1. TOP
  2. 事業案内
  3. 社会・マネジメントグループ
  4. PPP・PFI

PPP・PFI

公共サービスの仕組みづくり
埼玉県深谷市 キララ
公共サービスの仕組みづくりにおいてyecが最も重視する視点は、「納税者目線」です。コストダウンだけでなく、サービスの質の向上・持続性にも配慮し、官・民間企業・市民のそれぞれが適切な役割を果たしながら新しい時代の公共サービスの仕組みづくりに取り組んでいます。

サービス内容

公共側:PPP・PFIプロジェクト計画立案・公募支援

新しい時代の公共調達の仕組みを研究し、国や自治体と共に事業の仕組みづくりを提案します。土木・建築・財務・法務の各部門の専門家の知見を結集し、これまでのPPP・PFIプロジェクトにおける豊富な経験を踏まえ、民間活力導入可能性調査、アドバイザリー業務、モニタリング業務など、様々なステージでサービスを提供します。

民間側:新たな公の担い手として公共連携事業への参加・応募支援等

yecは、公共側のアドバイザーとしてだけでなく、新たな公の担い手として、PFI、指定管理者などの民間事業者として事業参加しています。

技術担当社員から
総合事業本部 社会計画部 奥平詠太
総合事業本部
社会計画部
奥平 詠太

住民意向を踏まえたPPP事業の実現化

PFI法、指定管理者制度、市場化テスト法など民活に関する法律も多様化し、近年ではPPP※という広い概念で、公共サービスの仕組みを構築することが求められています。人口が減少し財政的に厳しい局面が継続的に続く時代だからこそ、各種主体が知恵を出し合い協働して取り組むシステムを構築することが重要です。
私どもは、そのような背景を充分認識しつつ、将来の行政や市民や企業の方々の喜ぶ顔を想像し、PPP事業のプロフェッショナルとして、業務として携われる時間の中で魂を込めてPPP事業を立ち上げます。さらに、その後、地域によってさらにより良い事業が進んでいくことを願って業務に取り組んでいます。
※PPP: Public Private Partnership。行政、民間(企業)、市民(NPO)などが多種多様な形で連携・協力して、より良い公共サービスを提供していくこと。

ページトップ