1. TOP
  2. 事業案内
  3. 社会・マネジメントグループ
  4. 河川

env_main.jpg

野田 敏雄

はじめに

1.河川維持管理の必要性

近年、集中豪雨の頻発や巨大な台風の襲来等によって、出水による浸水被害が相次いでいます。平成25年度の河川法の改正により、堤防の決壊や河川の氾濫などによる水害を防止・軽減していくために、これまで以上に河川の維持管理を行うことが必要とされています。また、高度経済成長期に整備された河川管理施設は、老朽化による治水安全度の低下・維持管理コストの増大が懸念されており、より効率的・効果的な施設の維持管理が求められています。
asm_03_img03.jpg

2.河川維持管理サイクルの支援

河川維持管理は、河道流下断面の確保、堤防等の施設の機能維持、河川区域等の適正な利用を維持するための「目標設定」を行ったうえで、点検や測量などの「状態把握」を行い、その結果に応じて適切な「維持管理対策」を実施することが基本となっています。
上記の河川維持管理を確実に実施するためには、河川特性や地域の実情を踏まえた維持管理計画の策定及び定期的なブラッシュアップが求められています。
弊社では、河川維持管理計画の策定支援から、点検診断手法の提案、管理行為の分析評価を踏まえた河川維持管理計画のブラッシュアップなど、河川管理者がより良い河川管理ができるよう、様々なアプローチにより支援しています。


図 河川維持管理サイクルと支援行為

 


河川維持管理の様々な支援

河川維持管理計画の策定・更新支援

河川維持管理を確実に運用していくためには、計画を策定した上で、計画に準じた点検や測量などの状態把握の実施・評価を行い、計画をブラッシュアップして維持管理サイクルを回し続ける必要があります。維持管理計画の策定や、効果的に計画をブラッシュアップできるように状態把握の分析・評価による改善点の立案などを支援します。

河川管理施設の点検、評価、マニュアルの作成支援

大河川から中小河川まで様々な河川管理施設を対象に点検を実施し、危険個所の抽出及びモニタリング計画等の点検評価手法の提案、対策工の立案を行います。また、効率的・効果的なモニタリングが行えるように、当該河川の特性を踏まえた点検評価マニュアルや対策工マニュアルの作成・とりまとめを行っています。

asm_03_img04.jpg

長寿命化計画の策定支援

河川法及び長寿命化基本計画で策定が求められている、施設毎の長寿命化計画の立案を支援します。実現可能な長寿命化計画とするため、施設優先度評価の検討や予算上限に合わせたLCCの平準化なども検討します。

 


公表用レポートの作成(アカウンタビリティの向上)

河川維持管理の業務内容は多岐にわたります。一般市民の方々に、日々の維持管理行為を幅広く認知してもらうために、それらを分かりやすくとりまとめた、公表用レポートやポスターなどの作成を行なっています。

河川維持管理の効率化・高度化の検討

①点検方法の効率化・高度化
河川管理施設は様々な場所に設置され、大規模な構造物も多いことから、高所部や地中・水中部など近接が難しい箇所も多く、それらの点検では、足場の設置や潜水作業などコストのかかる方法が用いられてきました。しかし近年では、UAVやロボットによる点検手法の開発などが進んできており、弊社でもそれらを活用した点検の効率化・コスト縮減に取り組んでいます。

②点検結果や補修履歴のデータ管理の一元化による効率化
河川管理施設の数は膨大であるため、点検結果を整理・確認するだけでも大変な労力になっており、職員数が減少傾向にある自治体では、維持管理の効率化が課題となっています。
弊社では、①点検方法の効率化・高度化と併せて、データベースの構築による管理の一元化や効率化といった、河川維持管理におけるICTの推進・展開に取り組んでいます。

asm_03_img05.jpg

③新技術の活用による、安価で確実な維持補修工法の検討
補修工法は、日々、新技術が開発されています。安価で、確実に健全性が保てるよう、最新の情報を取り入れながら各施設に適切な維持補修方法を検討しています。

おわりに

河川管理施設の老朽化に伴い、河川整備の計画・設計が進む中で、現況施設の診断評価を踏まえた事業方針の検討など、横断的な検討が必要となる場面が多くなってきており、幅広い知見からの課題解決が必要とされています。こうした多様な問題に対応するために、河川・水工グループと密接な連携を図り業務を遂行しています。

 


ページトップ