1. TOP
  2. 事業案内
  3. 環境グループ
  4. 海域環境保全計画

env_main.jpg

env_title_yoshihara.jpg

サービス内容

沿岸環境保全 

日本には東京湾など88カ所の閉鎖性海域がありますが、海水の交換が遅く、水質や底質などの水環境が悪化しています。沿岸環境保全のため現地調査による実態把握から解析による保全措置の検討・評価、生物の水質浄化機能を活用した検討・評価、また海洋生物による二酸化炭素吸収(ブルーカーボン)の活用検討まで提案しています。

水産土木

持続的な水産資源の享受のため、水産動植物の増殖や養殖を推進するための漁場づくりや、漁場としての効用の低下している海域の浄化、環境と共生する漁場整備など、環境配慮型の水産業のお手伝いをしています。  


env06_img01.jpgCO2の吸収源となるアマモ場
  
env06_img02.jpg市民と協働のアマモ生育状況調査
    
env06_img03.jpg都市部の海底(イシガニ)
env06_img04.jpgブルーカーボンでCO2オフセットしたトライアスロン大会

ページトップ