1. TOP
  2. ちょっとイイ話
  3. 2016年
  4. サクラマスの産卵を追う!

八千代エンジニヤリングが毎月お届けするちょっとイイ話

川に住む生き物 サクラマスの産卵を追う!

  • 環境

今月は、八千代エンジニヤリング株式会社が誇る自然環境映像作成チーム「NaSViC」が作成した動画「サクラマスの産卵を追う!」を紹介します。

川に住む生き物

face_f127-tatebayashi.jpg

建設コンサルタントの仕事には「川づくり」に関する仕事があります。
川づくりを行う際には、そこに住む生き物の暮らしについても考える必要があります。
川に住む生き物のことを知るには水中をのぞいてみるのが一番!ということで、八千代エンジニヤリング株式会社が誇る自然環境映像作成チーム「NaSViC」が作成した「サクラマスの産卵を追う!」を紹介します。

  

h4_f127-01.jpg

サクラマスは川の上流域で卵を産み、孵化した稚魚の一部は海へ降り、海で数年暮らして大きくなった後、川へ戻ってきて産卵します。

そんなサクラマスが生きていくためには、産卵に適した場所があることの他、海から産卵場所がある上流域まで移動できることが大切です。

ではその産卵場所とはどんな場所なのか、産卵場所をどうやって調べているのか、是非動画でご覧下さい。

  

img_f127-02.jpg
産卵場所となる上流の河川の様子
img_f127-03.jpg
実際に産卵した場所の環境

 

h4_f127-02.jpg

サクラマスの暮らしを守るには産卵場所を守ること、産卵場所まで移動できるようにすることが重要です。

yecでは、産卵場所がどこにあるかの調査、産卵場所となる河床の石をダムの下流へ補給することにもなる土砂還元試験、産卵場所への移動を可能にする魚道の検討、川がもともと持っている力を利用して川の形を作る多自然川づくりなど、様々な取り組みを業務として実施しています。

こんな仕事に興味があれば是非当社へお問い合わせ下さい。

img_f127-04.jpg   土砂還元試験
img_f127-05.jpg  魚道の検討

 

h4_f127-03.jpg

「建設コンサルタントとしての技術を活かした、業務成果品以外のモノを作れないものか?」という発想から、現地で撮影された媒体をもとに、動画を作成し、映像作成チーム「Natural Science Video Creator:NaSViC」が設立されました。映像編集技術はまだまだ向上の余地がありますが、建設環境技術に特化した技術者の目線から映像を作成し、皆さまに生態系について少しでも興味を持って頂けると幸いです。

産卵のため遡上したサクラマス
産卵のため遡上したサクラマス




■ 問い合わせ先:総合事業本部 環境計画部

 

八千代エンジニヤリングはホームページの改善のために、
ご覧いただいたみなさんに以下のアンケートのご協力をお願いしております。

ページトップ