1. TOP
  2. 事業案内
  3. 社会・マネジメントグループ
  4. ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインの理念
ユニバーサルデザインの理念

「ひとにやさしいまちづくり」を進めるため、ユニバーサルデザインの理念のもと、住民や利用者の視点に立ったまちづくりを提案します。また、'ひと'と'ひと'との交流により地域が元気になる様々な提案を行います。

提案にあたっては、経験や研究で培った知見等の活用に加え、地域や利用者、行政、事業者等を含めた多様な主体の参加と合意形成をマネジメントして実効性・実現性の高い事業展開を図ります。

サービス内容

ひとにやさしいまちづくり(バリアフリー・ユニバーサルデザイン・観光)

交通機関や建築物、公園なども含めた、地域一体的なバリアフリー化を進める基本構想を策定します。 また、利用者視点に立った具体的で実効性のある手法を周知するため、ユニバーサルデザインまちづくりに関するわかりやすいガイドライン、ガイドブックの作成などを提案します。
来訪する観光客に対する効果的な情報提供や、体験交流・経済交流・環境交流などのまちとまちをつなぐ取組を進め、活性化の仕組みづくりを提案します。

技術担当社員から
総合事業本部 社会計画部 上田 真紀子
総合事業本部
社会計画部
上田 真紀子

こころのバリアフリーをめざして

バリアフリーに関する法律や基準が作成され、駅のエレベーターや、歩道の段差解消、車いすや子ども連れの方が使えるトイレなどの整備が進み、生活の中で便利さを実感できるようになりました。
一方で、放置自転車が歩道を狭めたり、一般の人が多機能トイレを長時間占有するなど、運用面での問題が顕在化し始めました。また、知的・精神障がいの方との適切なコミュニケーションについては、一般の人の理解は十分とは言えない状況です。 このような背景から、私たちは単に、ハード面でのバリアフリー・ユニバーサルデザインを進めるだけでなく、こころのバリアフリーの施策も含め提案を行っています。
これは、私たちが、多くの市民の方々との対話で蓄積した経験(バリアフリー基本構想多数)と、こころのバリアフリーに係るガイドブック作成などで培った実績によるものであり、他社にはない提案が可能であると考えます。

ページトップ