1. TOP
  2. 事業案内
  3. 海外事業
  4. ペルー 太平洋岸地震災害復興支援(プログラム型)概略計画調査

主なプロジェクト

ペルー 太平洋岸地震災害復興支援(プログラム型)概略計画調査

【プロジェクト背景】

平成19年8月15日ペルー国太平洋岸イカ州沿岸部において発生した地震により、同州及びリマ南部を中心に500名を超える犠牲者と1,000人以上の負傷者を出し、71,000棟以上の家屋が全半壊、14の病院が倒壊しました。JICAは災害復興無償支援の円滑な実施のために、同年9月13日から10月8日まで「ペルー太平洋岸地震災害復興支援ニーズアセスメント調査団」を派遣し、被災状況の把握、復旧・復興に関するニーズの確認、復旧・復興段階で必要な支援(資金協力及び技術協力)の検討を実施しました。

このニーズアセスメント調査の結果を踏まえ、yecは上水道施設の再建(給水タワーの再建)と教育施設の再建(中・大規模の小中学校校舎の再建)にかかる概略設計、詳細設計、及び施工監理を実施しました。

被災地の様子1
被災地の様子1
被災地の様子2
被災地の様子2

【プロジェクト概要】

教育施設の再建では、小中学校の生徒約9,400人が安全で適切な環境で教育を受けられるようになることを目標に、小中学校5校(普通教室・理科室等:164室及び便所・水槽)を整備しました。その結果、耐震性のある安全で機能的な施設となり、教育効果が向上しました。さらに震災時の緊急避難場所が確保されたことにより、地域の防災能力が向上することも期待されています。

上水道施設の再建では、イカ郡人口の約1割の住民約26,000人への安定した水供給を被災前と同水準で行えるようにすることを目標に、同郡中心地におけるマンサニーヤ給水塔を再建しました。耐震性のある公共施設が建設されたことで、周辺住民の安全な生活が確保され、地域の災害が減少することが期待されています。

ホセ・デ・ラ・トーレ・ウガルテ校引渡し式の様子
ホセ・デ・ラ・トーレ・ウガルテ校
引渡し式の様子
完成した給水塔
完成した給水塔

主なプロジェクト 都市環境部

主なプロジェクト 施設

ページトップ