採用情報

大内 茉莉

志望動機

日本の技術で人々の暮らしをより豊かにしたい

学生時代に途上国で経験したインターンシップで、都市鉄道が開発される現場を実際に自分の目で見て、開発を行うことで街は劇的に変化し、そして人々の暮らしをより豊かに変えることができると実感しました。そうして海外にいたことで改めて日本の技術力の高さ、社会整備やまちづくりの可能性を感じ、建設コンサルタントを目指すようになりました。その中でも八千代エンジニヤリングは建設コンサルタント登録部門19/21部門に渡り幅広い業務実績と技術力があり、国内で培った技術を活かしながら海外事業にも注力しているところに魅力を感じました。また、社員訪問や会社説明会を通し、ここでなら自分の専門分野だけでなく、幅広い知識を身につけることができ、日本の技術力を持って世界でも活躍できる技術者として成長できる環境があると確信したため、八千代エンジニヤリングに決めました。

仕事内容

トンガ国民の命を守る放送局を建設する

太平洋に浮かぶトンガ王国は、人口約10万人。自然災害に対し最も脆弱な国家のひとつとされ、地震や津波が多く、人口は沿岸部に集中し、災害発生時に迅速な対応が困難な状況にあります。そこで我々は、災害警報の迅速な伝達等を通し防災体制強化にあたっております。その中でも私は、災害警報を発信するための放送局建屋の事業費を算出する積算業務、また提案に至るまでの現地調査において、車やホテルの手配から団員のスケジュール管理、報告書作成補助などの業務調整に従事しています。

エピソード

トンガ王国での休日

本配属してすぐにトンガ王国へ40日間の出張へ行く機会に恵まれました。新入社員の私がいきなり現地へ行くのかと、最初は不安になりましたが、部下を信頼してくださり、すぐに実践を積ませて頂けるのも八千代エンジニヤリングのいいところだと私は思います。行ってみると、最初は右も左もわからずあたふたしましたが、徐々に慣れてゆきます。そして余裕も出始めたとある休日、上司の方々とホエールスイムへ出かけました(トンガは鯨と一緒に泳ぐことのできる世界でも数少ない場所なんです!)。5月から10月にかけて、鯨は南極からトンガ周辺の海にまで北上し子育てをしにきます。そのためこの時期は90%の確率で鯨をみることができるそうです。私も鯨の親子3組に遭遇し、初めて間近に見る鯨の親子に大興奮の休日でした。仕事でしか行けない場所で貴重な体験ができるのも、この仕事ならではの魅力のひとつです。

ビジョン

マルチプレイヤーの建設コンサルタントになる

世界にはライフラインが整っていない国から、日本の様な成熟化し問題を抱えている国など様々な国があります。これからの時代はより課題が複雑化し、体系的な計画によるハード整備だけでなく、その先のより地域に密着した生活環境を整えるため、福祉や防災、農業など様々な分野との連携を図りながら、それぞれの国が抱えている問題を解決していきたいと考えています。自分の専門分野だけでなく色々な業務に挑戦し、都市整備に関わる制度設計や施設設計などのソフト計画からハード整備まで、総合建設コンサルタントの強みを活かした提案が世界中で行えるマルチなコンサルタントになりたいです。

メッセージ

コンサルタントは人が全て

八千代エンジニヤリングは建設コンサルタントなので、メーカーの様に商品があるわけではなく、人で勝負していかねばなりません。そのため、八千代エンジニヤリングには技術力だけでなく、人間力溢れ魅力的な社員がたくさんいます。会社選びの際、業務内容や会社理念など、いろいろな角度から企業をみられるかと思いますが、人で選ぶのが何より重要なのではないかと私は思います。なぜなら、社会に入ると、引退するまで約40年間、同じコミュニテイーの中で生活することになるからです。そこで楽しむためには、なにより人間関係が重要ですよね。そして人で選ぶためには、いろいろと足を運んでみてください。ホームページやパンフレットを見るだけでは分かりません。業界関係なく様々な会社員に会えるのは、学生のうちの特権ですよ!この人と一緒に働きたいと思えるか、将来の自分の姿がそこにあるか、実際に会って感じてみてください。是非、お待ちしております!

1日のスケジュール
  • 8:30
    ホテル発
    ホテルの朝食を食べた後、現地事務所へ移動。
    (都市交通が整備されていないため車移動です。)
  • 9:00~9:30
    メールチェック
    現地事務所にてメールをチェックし、その日のスケジュールを確認。
  • 9:30~10:00
    業務
    資料確認など、打ち合わせ準備。
  • 10:00~12:00
    打ち合わせ
    カウンターパートとの打ち合わせ。
    プロジェクトの実施体制や進捗状況・調査スケジュールなどを打ち合わせます。
  • 12:00~13:00
    昼休み
    昼食を食べ、休憩。
    (上司や先輩と近くのカフェへ出かけます!)
  • 13:00~15:00
    業務
    報告書の作成。
  • 15:00~15:15
    休憩
    近くのコーヒーショップへコーヒーを買いに。
  • 15:15~18:00
    業務
    リフレッシュ後、業務を再開。
    明日の調査準備。
  • 18:00~20:00
    夕食
    事務所をあとにし、出張メンバーでレストランへ。
    (疲れている時は、その場で解散しホテルへ直帰。)
  • 20:00
    ホテル着
    本日はこれにて解散。
    お疲れ様でした。
キャリア
2017年
入社、事業統括本部 海外事業部 施設部に配属

・トンガ王国防災通信能力強化計画準備調査の業務調整

・バンドン工科大学整備計画にて現場研修

・ギニア共和国小中学校建設計画の積算補助

・BIM検討業務
2018年

・トンガ王国防災通信能力強化計画の積算業務

・ギニア共和国小中学校建設計画の入札支援業務補助

・インドネシア国下水道整備事業の詳細設計補助

ページトップ