1. TOP
  2. 事業案内
  3. 道路・鉄道グループ
  4. 維持管理

維持管理

維持管理
我が国では現在、高度経済成長期を中心に整備された膨大な社会基盤施設の高齢化、老朽化が進み、通行止めや再構築の事例が発生するなど、今まで危惧されていた問題が現実のものと化しています。
このような状況下において、老朽化した全ての社会基盤施設を新しく作り替えていくことは、予算面から考えても非現実的であるため、「今ある社会基盤を如何に長持ちさせるか」ということが重要になってきます。

サービス内容

対象構造

目的・用途
●橋梁(道路橋・鉄道橋・水路橋・上部工・下部工) ●地下駅 ●地下駐車場 ●トンネル ●共同溝 ●立坑 ●擁壁 ●岸壁 ●桟橋 ●防波堤  ●護岸 ●盛土・堤防 ●ダム ●樋門・樋管 ●管渠・管路・パイプライン ●水門・ゲート ●供給施設 ●浄水場 ●下水処理施設 ●処理場  ●防護柵
構成材料他
●コンクリート構造 ●鋼構造 ●土構造 ●複合構造 ●基礎構造 ●地下構造 ●抗土圧構造 ●防護柵

維持管理内容

点検・検査
●損傷・変状調査 ●保守点検 ●構造物調査 ●構造物点検 ●現地調査 ●現況調査 ●外観 ●変状調査 ●健全度調査 ●劣化調査 ●詳細点検 ●防災点検 ●橋梁点検 ●目視観察 ●打音検査 ●赤外線法 ●X線法 ●自然電位法 ●フェノールフタレイン法 ●非破壊検査 ●腐食調査 ●耐荷力調査 ●ひび割れ調査 ●コア採取 ●RCレーダー ●磁気探査機 ●シュミットハンマー
試験・測定
●静的載荷試験 ●耐久性試験 ●応力頻度測定 ●材料試験 ●圧縮強度試験 ●劣化試験 ●非破壊試験 ●EPMA分析 ●走行試験 ●凍結融解試験 ●振動調査 ●振動測定 ●振動 ●センサー設置 ●動態観測 ●計測計画 ●計測管理 ●現場計測 ●歪計観測 ●変位測定
評価・判定
●健全度診断 ●劣化診断 ●耐久性評価(中性化、塩害、アルカリ骨材反応、錆・腐食) ●耐荷力評価(活荷重、疲労、温度、地震) ●構造解析 ●変位・変形検討(基礎沈下・傾斜、クリープ、側方流動、振動)
予測
●劣化予測 ●ライフサイクルコスト予測 ●耐用年数予測 ●疲労解析 ●振動予測 ●発破振動予測 ●振動解析 ●交通振動解析 ●車両衝突解析 ●道路交通振動シミュレーション
設計・施工計画
●補修設計 ●補修検討 ●補強設計 ●復旧設計 ●復元設計 ●機能改良設計(活荷重増、拡幅) ●振動対策 ●防振構造設計 ●耐震補強設計 ●コンクリート巻立て ●鋼板接着 ●炭素繊維補強   ●ノージョイント化
データベース作成
●台帳作成 ●台帳整備 ●台帳管理 ●維持管理履歴
保全計画
●維持・補修計画 ●維持管理計画 ●点検計画 ●補修計画 ●補強計画 ●道路防災計画 ●マニュアル作成 ●優先順位検討 ●事業手法検討 ●構造物維持管理システム構築 ●BMS
保全管理
●維持管理 ●アセットマネジメント ●リスクマネジメント ●維持修繕 ●保全対策
研究開発
●点検法 ●試験法 ●予測法 ●設計法 ●復旧工法 ●補修工法 ●補強工法 ●構造実験 ●模型実験 ●技術開発 ●事例調査 ●資料収集 ●資料整理
技術担当社員から
九州支店 道路・構造部 小原 淳一
九州支店
道路・構造部
小原 淳一

優れた構造物を未来に残すために

高度な技術を終結し、構造物の調査、構造物の補修設計や長寿命化計画の策定など、様々な内容で既設構造物の維持管理に取り組んでいます。
維持管理分野は、あまり目立たない分野ですが、過去の英知を結集して作られた構造物を、最新の技術を使用して、未来へと残していく重要な分野です。また、維持管理に絡んだ調査機材や維持管理システムの開発など、新技術の開発にも取り組んでいます。
これらの技術により、未来に優れた構造物を残していきたいと思います。

ページトップ