1. TOP
  2. yecのウォータースタイル

water_title.jpg


八千代エンジニヤリングがお届けする、”ちょっとイイ水の話”をご覧ください。
 

waterstyle.jpg

水問題 【水問題】

八千代エンジニヤリング株式会社(yec)では、水問題に関する啓発活動の一環として、高校や大学で授業を行っています。 今回は、その活動の一部をご紹介します。

waterstyle.jpg

地下水は誰のモノ? 【日本のブルーゴールド】

みなさん、水道料金いくら払っていますか?我が家は4人で年間約3万円。
我が国、日本では、蛇口をひねるだけで簡単に良質で飲用可能な水を得ることができますが、このうち、約20%は地下水で賄われています。今回は、そんな身近な地下水のトピックです。

waterstyle.jpg
再生可能エネルギーで省エネ 【地中熱を利用しよう!】

い地中熱は今注目を集めてる再生可能エネルギーのひとつです。
地中熱をもっと利用してもらうためのyecの取り組みについて紹介します。

waterstyle.jpg
再生可能エネルギー 【地中の熱でイチゴを育てる?】

いま注目を集めている再生可能エネルギー「地中熱」をご存知ですか?
岩手県久慈市で実施した、地中熱を利用したイチゴ栽培についてご紹介します。

waterstyle.jpg

節水 【オフィスで出来るエコ】

ESCO(エスコ)事業の手法を用いて社屋の水道設備に節水機器の導入を行い、省エネ&コスト削減に貢献しています。

waterstyle.jpg
安心・安全な水を世界へ 【自転車一体型浄水器を活用した水ビジネス】

開発途上国では、経済的余裕に乏しい貧困層を中心に、安全・安心な水へのアクセスが深刻な課題となっています。
開発途上国で水と衛生の環境改善を目指す水ビジネスの取り組みについてご紹介します。 

waterstyle.jpg
災害復興支援 【小学校に井戸を贈る】

私たちの生活に欠かすことの出来ない水。2011年3月11日に起った東日本大震災の直後から、断水により多くの人が大変な生活を強いられました。
震災後に被災地で行った井戸掘りについてご紹介します。

waterstyle.jpg

国際災害復興支援 【ハイチの人々にきれいな水を】

2010年に起こった大震災により衛生的な水を給水することが困難になり、さらに続いて発生したコレラの蔓延で市民の生活は脅かされていました。
JICAの委託業務としてyecが行っている災害復興支援の活動をご紹介します。

waterstyle.jpg

水と暮らし 【井戸のありがたみ

おばあちゃんが実家で、スイカを井戸に冷やして待っている…井戸と聞いて、そんなノスタルジックな情景が思い浮かびませんか?
いまだ現役、暮らしにかかせない存在である井戸について、ご紹介します。

waterstyle.jpg

バーチャルウォーターだけじゃない! 【あふれる窒素をどうするか?】

地下水は良好な水質と安定した水温を保つ水資源です。
そんな地下水が豊富な日本では、それ自体があまりに身近すぎるため、そのありがたみに気づいていないことも多いように思えます。
そんな地下水が危機に瀕している現実に、コンサルタントの視点で斬りこんでみます。

waterstyle.jpg

エジプトのデルタ地帯より 【開発途上国の水道事情】

普段なにげなく使っている水ですが、きれいな水を蛇口へ導くためにはいろいろな苦労があります。
エジプトの事例を通して、我々の生活に欠かすことのできない「水」について考えてみたいと思います。waterstyle.jpg

水循環を考える-2 【経済を活性する水マネジメント 2】

当たり前にあると思っていた水は、世界規模で危機的状況に向かっているようです。今、私たちから始めよう!waterstyle.jpg

水循環を考える -1 【経済を活性する水マネジメント 1】
21世紀、人類は水を求めて戦争を起こすと言われるほど、安全で清潔な水を手に入れることが難しい地域があります。
今回は、水問題について考えます。

waterstyle.jpg



water_title2.jpg

ページトップ