Menu

RECRUIT| 採用情報

ENTRY

Interview

業務の背景を意識し、
「なぜ?」を考える。

T.S

経理

事務系総合職2014年入社(新卒採用)

大変な時期=様々なことを学び成長できる時期

私の所属する経理部は、簡単に言ってしまえば社内のお金にまつわること全般を担当する部署です。その中で私は、経理部の定型的な業務に加えて、会計システムの運用確認や改善といった少し変わったことにも従事しています。それはシステム部門の仕事では?と思われる方もいるかもしれませんが、会計処理にまつわるシステムの検討をするのであれば、経理側の視点・知識が必要になります。そのため、会計システムをどのようにすれば問題なく処理が進むか、より効率が良くなるかといったことを、経理側の立場から社内のシステム部門や外部の会社と協議しています。
数年前には会計システムの入れ替えにも携わり、その際は、旧システムと新システムの処理結果が同じになるかといったことを検証しながら業務を進める必要がありました。時には結果が合わないこともあり、その場合は差異の原因をひたすら調べ、システムを修正してもらうということを繰り返しました。非常に大変な時期ではありましたが、社内のデータの流れや、それがどのように活用されているか等、様々なことを学ぶことができたので、大きく成長できた時期でもあると考えています。

大変な時期=様々なことを学び成長できる時期

「知りたい」と思う気持ちを大切に、
最短ルートを選ばないことで得られることもたくさんある。

知りたいと思えば社内の多くのことを知ることができるのが、経理の魅力の一つだと考えています。
経理部は社内処理の終着点となることが多いので、色々な部署から書類や情報が集まってきます。私は割と知りたがりなので、自身の担当業務とは直接的には関係ない周辺情報であっても、担当者に聞いてみたり、資料を見て調べたりしています。業務を終わらせるための最短ルートではないのですが、そこで得られた知識が意外なところで役にたつことも多く、無駄ではないと思っています。
業務の手続きの流れや手順等についても、「社内でそう決まっているから」ではなく、「なぜそう決まっているのか」といった背景までを意識して取り組むことで、何気なく処理していたことの背景に、様々な法令や他部署との連動があることが見えてきます。関わる業務全てについて、根拠を持って説明できるようになることを目標に、今後も一般的な経理知識と社内特有の業務に関する知識の双方を深めていきたいです。そうして得た知識を活かし、社内外の変化に伴い適切な決め事をつくっていくことが、私の役目の一つであると思っています。

「知りたい」と思う気持ちを大切に、<br>
最短ルートを選ばないことで得られることもたくさんある。

私はこの世界に新しい解をつくる。

Interview

自己研鑽というと大げさな感じがしてしまいますが、勉強する時間を少しでもとるようにしています。自宅にいるとなかなか捗らないタイプなので、近所の図書館や喫茶店等を気分によって使い分けています。時には、海外ドラマを一日中観ることを英語の学習と無理やりこじつけたりもしているのですが、先日受けたTOEICの点数が思ったより伸びていたので割と効果的なのかもしれません。

ENTRY