採用情報

山田 竜之介

志望動機

先輩達、なんか楽しそう!

川遊びが好きだった私は、小さい頃から自然を守る仕事がしたいという気持ちをずっと持っていました。一度、医療系大学にて理学療法士を目指していましたが、やはり夢を捨てきれず退学。再度大学に入り直し、就活前には自然環境や社会基盤を実際に設計できる建設コンサルタントになる決意をしました。

様々な会社の説明会に行きましたが、大学の先輩の紹介で八千代エンジニヤリングの社員懇親会に参加した時、とりわけ明るい先輩方が多く、最後まで楽しそうに話している姿に大変感銘を受けました。「この会社なら色んな分野の人と楽しく働けそう!」と直感で思い、入社を決意しました。実際に仕事でもプライベートでも、様々な部署の方と携わる事ができ、今でも入社できて本当に良かったなと思います。

仕事内容

土木技術の集大成・・・それが「ダム設計」

主にダム本体設計、ダム周辺設備の設計などを担当しています。具体的には、ダムの堤体(本体)設計や、貯水池の水を放流する洪水吐き改造設計、上流からの流下物を貯留する網場設計など、大小様々な設計業務を行っています。

実際にダムを建設する際は、計画・設計・施工管理において、地質、機械、構造、環境、水理…様々な分野のエキスパートが携わります。そのため設計だけではなく、幅広い分野の知識を把握し、積極的に議論ができるコミュニケーション力が必要になります。責任重大であり、とても難しい仕事ですが、様々な知見や知恵を集約し、図面に体現させるのが「設計」の最大の醍醐味だと考えています。

エピソード

「ダムを造ってくれて本当にありがとう。」

配属されてからまだ3ヶ月も経っていない頃、ダムの補修方法・安全性評価の検討業務で、東北にあるロックフィルダムの現地調査に同行させて頂きました。

作業着で現場に向かう途中、農家らしき方が「このダムはあなた達が作ったのですか?」と話しかけてきました。一緒にいた上司が実際に設計をしたダムでしたので、その事を伝えると、「この地域は水不足が本当に深刻で、あなた方のおかげで生活が救われた。ありがとう。」と喜びながら握手をしてくださいました。

地域の社会基盤にダムが実際に活躍していることを初めて実感し、この仕事のやりがいを改めて認識させられた瞬間でした。(その時、私もさり気なく握手させて頂きました。笑)

ビジョン

「人間らしさ」としても輝ける設計者へ

配属してからすぐにお客様にプレゼンする機会を頂いたのですが、説明が上手くいかず悩んでいました。しかし業務で多忙を極めているにも関わらず、納得するまで上司が説明の練習をしてくださり、無事にお客様の前で説明することができました。

その時に「チームは仲間なのだから、上司部下関係なく助け合いながら楽しく仕事をしよう。」と言ってくださったことにとても感銘を受けました。

私達は、チームで複数のプロジェクトを行うことが多く、作業進捗状況がチームに大きく影響することが多くあります。自分が辛い時でも、仲間を思いやりながら成果品を作ることで、お客様にも「技術」と「人としての豊かさ」を提供できる技術者になりたいと考えています。

メッセージ

どんな状況でも楽しもう!

志望動機でも書きましたが、八千代エンジニヤリングは「楽しそう」な人がたくさんいる会社です。辛い時でも、笑顔や明るい声が聞こえると頑張ろうという気持ちが生まれます。そんな雰囲気が、技術力の向上だけではなく、本当にお客様も笑顔になる提案ができる秘訣かもしれません。ぜひ皆様も八千代エンジニヤリングに入って「楽しめる技術者」になりませんか?

1日のスケジュール
  • 8:30
    空港到着
    現地までは各自で集合!搭乗手続きの締め切りは早いので朝早くでなくてはいけない。
  • 9:15~11:00
    移動
    空からの眺めを見ながら、打ち合わせ資料のチェック。空港からはレンタカーで現場へ。
  • 11:00~12:00
    現場調査
    他部署の人たちとダムの調査、それぞれ視点が違うので新たな発見も。
  • 12:00~13:00
    昼休み
    昼休憩。現地の食堂でささっと済ませる。
  • 13:00~17:30
    打ち合わせ
    客先で打ち合わせ。
  • 18:00
    ホテル到着
    次の日の現地調査に向けてゆっくり休みます。
キャリア
2017年
入社、事業統括本部 国内事業部 水工部に配属
・ダム取水設備設計
・洪水吐き改造計画
2018年
・網場更新設計
・ダムの本体設計
ページトップ