1. TOP
  2. 事業案内
  3. 河川・水工グループ

河川・水工グループ

水と人とが安全でゆたかな関係をきずけるように

河川・水工グループは、河川・海岸、ダム、砂防、港湾・海洋とこれらを支える機電の5分野から構成されており、環境グループ、社会・マネジメントグループ、道路・鉄道グループと連携しながら、国内外において総合的なコンサルティングサービスを提供しています。

河川・水工グループはこんな仕事をしています

山地で起こるもう一つの津波災害

詳しくはこちら
山地で起こるもう一つの津波災害

知られざる身近なクリーンエネルギー

詳しくはこちら
知られざる身近なクリーンエネルギー
グループ長から

top_txt02.gif

河川沿いの特に低平地に都市を形成してきたわが国では、水害、土砂災害、地震・津波災害に備え、対処することが、生活、産業を守り育てるうえで不可欠な要素となっています。また、豪雨と渇水などの気象における極端現象の頻発に備え、ダム再開発、地下水管理などによる水資源開発、水循環管理も重要度を増しています。さらに、高度成長期に整備した施設の老朽化に伴い、長寿命化、効率的維持管理など新たに取り組むべき課題も増えています。
河川・水工グループは、山地、河川、港湾、海岸と水系一環で地域の安全を確保し、適切な水資源利用を推進し、同時に環境保全も行うため、グループ内の河川、ダム、砂防、臨海、機電各分野の技術力を結集しています。

河川・水工グループ 眞間 修一

ページトップ