Menu

GoganGo

AI、そして維持管理から始まる
社会資本整備の革新。

概要

AIとビッグデータにより省力化、現場対応の在り方、施設の評価の仕方、情報共有の在り方、人の関わり方、意思決定の在り方、維持管理の在り方、社会資本整備の在り方、自治体の在り方、そして日本の在り方が変わります。
Digital Twinの実現により土木のパフォーマンスはバーチャルに検証され、社会資本整備はCivil Engineering1.0からCivil Engineering2.0へと変革し、まったく新しい土木技術が支える未来が訪れるでしょう。 まずは社会問題として顕在化しつつある「維持管理」から、革新していきます。

サービス紹介

Deep Learningによる河川のコンクリート護岸の劣化情報検出

今後、ますます社会資本整備の老朽化が進み、適切な維持管理が求められます。しかし、人口が減少するなか、社会インフラに関わる技術者の数も減少していきます。このため、これまでに無い技術を活用して、できるだけ効率的に社会資本機能を維持していく必要があります。これを実現するのがGoganGoです。GoganGoで河川コンクリート護岸の劣化情報を検出します。



GoganGoによる劣化検知サービス

・河川のコンクリート護岸に関する画像データをGoganGoにアップロードするだけで、河川のコンクリート護岸の劣化領域を検出
・護岸の劣化検出結果を蓄積し、時系列の変化を画像として確認可能

GoganGoによる劣化診断サービス

・劣化の面積/幅/延長を算出し、人による目視点検では得られない護岸全体の面的・網羅的な数量を把握
・区間別に診断を行うため、劣化の多い区間/少ない区間や、同じ区間の経年劣化の進行を定量的に確認可能

AIコンサルタント

・社会資本課題に関わるAI技術適用のPoC実施
・社会資本課題に関わるAI技術適用システム構築
・AI技術に関する情報提供、講師
・AI全般に関する講演、セミナー開催

関連情報