1. TOP
  2. ニュース
  3. お知らせ
  4. 地下鉄広告連動企画~あなたなら...どうする~第三弾スタート
お知らせ

2012年04月16日
地下鉄広告連動企画~あなたなら...どうする~第三弾スタート

地下鉄広告連動企画の第三弾をスタートしました。

都営地下鉄浅草線の車内広告をご覧になられて、このyec のサイトにお越し頂きありがとうございます!

まだ車内広告を見ておられない方、浅草線の都営地下鉄車両の連結面の窓に掲出してありますので、ご乗車の機会がありましたら探してみてください。

第一弾、第二弾に引き続き当社の取り組みを、どうぞごゆっくりご覧下さい。 

なお、リンク先の関連記事にアンケートを用意していますので、どうぞご意見をお寄せください。

 

Q.山でも起こる土砂の津波にあなたはどうする?

flyer3-01.jpgyecはこうした

山地で起こるもう一つの津波災害

東日本大震災で、津波災害がクローズアップされていますが、山間部では、大規模地震や大雨により山津波という現象が発生し、多くの被害をもたらしてきました。歴史から過去の山津波を知ることや、対策を考えることがもとめられます。普段は耳にすることが少ない山津波についてyecの取り組みを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.震災後、生きるための水をどう確保する?

flyer3-02.jpg

yecはこうした

小学校に井戸を贈る

私たちの生活に欠かすことの出来ない水。東日本大震災の直後から、断水により多くの人が大変な生活を強いられました。災害時の緊急用水を事前に確保することは、人命に関わる重要な問題です。震災後に被災地の生活水確保のために、yecがボランティアで取り組んだ井戸掘りについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.不足する電力 これからのエネルギーをどうする?

flyer3-03.jpgyecはこうした

知られざる身近なクリーンエネルギー

東日本大震災の被災地では、燃料不足・停電の中で移動手段もなく、不自由な時期を経験された地域も多くありました。水流さえあれば発電できる小水力発電の設備があれば停電も回避できたかも知れません。安心・安全で持続可能な社会を形成するために小水力発電分野でyecがどのように取り組んでいるかを紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.サイクロンの猛威からバングラディシュの国民の尊い命をどう守る?

flyer3-04.jpgyecはこうした

バングラデシュ サイクロン「シドル」

大雨や台風の備えは万全でしょうか? 2007年11月のサイクロンで、バングラデシュは56万軒もの家屋が全壊する被害を受けました。日本は医療・食料など緊急援助を実施すると共に、国際災害復興支援としてコンサルタントが活躍しています。このサイクロンの猛威を防ぐ対策としてyecがどのように取り組んだかをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q.氷河湖決壊の危機!あなたならブータンの国民をどう守る?

flyer3-05.jpgyecはこうした

標高5,000メートルの氷河湖が決壊する?

ブータン王国が氷河湖決壊洪水で多大な被害を受けていたことをご存じですか?最近の地球温暖化などの気候変動が一因とも言われています。国際協力支援で氷河湖決壊洪水の対策に標高5,000メートルの高地の現場で高山病に悩まされながらyecが取り組んだ調査についてご紹介します 

ページトップ