1. TOP
  2. 事業案内
  3. 社会・マネジメントグループ
  4. まちづくり

まちづくり

まちづくり
活気と潤いあるまちを目指して
私たちは、縦軸に「まち」に関わる人々の営み、横軸に「まち」に関わる様々な取り組みを据え、時間軸に積み重ねから「まち」を紡ぎだすことにより、人々の想いが明確となった「まち」を持続的につくりだすことができると考えます。
yecでは、これまでのまちづくりの経験を通じて、「まち」の"顔づくり"を進めながら、人々の想いを形にすることができる「まちづくり」を支援します。

サービス内容

「まち」の"顔づくり"

鉄道駅等の交通結節点を中心とした市街地や、道路・河川等の沿線市街地などにおける拠点形成を目指したまちづくりにおいては、地域のまちづくりの方向性を関係者が理解・共有して主体的に取り組むことが重要です。yecでは、「まち」の成り立ち・現状を的確に把握し、将来のまちのイメージを共有・実現するために、まちづくりを先導する「まち」の"顔づくり"の推進に向けた提案を行っています。

人々の想いを形にする「まちづくり」

地域が期待するまちづくりを具体化・実現するためには、施設整備のみでなく、環境、福祉、産業、教育、文化など、ソフト面を含めた総合的な計画づくりとそれを実現するための仕組みづくりが重要です。yecでは、住む・働く・憩う・楽しむ・交わるなどの目的を持つ「まち」の人々の想いを束ねるため、様々な住民参加・合意形成手法を適切に駆使しながら、人々の想いを形にするための提案を行っています。

サスティナブルな「まちづくり」

道路・公園・下水道などのインフラや公共・公益のための建築物など、私たちの身の回りにある施設によって、私たちのくらしは支えられています。しかし、少子高齢化及び人口減少による財源不足や、地球温暖化により災害発生頻度が増加するなか、これらの施設を、適正に整備、維持、管理、運営する技術や経験が重要となっています。
yecでは、CM方式を活用した被災地の復興まちづくりや、公共・公益施設の適正な維持・管理・運営に向けた計画づくり、事業執行の支援など、サスティナブルな公共サービスを提供する「まち」のマネジメント方策の提案を行っています。

技術担当社員から
総合事業本部 社会計画部 篠崎 弘晋
総合事業本部
社会計画部
篠崎 弘晋

まちにココロ動かす"おもしろさ"を

何かが起こりそうなまちはワクワクします。まちが変わる、そのきっかけは何なんだろう?歴史や文化、風景も異なるまちに立って、そんなことをふと考えます。そこには、暮らしの場所があり、まちに想いのある人がいて、何よりココロがあるように感じます。
まちづくりは、よい子だけが考える堅苦しいものではありません。まちに関わる人々のココロを動かすのは、「なんかおもしろそう。かっこいい。」、そんな素直な感覚なのだと思います。まちづくりは、おもしろくていいと思うのです。おもしろくなくてはだめなのです。
これからは共創の時代。多くの人々がまちの未来におもしろさを見出し、まちづくりに関われるように、地域にあった仕組みやまちの空間を提案していきたいと考えています。もちろん、私たちも楽しみながら。

ページトップ