1. TOP
  2. 事業案内
  3. 海外事業
  4. インドネシア共和国 工業分野振興開発計画(裾野産業)調査

主なプロジェクト

インドネシア共和国 工業分野振興開発計画(裾野産業)調査

工期:1996年1月~1997年3月

インドネシア国政府は、従来の石油に依存した経済構造からの脱却を図るために、工業化の推進を経済開発の原動力として位置づけ、インドネシア国が有する豊富な労働力を活用して海外の組立企業(アセンブラー)の国内誘致を図ると共に、国内の工業基盤を強化し、産業間のリンケージを強めることも重要な政策課題としていた。yecは、インドネシア国内において部品の自国内生産を促進し産業構造の強化を図るため、自動車、電気・電子製品、機械等のアセンブリー企業に部品、コンポーネントあるいはサービスを提供する裾野産業(サポーティングインダストリー)の技術的課題の改善策や基本的な振興政策の提言を含む「裾野産業育成のマスタープラン」を策定した。

主なプロジェクト 社会・経済基盤開発

ページトップ