1. TOP
  2. ちょっとイイ話
  3. 2015年
  4. 自転車の交通ルールと走行空間整備

八千代エンジニヤリングが毎月お届けするちょっとイイ話

自転車をもっと安全に 自転車の交通ルールと走行空間整備

  • 道路・鉄道

自転車の正しい乗り方を知っていますか?今月は、自転車利用者のための道路整備についてお話します。

正しい乗り方を知っていますか?

Written by totani nahoko 戸谷奈穂子私たちの生活の中で、車や電車と同じように交通手段の一つとなっている自転車。

手軽で簡単な乗り物だけれど、正しい乗り方を知っていますか?

私たち建設コンサルタントでは、自転車の正しい走り方を推進するため、自転車利用者の利便性と安全性を損なわないような道路整備を提案しています。

h4_f110-01.jpg

皆さんはこんな経験はありませんか?

  • 車道は車がいっぱい走っているし、路上駐車もいっぱい。でも歩道も歩いている人がいて追い抜かせないな。
  • 歩道のない狭い道路、自転車は左側を走ることになっているけれど、右側にあるスーパーに入るには右側を少し走りたいな。

自転車は、気軽で身近な乗り物として定着している反面、その場の交通ルールがわからないことって良くありますよね。

h4_f110-02.jpg

自転車は道路交通法上「軽車両」として扱われており、車と同じように車道の左側を通行するのが原則です。

子どもや高齢の方、あるいは車道が危険な場合などは、歩道の車道寄りをゆっくり(すぐ止まれる速度)と走ることはできますが、歩行者の妨げになるようなことをしてはいけません。その場合、一時停止し歩行者を優先することが必要です。

※道路交通法:道路交通の安全と円滑を図ることを目的とする法律

img_f110-04.jpg

h4_f110-03.jpg

img_f110-01.jpg

h4_f110-04.jpg

自転車に乗る方はもちろん、車の運転の方も気を付けて運転することがいっぱいあります。

img_f110-02.jpg

h4_f110-05.jpg

自転車は「軽車両」という考え方に基づき、自転車が車道を走行できるような様々な取り組みが実施されています。自転車の走る空間が整備されているところでは、自転車ルールを守って安全な運転を心がけましょう。

img_f110-05.jpg 自転車専用レーンがある道路

h4_f110-06.jpg

八千代エンジニヤリングでは、今後も安全で快適な自転車走行空間の整備に向けて、バリアフリー、環境、景観、健康、地域活性化など、総合的視点からまちづくりと連携した提案をしていきます。 

img_f110-03.jpg

パンフレットはこちらから>>参考.pdf

八千代エンジニヤリングはホームページの改善のために、
ご覧いただいたみなさんに以下のアンケートのご協力をお願いしております。

ページトップ