1. TOP
  2. 事業案内
  3. 社会・マネジメントグループ
  4. PM/CM

PMCM

PMCM
公共事業は、市民の目線に立って事業の品質確保や経済性、透明性を追求していくことが重要です。それには設計・施工の現場技術やマネジメント技術を融合し、設計や工事に係る「品質(パフォーマンス)」、「コスト」、「リスク」を適正化した公共事業サービスの提供が不可欠です。
弊社は、こうした行政の取り組みに対し、官民連携手法の一つであるPM/CMにより、強力にサポートしていきます。

サービス内容

発注者の代行的役割として事業の推進を支援

・PM(プロジェクトマネジメント)/CM(コンストラクションマネジメント)は、官民連携手法の一つであり、行政機関などの発注者に対し、事業の各段階(計画、設計、施工、維持管理)において、工程調整や品質・コスト管理など様々な調整・検討事項について、建設コンサルタントなどの民間事業者が発注者のパートナーとしてマネジメントを行うものです。一般に、PMは複数事業、CMは個別事業を対象としています。

・弊社は、これまで培った保有技術を屈指し、 計画~設計~施工~維持管理の全ての段階で高度なサポートを行います。

・また、事業の開始段階においては、事業特性に応じた適正な事業手法(PM/CM、PFI、ECI方式、設計施工一括発注方式等)の選定や、発注支援(発注仕様書、契約書の作成等)を行います。

・総合建設コンサルタントとして幅広い角度から発注者をサポートしてまいります。

技術担当社員から
総合事業本部 社会計画部 奥平詠太
総合事業本部
PM推進室
畔柳 耕一

PM/CM業務を通じて市民に貢献

我々は、公共事業のステ-クホルダーが常に市民であるという認識のもと、市民に満足して頂けるサービスを提供することを信念としています。
PM/CM業務による発注者へのサポートを通じて、市民生活に実りある公共事業となるよう取り組んでまいります。

ページトップ