌対策工事の設計監理

秦野市クリーンセンター

秦野市・伊勢原市環境衛生組合

2004年~
2005年

【基本構想】
用途:クリーンセンター

現し尿処理施設移転後の跡地におけるクリーンセンターの土地利用構想の策定を目的として、基本フレームの設定、基本条件の整理、基本的事項の検討、基盤整備計画案の検討、施設計画案の検討を行っている。※施設規模:202トン/日

草加市リサイクルプラザ

草加市

2004年~

【基本計画】
用途:リサイクルプラザ

廃棄物循環型社会基盤施設整備事業計画を策定するとともに、リサイクルプラザを国庫補助事業として整備するための基本的事項について検討する。

河川及び関連施設

水防倉庫移設に伴う計画通知手続き

利根川栗橋流域水防事務組合

2016年9月~2017年1月

堤防強化事業に伴い移設が必要となった水防倉庫に対し、「移設」が建築基準法における計画通知の手続きが必要な行為であるため、当該作業を行った。

H28荒川下流管内排水機場耐水化詳細設計業務

国土交通省
関東地方整備局
荒川下流河川事務所

2016年10月~2017年3月

綾瀬排水機場および新芝川排水機場の耐水化手法を検討し、詳細設計を行った。対象水位の検討では、計画高水位、洪水浸水想定(計画規模1/200、想定最大規模、浸水継続時間)、計画堤防高や、現地の地域特性として機場敷高、背後地盤高等を勘案、対策実施例の整理、当該機場での対策パターンについて比較検討を行い最適な対策案を決定した。施設調査で浸水水位以下となる機場設備および開口部・貫通部を確認、対策として建屋外壁による耐水化を基本に、搬入口、出入口、貫通部の防水化を図る設計とした。また、耐水化対策が未実施の場合について機械電気設備の修繕費用と復旧日数を算定して耐水化対策費用の経済効果と妥当性について検証した。

東部防災ステーション整備基本設計業務委託

福岡県
久留米市

2015年9月~2017年2月

久留米市の東部地区における防災ステーション整備に向けて市が整備する水防センターの施設基本検討を行った。

小石原川ダム管理棟新築設計業務

(独)水資源機構朝倉総合事業所

2015年9月~2017年2月

小石原川ダムの操作等を行う管理棟の基本設計、実施設計、許認可申請手続業務を行った。予定敷地は約10,000㎡、RC造地下1階地上2階、延べ床面積約1450㎡。

千歳川共栄排水機場等上屋詳細設計業務

千歳川河川事務所

2011年10月~2012年3月

【詳細設計】
用途:排水機場
構造:RC造

千歳川河川整備計画に基づく堤防整備に伴い再整備の必要な排水機場と揚水機場の詳細設計を行った。 

瓜生野排水機場実施設計

国土交通省

2006年

【実施設計】
用途:排水機場上屋及び管理棟

平成17年9月洪水における激特事業として瓜生野排水機場の詳細設計を実施した。1.本計画位置では防災ステーションの計画も平行して進められており、排水機場と防災ステーションを一体的に整備する方式について比較検討を行った。2.排水機場の施設計画においては排水機場の新技術を取り入れた施設のコンパクト化・コスト縮減を図った。3.樋門についてはヘリコプターの防災活動への影響等を考慮し門柱レスタイプのゲート形式の採用を検討した。4.機場上屋は機器のメンテナンスのための可動式屋根を提案するとともに、ランドマークとしてふさわしいデザインを検討し、施設の完成予想図を分かり易く説明するためのCGパース図を作成した。

相模川流域下水道ポンプ場

神奈川県

2004年12月~2005年8月

【耐震改修設計】
用途:下水道ポンプ場

阪神淡路大震災以降、日本下水道協会から「下水道施設の耐震対策指針」が示され、従来の地震動に対する考え方が大きく変更された。流域下水道のポンプ場は「重要な幹線」に位置付けられており、これら各ポンプ場の耐震性を確保すべく、耐震強化対策の一貫としてポンプ場施設(6ポンプ場)の基礎、土木躯体、建築躯体、機械・電気設備に対する耐震診断(二次診断)を実施した。基礎構造及び土木躯体(地下部分)は土木の耐震基準に基づきレベル1及びレベル2地震動に対する構造検討を、建築躯体については「官庁施設の総合耐震診断基準」基づく解析を行なった。また、機械及び電気設備は、各機器の基礎ボルトの解析を行って耐震性を確認した。

駐車場その他

県単公園整備委託(富津・明治百年記念展望塔補修設計)

千葉県
君津土木事務所

2016年05月~2016年10月

千葉県 富津公園にある明治百年記念展望塔のコンクリートの塩害等による劣化を修復する目的で、現地調査を実施し補修方針の決定、補修実施設計、数量積算を行った。

平成26年度 港湾補修工事 設計業務委託 県単(その43) 平成27年度 港湾補修工事 設計業務委託 県単(その3)

神奈川県
藤沢土木事務所

2015年度

神奈川県藤沢市江の島1丁目地内に津波避難施設に係る基本設計及び実施設計を実施した。想定地震は相模西側トラフM8クラスで浸水深8m+余裕高2m=避難場所高さ10m。湘南港全域の避難場所は島内高台となっているが、避難が遅れる人員(出艇中の方や釣り人)を予測し避難人数230人程度の規模とした。建築面積は約130㎡、鉄骨造1階建てとしデザイン的には円形とするなど藤沢市景観条例に配慮した設計を行った。なお、本件は計画通知(工作物)となるため、建築基準法による設計手法を取り耐震安全性1.5を確保。液状化対策+杭にて下部工は設計した。平常時においては江の島の美しい景観を望めるように展望台として利用される。

大森駅水神口自転車等駐車場基本設計等委託

東京都品川区

2015年度

JR大森駅に隣接した大井水神公園内に設置されている自転車駐車場について、その駐輪容量以上に需要が大きく上回るため、駐輪場の再編計画を行い、また公園の再編計画も併せて策定した。さらに地下自転車駐車場の機種を複数案選定し、施工性(安全性、経済性、工期、公園機能への影響)および利便性(セキュリティー、使用時の安全性)の両面から総合的に判断し最終案を選定した。結果的に圧入ケーソン方式(通称アーバンリング工法)によるサイクルツリー式を最適案とし、実施設計を行った。

平成27年度元町漁港外1漁港津波避難施設基本検討調査委託

東京都財務局

2015年度

大島の元町漁港及び岡田漁港において、想定される南海トラフ巨大地震及び元禄関東地震等の全波源による津波に対して、漁業従事者の安全を確保するための津波避難施設の検討を行うことを目的とする。地震発生直後の津波到達時間は元町漁港(約7分)、岡田漁港(約4分)であるため、避難開始時間を考慮すると、堤外地である漁港などにおいて、津波来襲時の人的被害を回避するためのタワーやデッキ(人工地盤)等が必要となった。避難施設は、津波高に対して安全を確保できる高さとし、陸側の安全な土地まで避難できる施設とし、津波避難施設の検討に伴い事業計画書及び土地利用計画書の作成・修正等を併せて行った。

(仮称)調布駅南地下自転車駐車場事業認可図書作成等業務委託

東京都調布市

2015年度

交通広場地下に整備する自転車駐車場の事業認可用図書の作成。

平成26年度市有建築物劣化等調査業務委託

小田原市

2014年

【建物劣化調査】
小田原市役所本庁舎外10ヶ所の建物劣化調査を行う。また、コンクリート強度及び中性化の調査を12施設にて行う。 (1)事前調査として対象建築物の概要、施工記録、増改築、修繕・模様替え、使用目的の変遷を施設管理者等への聴取及び関係図書から調査を行った。 (2)現地および図面より数量・仕様調査を行った。 (3)劣化調査については目視および施設管理者への聞き取りにより調査を行った。 (4)コンクリートについては、公的機関で圧縮強度試験及び中性化試験を行い、公的機関の試験報告書を提出。 (5)劣化箇所等の更新費算定を行った。

県営名古屋空港立体駐車場調査及び設計

愛知県
建設部

2014年

【実施設計】
県営名古屋空港の利用者増に伴い、現第1駐車場敷地に立体駐車場を建設し、駐車場不足の解消を図ることを目的とする。敷地内に1,350台を確保するために、5層6段の認定立体駐車場2棟(北棟・南棟)及び一部平面駐車場を計画した。 また、駐車場建設に当たり、掘削等工事についての円滑な推進に寄するため、土壌汚染調査(地歴調査)を行い、条例及び土壌汚染対策法上必要となる手続きを行うものである。

津波避難タワー建築設計等業務委託

おいらせ町 

2014年

【基本設計・実施設計】
青森県おいらせ町川口地区における津波避難タワーの基本設計、実施設計を行った。景観条例、開発行為の届出及び申請作業を含む。【建物用途】津波避難タワー【構造】鉄筋コンクリート造【階数】地上2階【延床面積】約170㎡【建築面積】約220㎡

国分寺駅北口地下自転車駐車場新築工事に伴う設計

国分寺市

2014年

【実施設計】
国分寺駅北口地区の再開発事業に伴い、交通広場の地下に建設される自転車駐車場の実施設計業務。約3千台を収容とし、出入口スロープ・階段を2ヶ所とEVを1ヶ所設置。過年度に行った基本設計の見直しを行い、2段式ラック方式から地下水平式機械式駐輪設備に変更し、詳細設計をまとめた。

富士山七合目トイレ改修基本計画業務

山梨県
観光部
観光資源課

2013年

【基本計画】
富士山七合目公衆トイレは近年利用者が多く処理能力不足の状態が続いている。今後の利用者数に即した処理能力および快適性を確保した山岳トイレの改修基本計画を行った。国立公園内での事業のため環境省や山梨県等と協議を行い関係法令整理を行った。また、現地調査および先進地事例調査、有識者ヒヤリングなどを行いトイレ方式の選定を進めた。施工計画については七合目という厳しい自然環境、施工計画等の制約があるため搬出入方式や仮設計画などに配慮したものとした。

(仮称)稚児ヶ淵トイレ等改築設計委託

神奈川県
藤沢市

2013年

【基本設計・実施設計】
既存稚児ヶ淵レストハウスは、築50年を経過し倒壊の危険性があるため現在閉鎖中となっている。近隣にある江の島岩屋には、トイレなどがなく年間20万人を超える施設利用者にとって不便な状況が続いている。そのため、江の島ならではの(自然、眺望、歴史、文化)等に配慮したレストハウスの改築設計を行った。 [施設用途]トイレ、事務室(改築)、[施設規模]鉄筋コンクリート造、地下1階地上2階建、建築面積約80m2、延床面積約103m2。景観条例、文化財保護条例、計画通知等の許可申請も行った。

名古屋空港立体駐車場実施設計

2013年5月~
2013年11月

【実施設計】
用途:駐車場
構造規模:S造5層6段

県営名古屋空港の駐車場の機能及び利用状況の整理を行い、第1駐車場部分に5層6段の立体駐車場実施設計を行った。なお駐車場については認定品で約1,500台を整備。  

久慈市津波避難タワ-整備計画作成

岩手県
久慈市

2012年

【基本計画】
津波により甚大な被害を受けた久慈湊・大崎地区の活動拠点となる避難施設の整備を行った。津波襲来時に逃げ遅れた住民の避難先として、今回の浸水区域内かつ小学生の登下校のルート上に避難タワーを整備する。 このため、本業務においては、基礎的な条件把握や事例調査、施設形態の比較検討、施設整備に向けての仕様検討、基本計画の作成を行った。

東静岡駅北口・南口自転車等駐車場整備事業設計業務委託

静岡県
静岡市   

2012年

【実施設計】
JR東静岡駅の北口に600台、南口に900台収容の自転車駐車場を整備する事業の基本・実施設計業務で、 計画通知・地区計画・76条許可の申請とJR東海との協議を含む。また、地質調査業務として、 北口・南口各2箇所のボーリング・標準貫入試験・試料採取・簡易粒度試験を行った。

JR鶴見駅西口第2自転車駐車場

横浜市

2010年

【実施設計】
用途:自転車駐車場

JR鶴見駅西口ターミナルに、計画中の駐輪場を前面屋根を設置し建築物として基本設計の見直しを行う。

名古屋港飛島埠頭コンテナターミナル施設設計

国土交通省
中部地方整備局
港湾空港部

2010年

【実施設計】
用途:ターミナルゲート及び管理棟

名古屋港飛島ふ頭において、コンテナターミナルごとに分散しているゲートの集約化により物流の効率化を図ることを目的とした支援施設(集中管理ゲート)の施設配置計画の検討、及び関連施設(管理棟、ゲート、雨水排水、専用通信設備、照明、舗装、給水、ガス、電気、門扉、下水設備)の設計、及び施工計画の検討を行い、事業実施に向けた許認可資料や発注関係資料等を作成した。検討にあたっては、港運事業者へヒアリングにより、必要となる機能や施設を把握し、作業の効率性や安全性の確保、整備コストの縮減を念頭に行った。

草加松原団地(建替)第1期先行区立体駐車場その2実施設計

都市再生機構

2008年

【実施設計】
用途:立体駐車場
構造規模:S造1層2段

草加松原団地内の自走式立体駐車場実施設計である。平面寸法が約55m×32mで階高3.1mの在来工法による鉄骨造建物である。架構形式はX(長辺)方向ブレース付きラーメン構造、Y(短辺)方向純ラーメン構造である。基礎は、液状化の影響を考慮した杭基礎としている。

印西市千葉NT駐輪場(PFI)

印西市

2005年~

【導入可能性調査】
用途:自転車駐車場

千葉ニュータウン中央駅前の駐輪場建設に係るPFI導入可能性検討調査。駐輪場の整備にあたり、民間活力の有効活用を図る観点から、これら施設の整備をPFI法に基づく事業として実施することが可能かどうか検討するもの。 敷地規模約2,000m2

大師河原一丁目立体駐車場

都市再生機構

2004年5月~

【基本設計・実施設計】
用途:立体駐車場
構造、規模:RC造、2層2段

大師河原一丁目地区における立体駐車場工事の実施設計。立体駐車場の配置、平面及び断面計画を行う際には、マスタープランを基本に駐車場の実用性および法的制限を踏まえた検証を行い実施設計を行った。必要台数は116台以上とし、2層2段の立体駐車場。なお、立体駐車場の屋上部は人工地盤形式とした。

上野台団地立体駐車場

都市再生機構

2003年11月~

【基本設計・実施設計】
用途:立体駐車場
構造、規模:SC造、1層2段、2層3段

都市再生機構が運営管理している埼玉県上福岡市内に位置する上野台団地内の立体駐車場4棟の実施設計を行うものである。 実施設計は、当社が前年度に行った基本設計に基づき実施するもので、対象駐車台数は約250台、構造は鉄骨造及び鉄筋コンクリート造の立体駐車場設計一式である。

藤沢ADブロック立体駐車場

都市再生機構

2001年6月~

【基本設計・実施設計】
用途:立体駐車場
構造、規模:認定品:2層3段、SC造:2層3段

水戸駅南口駐輪場設備

水戸市

2000年11月~2001年3月

【基本設計・実施設計】
用途:自転車駐輪場
構造:RC-2/1

業務概要・水戸駅南口地区特定再開発事業に伴う自転車駐車場施設の実施設計・建築、構造、電気設備、機械設備、その他附帯工事の設計図、計算書の作成並びに工事予算書の作成・自転車駐車場施設周辺との景観調整設計(駅前広場、ペデストリアンデッキ、街区公園等)・建築基準法等関係法令に基づく諸手続き設計概要敷地面積:2113.99m2、構造:鉄筋コンクリート造(基礎:杭基礎)階段:地下2階/地下1階、建築面積:1477.55m2、延べ床面積:4422.22m2、駐車台数:東棟/1742台(内ミニバイク134台)、西棟/1958台:合計3,700台

幕張H街区立体駐車場

都市再生機構

2000年11月~

【基本設計・実施設計】
用途:立体駐車場
構造、規模:SC造、2層3段

立体駐車場の基本・実施設計

南日吉1ブロック立体駐車場

都市再生機構

1999年7月~

【基本設計・実施設計】
用途:立体駐車場
構造、規模:SC造:1層2段、2層3段

立体駐車場の基本・実施設計
 

市川南二丁目立体駐車場

都市再生機構

1999年6月~

【基本設計・実施設計】
用途:立体駐車場
構造、規模:認定品:2層3段

立体駐車場の基本・実施設計

ページトップへ

調査

業務名 発注者 着手・完了 概要
その他調査

堺泉北港泉北7区外上屋定期点検及び上屋壁等更新設計委託

大阪府港湾局

2014年度

[上屋法定点検] 堺1号~14号上屋、泉北1号~7号及び19号~22号上屋、貝塚1号上屋について建築基準法第12条の規定により特殊建築物の定期報告書を作成した。 [上屋壁] 泉北19号上屋、泉北20号上屋について上屋壁の更新設計を行った。 [上屋サッシの更新] 泉北6号上屋、泉北7号上屋についてサッシの更新設計を行った。 [上屋シャッター更新] 堺7号上屋、泉北2号上屋、泉北6号上屋のシャッター更新設計を行った。

西2-289号線風除室積算業務委託

新潟市
土木部
西部地域土木事務所

2015年度

過年度に実施・作成した「西2-289号線内野駅北側スロープ風除室の設計図書」に基づき、建築積算システム「リビック」への変換を行った業務である。 また、新潟県建築単価に掲載されていない単価については、建設物価・積算資料・建築コスト情報・建築施工単価を使用するとともに前記の記載のない単価については、3社以上の見積もりを徴収し、使用した。

平成27年度防安公園第1-A号 県立都市公園 公園施設長寿命化計画策定業務

宮崎県宮崎土木事務所

2015年度

宮崎県立都市公園である総合運動公園、平和台公園の公園施設について、予防保全型管理による長寿命化対策を含めた計画的な改築等にかかわる取り組みを推進するための現地調査・健全度判定・長寿命化計画の検討を実施することを目的とする。対象としてはトレーニング場・体育館、宿泊棟、サッカー場上屋、ラグビー場上屋等の全14施設。健全度判定を実施後、LCC削減額の算出を実施し公園施設長寿命化計画の策定を行った。

青少年教育施設の建物等劣化調査

文部科学省スポーツ・青少年局

2015年度

全国の青少年教育施設において、厳しい財政状況下において、施設の安全性や求められる機能を確保していくことを踏まえた取組が効果的に実行できるよう、専門家の観点から施設等の劣化の現状、原因を把握(劣化調査)した上で、劣化防止策、応急措置、概算修繕費、職員が日常的な点検・確認を行うに際してのポイントや方法に関する知見(アドバイザリー業務)を行った。また、施設管理者向けの施設日常点検マニュアルを作成した。

平成26年度戸田市公共施設健全度調査業務

埼玉県戸田市

2014年度~2015年度

築45年以上を経過する市有公共施設(学校、市庁舎等13施設)の健全度調査業務を行った。建築物の構造体及び構造体の寿命に関わる部位の評価指標を作成。既耐震診断結果の整理、現地目視調査を実施した。評価基準に則り各種調査内容解析より建替目標年数を設定した。

港区立公共駐車場等劣化度調査及び長期修繕計画書策定

東京都
港区

2013年

【建物劣化調査・長期修繕計画】
麻布十番地下公共駐車場および品川駅地下公共駐車場等の躯体・設備の劣化度及び保全のために必要な情報の調査を行い、更新コストの削減を図るための資料となる長期修繕計画書の策定を行った。各所とも第一段階調査として既存の図面および資料を収集整理を行い、その後第二段階調査として現地目視調査・コア抜き調査、現地ヒヤリング調査を実施した。調査結果に基づき長期修繕計画を策定しコスト削減および費用の平準化を行った。

港区公共駐車場劣化調査業務

2013年9月~
2014年1月

【調査】
用途:駐車場(2棟)
構造:SRC造

築12~14年になる港区立公共駐車場(品川駅港南口公共駐車場及び麻布十番公共駐車場)の躯体・設備の劣化度調査及び更新工事に掛かる費用の算出を行った。  

平成25年度 インフラ外施設長期修繕計画策定

(株)ゆりかもめ

2012年

【長期修繕計画】
ゆりかもめ(東京臨海新交通臨海線)において、出入庫線等の土木施設および変電所等の建築施設を対象として、長期修繕計画の策定を目的とした業務である。計画策定にあたり施設の劣化状況を反映させるために塩化物イオン量測定、塗膜調査、飛来塩分量調査などの調査を実施した。長期修繕計画の策定では、施設の部位ごとに管理水準を設定し、ライフサイクルコストを算出した。予算超過の対応には、第三者および関係者への被害や事業運営への影響度などゆりかもめの特性を踏まえた平準化を行い、従来型の管理を行った場合と比べ、50年間で約15%のコスト縮減効果が見込める結果となった。また併せて、点検マニュアルの策定も行った。

高速大宮線シェルター鉄骨熱伝導

首都高速道路(株)

2005年

【調査】
用途:シェルター

五日市地区日照阻害予測

東京都

2005年

【日照阻害予測】

主要地方道八王子五日市線秋川街道の道路整備に伴う擁壁の設置に伴い、道路下住居の日照を阻害する可能性があることから、事前調査を行い、日照阻害による補償を行うかどうかを判断するための資料作成業務

CK計画環境影響建築対策

キャノン

2005年

【環境影響建築対策】
用途:工場・事務所


某プロジェクトの某市環境影響評価条例に係る環境影響評価について、事業計画の変更に伴って建築対策部分の支援業務を行った。

ページトップへ

耐震診断・耐震補強設計

業務名 発注者 着手・完了 概要
交通施設

南車両基地耐震改修工事基本設計

札幌市
交通局

2016年11月~2017年3月

南車両基地(全16棟)の耐震診断結果を受け、1.耐震補強、2.一部建替・一部耐震補強、3.建替の3案について検討を行いそれぞれの概算工事費を算出した。耐震補強案では補強方法の検証、建替案では平面プランについて検討を行い、それぞれの案について車両基地としての機能を確保しながらの施工計画を立案し、検査済証の無い旧耐震建物に該当することから増築についての法的問題の整理を行った。また、建替えにおいて軌道の変更や増設が生じることから軌道線形の検討を行った。

南平岸駅耐震改修工事実施設計

札幌市交通局

2011年8月~
2012年3月

【実施設計】
用途:駅舎
構造:RC造・S造

昨年度実施した札幌市営地下鉄南平岸駅耐震基本計画の実施設計業務。 

廃棄物施設

粗大ごみ処理施設耐震診断等業務委託

小平・村山・大和衛生組合

2013年7月~
2013年11月

【耐震診断等調査】
用途:都市ごみ処理
構造:RC造、S造(増築部)

現地調査および耐震診断を実施することにより建物の現状を把握し、耐震性について調査した。耐震診断の他、補強対策の概要案及び騒音・臭気に対する対策案を作成した。 

庁舎関連施設

平成28年度 公共建築物の劣化調査及び診断業務委託

川崎市
まちづくり局

2016年9月~2017年2月

「建築修繕措置判定手法」(建設大臣官房官庁営繕部監修)を基本とし、川崎市所有の公共施設設12棟の経年変化調査及び診断を行った。

高速道路総合技術研究所 社屋耐震診断設計

(株)高速道路総合技術研究所

2015年度

NEXCO総研社屋の耐震診断業務現地調査(コンクリート調査・目視)を行い、耐震診断を行い補強案を作成した。 RC4階建て2棟・SRC+S平屋建て1棟の計3棟行った。耐震診断に合わせ、一次設計時(常時)に対する補強案も提出を行った。

スポーツ施設

単独公共 公共事業調整費陸上競技場大型映像装置架台改修詳細設計業務委託

群馬県
前橋土木事務所

2015年度

群馬県立敷島公園 正田醤油スタジアム群馬に設置されている大型映像装置の嵩上げ工事の詳細設計。大型映像装置はRC造の架構の上に、映像装置を支えるS造の架構が組まれており、大型映像装置を利用しながらRC造の架構を途中で切断・ジャッキアップすることにより4.50m嵩上げする計画とした。嵩上げ高さの設定はトラック・スタンド・大型映像装置の位置・高さ関係から必要な高さを検討し設定。嵩上げにより架構応力が増加するため補強設計を実施し、基礎・基礎梁・柱の補強に加え補強梁を追加する設計とした。仕上げ改修や外構の撤去復旧設計及び、ジャッキアップに伴うベントやジャッキアップ中の転倒防止の仮設計画も行った。

ページトップへ

再開発

業務名 発注者 着手・完了 概要

橘東三丁目地区市街地再開発事業施設建築物

橘東三丁目地区市街地再開発組合

2007年~
2009年

【基本・実施設計、監理】
用途:駐車場(再開発)

市街地再開発事業における施設建築物の予備・基本設計を行い、再開発事業としての事業計画に向けた事業費算定、権利床および保留床の検討を行う、施設建築物の設計である。建築物としての下層が商業施設、地階が物販等の搬入施設、上階が公共駐車場と民間駐車場の合同となる駐車場となった。駐車場規模は約450台、商業床が約1,000m2となっている。 基本設計をうけて、建築実施設計および関連交通管理者協議、道路管理者協議等を行った。※建築面積約2,500m2、延床面積約18,000m2

諫早市高城地区第一種市街地再開発事業施設建築物

諌早市高城地区市街地再開発組合

1995年8月~
1996年12月

【基本設計・実施設計・工事監理】
用途:事務所、物産館、公共駐車場
構造:S・SRC-19/2

高城地区市街地再開発事業に伴う施設建築物の実施設計を行う。建築物は2棟からなり、地下1階地上5階の事務所棟及び地下1階地上6階の駐車場棟で、総延べ面積約13,000m2である。再開発事業として整備するものである。*約0.6ha。
高城地区市街地再開発事業に伴う権利変換計画を行う。地下1階地上5階の事務所棟及び地下1階地上6階の駐車場棟で構成され、総延べ面積約13,000qDの建築物に対して、従前権利者の権利の変換を長崎県知事の認可を得るものである。*約0.6ha

ページトップへ

施工監理

業務名 発注者 着手・完了 概要

石積埋立処分場第2期整備第1区画施工監理業務委託(平成28年度)

仙台市
環境局

2016年6月~2017年2月

石積埋立処分場第2期整備第1区画の整備工事において、市監督員を支援し、複数の工事受注者を指導することで工事の円滑な履行および品質確保を図るよう工事監理を行った。1場内整備工事2浸出水処理施設建設工事3管理棟造成工事4浸出水放流管布設工事を対象とし、重点監理方式で行った。なお浸出水処理施設建設工事は、工事請負者の責任において設計・施工する性能発注式であることから、設計に係る監理業務を行った。主な業務は1工程管理2施工計画書等審査3施工協議4立合5検測6材料検査7変更設計書作成8検査(事前検査)9設計監理業務。埋立面積5.6ha、埋立容量91万m3浸出水処理能力150m3/日

ページトップ