1. TOP
  2. 事業案内
  3. 建設コンサルタントってなに?

建設コンサルタントってなに?

建設コンサルタントは「社会資本整備」に大きな役割を果たします

私たちの生活はさまざまな社会資本に支えられています。
暮らしやすい快適なまち、多様な生物が生息できる自然のゆたかな環境。
通勤・通学、買物、旅行だけでなく、経済を支える道路、鉄道、橋、港湾、空港。
通信、電気、ガス、上下水道などのライフラインとその多様な施設。
暮らしを支えるエネルギーや水資源を供給するためのダム、河川。
災害を防ぐダム、堤防、防波堤、護岸。
廃棄物処理施設やリサイクル施設、新エネルギー関連施設などなど・・・。

これらの社会・経済活動を支える公共性の高く快適で安心安全な暮らしを支える施設やその環境を「社会資本」と言い、それらを新たに作ったり、既存の施設を維持することを「社会資本整備」と言います。

建設コンサルタントは、これら社会資本の整備の様々な課題に取り組み、技術力を活かして社会資本整備に貢献する職業で、現代社会の課題だけでなく、将来の社会を支えるためにも重要な存在になっています。

社会資本整備は誰が行い、建設コンサルタントはどのシーンで活躍するのでしょうか?

社会資本整備は、国(国土交通省などの官庁)や地方自治体(都道府県や市町村)と、高速道路や鉄道事業等に関連する事業者や独立行政法人、あるいは一般の民間事業者が主体となり、実施にあたっては、建設コンサルタントと建設会社等の会社にその仕事を委託(発注)して進めることになります。

img02.jpg

その社会資本整備の流れの中で、建設コンサルタントは、工事の「施工」を除く、「企画・調査」、「構想・計画」、「設計・解析」、「施工管理」、「維持管理」の各ステージで活躍しています。

社会資本の整備は、発注者・建設コンサルタント・建設会社の三者が一体となって進めることが非常に重要です。
その中で建設コンサルタントは、常に法律を遵守し「中立・公正」な立場からプロジェクトを推進し、発注者の"ブレイン"となる技術のプロフェッショナル(専門家)としての役割を果たします。近年は、環境や財政、さらに海外支援等の数多くの問題に対応するために、建設コンサルタントの企画力、提案力、実行力に今まで以上の期待が寄せられています。

「建設コンサルタント」の歴史を振り返ってみましょう。

建設コンサルタントの産声をあげたのは?

建設コンサルタントが事業として産声を上げたのは、19世紀初頭の英国においてでした。産業革命に伴う大規模な社会資本整備に向けて、土木・建築に関する高度な技術を持つ技術者達が、工事を行う建設会社とは別の活動を始めたのです。

日本での誕生は?

日本で建設コンサルタントが誕生したのは、昭和20年代前半と比較的新しく、戦後復興に際して社会経済活動に不可欠な社会資本の整備が急がれた時代でした。それまでは省庁の技官が社会資本の計画、立案、設計を行っていましたが、膨大な業務量への対応と品質確保が課題となっていました。そこで、政府はプロジェクトの調査や設計の一部を、欧米諸国にならって既に事業をスタートしていた建設コンサルタントに任せるようになったのです。

近年そしてこれからの建設コンサルタントの役割

これまでは、主に調査・計画・設計などの専門的な技術サービスの提供を行政から委託され、その役割を実施してきましたが、これからは、公共サービス等を直接、利用者に提供する役割が求められています。それがサービスプロバイダーとしての役割です。

八千代エンジニヤリングでもPFI事業において民間事業者が新たに設立する会社に出資し、その取り組みがすでに始まっています。
今後も国内・国外の新エネルギー供給事業や社会資本の維持・更新等の事業にその役割を広げてゆきます。

img05.jpg

ページトップ