Project File

18

洪水リスクの把握が防災計画やリスクマネジメントを進める第一歩に

株式会社プレナスフーズ

地球温暖化の進行による、河川の氾濫をはじめとする大規模な水害の発生件数は近年とくに増加傾向にあり、経営判断、投資判断に大きな影響を及ぼすリスクであると認識されつつあります。株式会社プレナスフーズでは、これまであまり注視されてこなかった水害リスクと向き合い、従業員の安全、BCPの観点から確実な対応を進めていくために、河川に囲まれた自社工場の洪水リスク評価を行いました。

利用サービス
  • 概略調査
  • 詳細調査
  • 目標設定・
    ビジョン
  • 対策
  • 発信

課題

  • 利根川、江戸川の近接地にある拠点の洪水リスク対策に着手したい
  • 洪水のリスクを把握、周知し、社員のリスク意識を高めたい
  • 具体的なリスク対応をまとめ、防災マニュアルを整備したい

サポート概要

  • 埼玉・福岡に所有する工場周辺の水害リスク評価
  • 評価結果に関する報告会の実施

リスクを確実に把握し、効果的な対策を行うためのアクションにつなげる

工場の水削減事例:工場で使用している節水ノズル付ホース

株式会社プレナスフーズでは、「ほっともっと」「やよい軒」「MKレストラン」といった店舗で提供される各種食肉の加工、お米の精米・出荷・管理を行っています。工場は埼玉県と福岡県に所在しており、その工場の周辺には大きな河川があります。2019年の台風19号に伴う大雨で、埼玉工場の比較的近いエリアの河川が警戒水位を超えたことがありました。そんな状況下にあって、洪水リスク対策の必要性を感じました。
当社が想定したリスクはいくつかあります。まずは勤務する従業員の安全面に関するリスクです。つぎに河川の氾濫によって工場が水没し、操業できなくなるというリスクです。また、近接する道路が分断されれば、輸送経路が完全に断たれてしまうリスクもあります。プレナスフーズでは製造した加工食品を配送センターに随時供給する業務を行っているため、交通網の途絶は大きな痛手になります。
そこで埼玉工場、福岡工場のリスクを把握し、対策を練ることを目標に動き出しました。長期的なビジョンを持って対策を進めるとなると、当然コストもかかりますし、社内のコンセンサスも不可欠です。プレナスグループ内の理解も必要となりますので、工場が抱えているリスクを明確にして対策の必要性を理解してもらわなければなりません。そのために、置かれている状況を分析し、リスクを評価することから始めることになりました。

分かったリスクに対して、今後どう展開していくのか

工場の水削減事例:工場で使用している節水ノズル付ホース

上記の経緯から、当社のリスク管理をサポートしてくれるアドバイザーを探しており、八千代エンジニヤリングと出会いました。多くの大手企業のサポート実績があること、さらに国が行っているハザードマップの作成に携わっていることが決め手となり、お願いをしました。
まず着手していただいたのは、リスクのシミュレーションでした。「従業員の命を守る」という点にプライオリティを置いたうえで、水害が起こった時にどのような危険が及ぶのかということを把握することです。結果として見えてきたのは、福岡工場の方は幸いにも思っていたほど被害は大きくならないだろうということです。逆に、埼玉工場については想像以上に被害が甚大化する可能性があるということでした。対応策については今後詰めていく予定ですが、かなり力を入れて対策を講じることになるだろうと思っています。
今後については、プレナスグループ内への現状報告を行う予定です。次の段階は、水害が起きた際に工場周辺がどのような被害を受けるのかということを念頭に置いた対処・避難のためのマニュアル作りを行うことになると思います。例えば、埼玉工場の駐車場が比較的低い場所にあるために、勤務中に水害が起きた場合、車が水没して従業員が帰宅できなくなる可能性があります。ということは、そのリスクがある場合は被害を受ける前に「出社自体を控える」という方法をとる必要があります。このような「避難マニュアル」のような具体的な対処法について、これから逐次詰めていくことになると思います。

洪水リスクを把握することで得られたもの

今回の動きを踏まえ、現場の従業員が、ある程度水害のリスクについての意識を持ち、万が一の時のことを想定してくれるようになったのが大きいです。また、これからプレナスグループ内への報告を経て、業務上のリスク対策に関する動きを模索していくことになりますが、考えられる展開は先述の避難マニュアルと同じように「こうなったらこうする」という対処策を細かく吟味していくことになると思います。なにより、そういった展開を考える第一歩が踏み出せたことが、今回の一番の成果だったと思います。

株式会社プレナスフーズ

株式会社プレナスを中心とした「プレナスグループ」を支える中核企業として、「ほっともっと」「やよい軒」「MKレストラン」といった店舗で提供される各種食肉の加工、精米の加工を行う。

https://www.plenus-foods.com/