企業の水問題、まとめて解決。水リスクラボ

「水」を知る
コンテンツ

相談無料

お問い合わせは

03-5822-6800

メールフォーム

企業の「水リスク」、
まとめて解決いたします

2015年、国連で採択された
「持続可能な開発目標:SDGs」では、
水問題を含む環境や社会課題に対する企業の
積極的な取り組みが求められています。

水資源を継続的に利用するために、
いかに本質的な水リスクを把握し、
どのようにリスクを低減していくか。
水に対する向き合い方を考える時代が来ています。

scroll

なぜ「水リスク」に向き合うのか

  • リスクマネジメント

    リスクマネジメント

    様々な社会要因、環境要因の変化から、企業活動に対する「水リスク」の潜在的な影響度が増すなか、まずは「水リスク」を理解することが最重要項目となります。

    様々なグローバルリスク
  • 社会的要請の高まり

    社会的要請の高まり

    持続的な企業活動を行ううえで、流域(地域)の水資源を把握することは、企業の社会的責任のひとつです。水資源に着目した企業活動やCSR活動を通じ、SDGsの目標達成に貢献できます。

  • サプライチェーン

    サプライチェーンの安定化

    サプライチェーンを含めた各拠点の水リスクを把握し、適切に対応することで事業の持続可能性を高めていきます。

  • CDP-waterへの対応

    CDP-waterへの対応

    近年、ESG投資が拡大される中、企業の水リスクへの取り組みを評価するCDP-waterのように、水リスクへの対応も機関投資家の投資判断材料のひとつとなっています。自社の事業の特性や拠点の地域特性を正しく理解し、情報開示することで、スコアアップを目指します。

企業の担当者が抱える課題

case.1CSR担当者

CSR担当者の課題を解決
  • 課題1
    自社工場で水の使用量を10%減らしたので、地域住民へアピールしたい。
  • 課題2
    工場で使用する地下水と同じ量の水を育む森林を保全したい。
  • 課題3
    自社工場周辺の子供たちに環境教育を行いたい。
CSR担当者の課題を解決

case.2製造・品質管理担当者

製造・品質管理担当者の課題を解決
  • 課題1
    自社工場で地下水位の低下が生じ、取水できなくなった。そのためトップダウンで自社の他工場の水リスクを1ヵ月で把握せよ、と言われている。
  • 課題2
    水質が昔と変わってきた。その原因を突き止め、対策を考えたい。
  • 課題3
    各拠点の水リスクを評価・低減していくプログラムを作りたい。
  • 課題4
    水に着目した商品ブランディングを行いたい。
製造・品質管理担当者の課題を解決

case.3経営企画担当者

経営企画担当者の課題を解決
  • 課題1
    事業戦略を考えるうえで、国内外の拠点にリスクがあるか知っておきたい。
  • 課題2
    先日、自社で水リスク評価をしたところ、A国の工場はリスクが高かった。
    ところが現地からはそんな声は全く聞こえてこないのだが。
経営企画担当者の課題を解決

水リスクラボの強み

  • エンジニアが実践する確かな技術力
    強み1

    エンジニアが実践する
    確かな技術力

    水文学や地質学等を主体とする自然科学分野の専門技術を駆使し、地域特性を踏まえた調査・評価を実施します。

  • 貴社の事業環境にフィットしたサービスをご提案
    強み2

    貴社の事業環境にフィットした
    サービスをご提案

    水分野だけでなく、事業戦略、ICT、クリエイティブなど様々な分野のエキスパートが連携し、最適なソリューションを提供します。

  • 官公庁・民間企業との実績多数
    強み3

    民間企業・官公庁の実績多数

    全国の企業・自治体の実績多数。
    食料品、輸送機器、電気機器、非鉄金属などのさまざまな業種に対して、水リスクコンサルティングサービスの提供実績があります。

  • 海外での実績も多数。グローバル企業の要望も対応可能
    強み4

    海外の実績多数
    グローバル企業の要望も対応可能

    情報収集しにくい途上国でも多数の業務実績を有しており、海外拠点に対する水リスク評価や、グローバル事業計画策定支援を行います。

サービスフローの一例

水リスクラボでは、「水リスク」の実態把握から課題解決策の提案、実行支援まで、
一連のコンサルティングサービスを提供します。

実態把握→分析・評価→ビジョンとのギャップ分析→課題解決策の提案→各企業様にて解決策の実行→効果測定課題の抽出 実態把握→分析・評価→ビジョンとのギャップ分析→課題解決策の提案→各企業様にて解決策の実行→効果測定課題の抽出

期待される効果

  • コスト削減
  • 水効率の改善
  • サプライチェーンのレジリエンスの確保
  • 財務およびリスク管理手順の改善
  • 水リスクの事前回避に伴う事業コスト縮減
  • 事業戦略指標の確率
  • 新たな商品/サービスの創出
  • ブランド価値の増大
  • 気候変動への適応
  • 評判の向上
  • 株主価値の向上
  • 地域社会との関係向上
  • CDP-waterスコア向上
  • ステークホルダーとの信頼関係構築

Q&A

  • Q

    「水リスク」の調査にはどのくらいの金額がかかりますか?

    A

    抱えておられるお悩みや、調査対象の地域、範囲、拠点数等によって異なります。
    お問い合わせいただければ、専門のスタッフが状況を詳しくお聞きし、ご予算に合わせた提案をいたします。
    お問い合わせへ

  • Q

    急ぎでお願いしたいのですが、どのくらいの期間がかかりますか?

    A

    最短で1ヵ月〜、長いもので数年単位となっております。抱えているお悩みや、調査対象の地域・調査範囲、拠点数等によって異なります。ご要望にお応えする範囲での調査も可能です。
    お問い合わせいただければ専門のスタッフが状況を詳しくお聞きし、ご提示いたします。
    お問い合わせへ

  • Q

    自社の状況も含めて、与件整理からお願いできますか?

    A

    承ります。お客様の持っている工場・事業所など様々な角度から調査・ヒアリングを行い、課題の抽出から解決への糸口までご提案させていただきます。

  • Q

    水以外にも土壌汚染も含めて調べてほしいのですが

    A

    可能です。当社には水以外にも様々な環境に特化したスタッフを抱えております。

  • Q

    見積が欲しいのですが

    A

    調査対象の地域、範囲、拠点数および内容に合わせてお見積もりさせていただきます。
    下記までお問い合わせください。
    お問い合わせへ

  • Q

    業務の流れを教えてください

    A

    まずは、調査・検討内容にあわせて計画書を作成いたします。その後、適宜打ち合わせ等をさせていただきながら、実際の調査や解析作業を進め、報告書等で納品いたします。

NEWS

一覧

運営会社について

  • 社名
    八千代エンジニヤリング株式会社
  • 設立
    昭和38年1月29日
  • 本店所在地
    〒111-8648
    東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー
  • 電話
    03-5822-2900(代表)
  • 代表取締役社長
    出水重光(でみず しげみつ)
  • 資本金
    4億5千万円