採用情報

八千代エンジニヤリングの社風、社員は大切な財産 代表取締役社長 出水重光

八千代エンジニヤリングの社風

学生の皆さん、まず社員紹介をご覧になって下さい。八千代エンジニヤリングを志望した動機として、会社の実績に加えてほとんどの社員が会社の雰囲気と社員の人柄の良さを挙げています。また、多数の社員が仕事に対する熱意とやりたいことを実現できる環境をメッセージに載せています。これこそが技術とともに受け継がれてきた「誠実な仕事」、「仲間との協力」、「自主性の尊重」によって養われた八千代エンジニヤリングが誇る社風の表れです。

私は、高度経済成長が終焉した直後の昭和50年代前半に入社しました。建設コンサルタントという業種が今以上に社会的に認知されていなかったためどのような仕事をするのか大変不安でしたが、不安が的中しダムの計画・設計を行う部署に配属されてしまいました。"ダムなんて学校で教えてもらってない"と落ち込んでいたところ上司からの叱咤激励、先輩・同僚の手助け、そして仕事を任されることによって徐々に興味が湧き、今ではダムという巨大構造物に携われたことが友人や家族への自慢となっています。八千代エンジニヤリングの社風が私のやる気と可能性を引き出し成長させてくれました。

yecの強み

公共事業への国民のニーズが経済性、安全性だけでなく環境への配慮やサービスの質へと多様化したことに伴い、私たちの仕事は各種施設を建設するための調査、計画、設計、施工監理から、環境への影響評価、維持管理を行うためのマネジメントサービス、PPP/PFIを導入したプロジェクト形成等のソフト的分野に拡がり、単独の組織、技術分野で対応することが難しくなりました。このため、八千代エンジニヤリングは全社の人材、技術が円滑に交流できるように、国内の各地域と海外の事業を担当する事業部を縦軸に、事業部を貫く全社的な技術部門を横軸にした独自のマトリックス制組織を採用しています。

技術部門は「社会・マネジメント」、「環境」、「道路・鉄道」、「河川・水工」の4つの分野で構成され、これに各分野に共通して必要なICT、マネジメント技術や新技術の開発・研究を担当する「研究開発部門」が加わり、協力して各事業部の業務を執行、支援します。例えば、都市計画マスタープラン作成では「社会・マネジメント」と「道路・鉄道」が、河川自然再生事業評価では「環境」と「河川・水工」が、GISを利用した道路利用・事故分析システムでは「道路・鉄道」と「研究開発部門」が協力します。

八千代エンジニヤリングの強みは多くの分野の技術者がバランス良く存在すること、そして各分野の技術者が協力することによって総合力を発揮し付加価値の高い成果を提供するとともに自分たちの活躍の場を拡げていることです。

若い力への期待

日本における少子高齢化に伴う財政危機や労働力の減少、今後予想される大雨や地震 等による大災害に対応し、さらに開発途上国の発展と防災に貢献するためには従来の技術の高度化・多角化、新技術の開発が必要です。

八千代エンジニヤリングでは若い人材の技術力を向上し拡げるために「ミニローテーション」という制度を設けています。これは習得したい技術があれば、2年程度の期間に他の部署、分野の実務を経験し、担当技術範囲の拡大を図るもので、この他に海外業務を経験する研修制度も用意しています。また、「フューチャーセンター」という名の社員が自由な発想で新しく開発する技術を議論する場を創りました。これらを通し、広い視野を持った技術者の育成を目指しています。建設業界が生産性向上のために普及を目指している3次元データシステム(CIM)にも力を入れて2013年に「CIM推進室」を発足しました。

これらの取り組みを担い中心となるのは活気に満ちて感性豊かな若い人達です。私たちと一緒になって日本及び世界の発展と安全に貢献してくれることを期待します。

ページトップ