Menu

RECRUIT| 採用情報

ENTRY

Interview

建築界の
オールラウンダーに

S.K

建築

技術系総合職2018年入社(新卒採用)

建設コンサルタントとして建築に携わることに
魅力を感じた。

私は主に、公共建築物の設計・計画業務を担当しています。一言に建築といっても業務内容・分野共に幅広く、公民館や卸売市場の基本計画、公園内施設の設計、他部所と連携したごみ処理施設の計画やダム付帯施設の設計など様々な業務に携わっています。設計業務では、発注者や住民の要望を聞いた上で、実際にそれを形にするための図面を作成することはもちろんのこと、実際に使用する材料のサンプル等を用いた詳細な検討を行います。計画業務では、調査やワークショップを行い、その場所でどのような建物が求められているかといった方針が整理された資料を作成します。
就職活動時、公務員やゼネコン、不動産業なども検討していましたが、構想から施工、場合によってはその後にまで携わることができることや、建設コンサルタントにおける建築分野の業務の幅広さ、公共施設を中心に携わることができ社会貢献度が高いことが決め手となり、建設コンサルタント業界を選択しました。また、総合建設コンサルタントの中で、八千代が特に建築分野の歴史が長いことも入社を決めた理由の一つです。

建設コンサルタントとして建築に携わることに<br>
魅力を感じた。

コンサルタントの仕事は対人業務。
多くの人と協同してものを作り上げることに面白さがある。

事業のどの段階においても、目的は一つの建物を完成させることで、実際に自分が設計した建物が完成した時には大きな達成感がありますが、そこに辿り着くまでには発注者を含め、本当にたくさんの方々とやり取りを行うことから、基本的に建設コンサルタントの仕事は対人業務であると考えています。そのため、発注者や住民、他部署の上司、同僚とコミュニケーションを取りながら一つの建物を形作っていくまでのプロセスにすごく魅力を感じますし、それと同時に一つ一つの連絡や議論には細心の注意を払っています。
八千代は、総合建設コンサルタントとして多種多様な専門性を有した人がいて、そんな方々が一つの業務の中で綿密に連携して取り組んでいることに入社してすぐに気付きました。世の中の課題に対して最適な解を見つけるためには、幅広い視野で取り組む必要がありますし、実際に八千代はそういった体制を叶えることが出来る組織だと考えています。自分もその中で活躍できるように各分野への理解を深め、分野に捕らわれない知識を身に着けていきたいと考えています。

コンサルタントの仕事は対人業務。<br>
多くの人と協同してものを作り上げることに面白さがある。

私はこの世界に新しい解をつくる。

Interview

歩くことが好きなので、休日はとりあえずどこかに出掛けていることが多いです。また、最近は会社の同期と登山に行くことも増えました。同期といってもみんな専門がバラバラなのですが、バラバラだからこそ、お互いの仕事の話には学ぶこともたくさんあります。登山中には地質を専門としている同期が断層を解説してくれるなんてこともあります。

ENTRY