1. TOP
  2. 実績紹介
  3. 環境グループ - 地下水
環境グループ

地中熱

業務名 発注者 着手・完了 概要

平成27年度諏訪市地中熱利用潜在量等調査業務

長野県
諏訪市

2015年7月~
2016年2月

空調利用を想定した地中熱システムの市民や事業者への普及・啓発を目的として、3次元地質モデル解析、地下水流速、熱伝導率等を検討し、地中熱システム設計ツールによる運転シミュレーションの結果をふまえて地中熱ポテンシャルの見える化を図った。評価した地中熱利用潜在量をもとに、冷房と暖房でそれぞれポテンシャルマップを作成した。
【業務成果はこちら】

平成27年度地中熱等利用事業の事業化計画策定業務委託

栃木県
環境森林部

2015年9月~
2016年2月

栃木県新武道館において地中熱利用ヒートポンプシステムの導入可能性を調査し、事業化計画とシステム設備設計を行った。また、県内全域の水理地質情報を整理し、地中熱ポテンシャルマップを作成した。さらに、施設のエネルギー消費量を気温データに基づき年間熱負荷を推定し、システム運転予測シミュレーションにより、導入規模、事業採算性評価、空調設備の設計等を検討した。

地中熱等利用事業の事業化計画策定業務委託

栃木県
環境森林部

2014年8月~
2015年2月

農業大学校において地中熱利用ヒートポンプシステムの導入可能性を調査し、事業化計画とシステム設備設計を行った。また、県内全域の水理地質情報から地中熱ポテンシャルの把握に資するマップを作成するとともに、県内事業者向けの地中熱導入の手引きを作成した。
【業務成果はこちら】  

久慈市地下熱利用夏イチゴ栽培実証調査業務委託

岩手県
久慈市 

2013年4月~
2013年10月

イチゴのハウス栽培に地中熱を利用したシステムを導入し、その導入効果を検証するとともに、市域の地中熱ポテンシャルマップを作成した。

地表水・地下水等調査検討業務委託 

国立大学法人信州大学 

2013年4月~
2015年3月

独)科学技術振興機構・社会技術研究開発センターの『イノベーション政策に資する公共財としての水資源保全とエネルギー利用に関する研究』における『地表水及び地下水等の水資源の実態と基礎的課題の把握に関する自然科学的調査』の一環として、地下水解析を行った上で、地中熱利用システムの導入適地の判断に役立つポテンシャルマップを作成した。   

ページトップへ

地下水流動機構調査

業務名 発注者 着手・完了 概要

ILC立地に係る水文調査業務

岩手県
政策地域部

2016年7月~2017年6月

数十kmのトンネルからなる国際リニアコライダー(ILC)建設候補地の水文環境を把握し、施設整備に伴う影響やトンネル湧水量の想定を目的に、各種調査と地下水流動解析を実施した。この結果に基づき、トンネル等施設の施工により周辺水環境や水利用に対して実害を生じる可能性がある流域を抽出し、調査計画を立案した。 

平成28年度小津奈木トンネル外水文観測業務

国土交通省
九州地方整備局
八代河川国道事務所

2016年4月~2017年3月

芦北出水道路の小津奈木トンネルおよび周辺切土部施工による地下水と表流水等の利水に与える影響を把握する目的で水文調査を実施した。

中部縦貫自動車道水文調査業務

国土交通省
近畿地方整備局
福井河川国道事務所

2016年4月~2017年3月

永平寺大野道路の建設に伴う地下水影響を把握するため、施工中・施工後区間において、各種調査を行った。水源対策のための調査や水質分析を行い、効果的な手法を検討・評価した。

水源の同一性検討業務

民間企業

2015年5月~
2015年10月

民間企業の異なる井戸水源について、水文地質構造や水質に基づき、その水源の同一性について検討・評価した。

大島簡易水道 水源調査業務委託

宮崎県
日南市

2013年12月~
2014年3月

宮崎県日南市の離島である大島において、既往水源の代替水源として新たに井戸を掘削するとともに、大島の水文地質特性を考慮した今後の水確保計画を立案した。 

小武川・尾白川地下水動態調査業務

国土交通省
関東地方整備局
富士川砂防事務所

2013年11月~
2016年3月

小武川下流床固群および尾白川下流床固群の建設に伴う周辺の水利用への影響を確認するため、地下水利用実態の把握、地下水調査計画の策定及び地下水観測を行うとともに、地下水障害対策を検討した。 

九州横断道(嘉島~山都)水文調査外業務

国土交通省
九州地方整備局
熊本河川国道事務所

2013年5月~
2015年3月

九州横断道嘉島~山都線ならびに宇土道路の建設事業に伴う周辺水環境への影響評価を目的に、水文調査と水質分析を実施した。観測結果は各地区の工事進捗状況との時系列評価を行うとともに、降雨量との応答性の工事前後での変化にも着目した影響評価を実施した。 

中部横断道水文調査 ◎関東整備局局長表彰 受賞業務 (H25年度) ◎事務所長表彰受賞業務(H27年度)

国土交通省
関東地方整備局
甲府河川国道事務所

2013年4月~2017年3月

中部横断道建設ルートのうち、主にトンネル・切土区間で懸念されている周辺水利用への影響について検討するため水文調査を実施した。南部ICにおけるセレン流出事象に対しては、現地モニタリング強化の支援、セレン溶出メカニズムの究明、既設盛土の点検、置換材料の選定補助、恒久対策施工時の現地観察、発生土の対応マニュアル改訂作業などを行った。

地下水資源開発業務

民間企業

2012年2月~
2013年3月

火山山麓に立地する工場において、新たに地下水資源を開発することを目的に、水文地質踏査、調査ボーリング、揚水試験などを実施し、工場周辺の地下水流動機構を明らかにするとともに、地下水の開発可能性を検討した。  

中部横断道工事施工影響検討業務 ◎局長表彰 受賞業務 (H21年度)

国土交通省
関東地方整備局
長野国道事務所

2009年4月~2017年3月

中部横断自動車道の佐久南IC~八千穂ICを対象とし、湧水および地下水の調査を行い、地下水流動機構を整理した上で、保全対策および施工中~後のモニタリング計画立案ならびにモニタリングを実施した。

ページトップへ

地下水解析

業務名 発注者 着手・完了 概要

円山川中郷遊水地環境施設検討業務 ◎近畿地方整備局局長表彰 受賞業務

国土交通省
近畿地方整備局
豊岡河川国道事務所

2016年9月~2017年3月

中郷遊水地の大規模湿地再生計画の立案に向けて、河川水位の上昇による遊水地の貯留量への影響を断面2次元非定常地下水解析により分析し、事業計画の方向性を検討した。 

H27外環地下水流動保全工法検証業務 ◎事務所長表彰受賞業務(H28年度)

国土交通省
関東地方整備局
東京外かく環状国道事務所

2015年7月~2016年12月

東京外かく環状道路の中央JCT、大泉JCTにおいて地下水流動保全工法のための現地調査、地下水解析、設計検証および中央JCTの橋脚拡幅工事に伴う管渠実施設計を行った。 

加古川河口部取水方策調査業務 ◎近畿地方整備局局長表彰 受賞業務

国土交通省
近畿地方整備局
姫路河川国道事務所

2015年9月~ 2016年3月

加古川河口部の既存塩止め堰撤去による河川周辺の井戸利用に対する影響を水量・水質(塩水)から解析した。解析では塩水遡上解析(鉛直2次元+3次元モデル)および三次元地下水解析(水位・塩分)により沿川の面的な水位と塩分変化で定量評価した。

久留米市地下水汚染原因究明調査業務

福岡県
久留米市

2014年6月~
2015年3月

地下水の水銀汚染の原因究明に際して、水銀蒸気検出調査、水質分析、土壌分析、顕微鏡観察、SEM・EDX分析等を実施したうえで地下水解析を行った。汚染物質である水銀は炭質泥岩層に由来し、水銀を吸着した微粒子が井戸に混入していることを科学的に解明し、自然由来であることを証明した。

京奈和自動車道地下水調査業務

国土交通省
近畿地方整備局
奈良国道事務所

2013年6月~
2014年3月

京奈和自動車道大和北道路計画ルート周辺において、地下水位及び土壌水分量を観測するとともに、三次元地下水シミュレーションにより地下水の変動予測及び保全措置に関する検討を行った。 

平成25年度平尾トンネル水文調査業務

国土交通省
九州地方整備局
長崎河川国道事務所

2013年4月~
2014年3月

施工中の高速道路トンネル周辺において、河川流量、湧水量、井戸地下水位等の水文調査を定期的に実施し、トンネル施工の影響評価等の水文解析を実施した。また、レーダー探査、調査ボーリングおよび水理地質構造解析に基づく三次元浸透流解析等を行い、採炭に伴う空洞に対する対策を検討した。 

千種川水系地下水源対策検討業務

兵庫県
西播磨県民局
光都土木事務所

2012年10月~
2015年3月

千種川水系の河道改修工事により枯渇が懸念された上水道水源の影響評価と対策を検討した。周辺地域の地下水水文調査と河川を含めた3次元地下水解析により河道改修による地下水取水への影響を評価し、取水量の確保のための代替井戸による対策について、その位置、規模などを提案した。

千種川水系佐用川他地下水調査解析・水源対策

兵庫県
西播磨県民局
光都土木事務所

2012年9月~
2014年3月

佐用町・上郡町にある水道施設等の地下水源について、調査河川改修に伴う影響を把握するために各種水文地質調査および水文観測を行った。地下水影響予測や水源確保のための対策立案は、三次元地下水解析シミュレーションによった。 

圏央道地下水調査

国土交通省
関東地方整備局
大宮国道事務所

2011年4月~
2014年3月

圏央道桶川-北本区間の掘割構造部における周辺地下水への影響を把握することを目的として、地下水位観測、水質分析、遠隔モニタリング機器による観測を行った。施工中における地下水位の管理値や管理体制を立案するとともに、地下水の通水施設に関する供用後の維持管理手法について検討した。 

ページトップへ

水循環解析

業務名 発注者 着手・完了 概要

扇状地の水循環機構解析業務

民間企業

2015年4月~
2016年3月

民間企業が立地している扇状地において、扇状地全体を対象として現地地下水調査、水文地質構造解析、流域水収支解析および地下水流動解析等を行った。この結果を判り易く可視化するとともに、地域住民に公開するための動画の素案を作成した。 

水循環解析調査業務

岐阜県

2015年5月~2017年3月

岐阜県全域の水資源の実態を把握するため、水循環モデルを構築した。市町村単位での水収支を解析し、地表水と地下水の流動機構を可視化した。水循環解析モデルは、分布型モデル、物理モデル、森林水文モデル、融雪出水モデルなどを組み込み、地域特性が反映可能な機能を実装した。流域連携の思想のもと、地下水マネジメントをおこなうための基礎データとして地表水と地下水の流線を示し、同じ水資源を共有する自治体を明示した。環境学習の教材として、地下水、水資源に係る啓発資料を作成した。

本明川水系水循環検討業務

国土交通省
九州地方整備局
長崎河川国道事務所

2014年10月~
2015年2月

本明川流域における水循環の基本構造と水利用が及ぼしている河川流量や地下水への影響を評価することを目的に、3次元水循環解析モデルを構築し、流域における今後の総合的な水資源の保全、管理に資する情報をとりまとめた。 

球磨川下流域水循環検討外設計業務

国土交通省
九州地方整備局
八代河川国道事務所

2014年9月~
2015年3月

八代市内の堤防補強工事による近傍の水源地への影響を把握することを目的に、球磨川流域を対象とした河川水と地下水を一体にとらえた水循環解析を行った。その上で堤防補強対策による地下水への影響を評価した。

長野県水資源実態調査等業務

長野県
環境部

2013年7月~
2015年3月

長野県全域の水資源の実態を調査するとともに、降水量、土地利用に基づく涵養量、人為活動に伴う揚水量を算定し、地下水位の動態を再現できる水循環解析モデルを作成した。このモデルを用いて県内77市町村毎の水資源実態と課題を整理するとともに、市町村レベルで表流水と地下水流動の「見える化」を行った。
【業務成果はこちら】  

熊本地域水循環機構調査業務
◎事務所長表彰 受賞業務

国土交通省
九州地方整備局
熊本河川国道事務所

2007年10月~2013年3月

阿蘇地域、菊池川・白川・緑川流域の水文諸量の関係を明らかにして流域の水文地質モデルを検討し、表流水と地下水の動きを連成させて解く水循環シュミレーションモデル構築し、地表水と地下水の交流を定量的に解析した。 

ページトップへ

地下水資源マネジメント、流域水マネジメント

業務名 発注者 着手・完了 概要

流域水環境見える化コンテンツ作成業務

民間

2016年7月~2017年3月

対象扇状地および流域における水環境・水資源を各種解析図を用いて「見える化」を図った。地球温暖化に伴う流域水環境への影響調査、地下水の海底湧出等を考慮した地下水流動シミュレーションおよび扇状地地下水環境の見える化を実施した。この結果を用い扇状地の豊かな水環境について、小学生にもわかりやすい動画を作成した。

地下水水源適地調査

民間

2016年7月~2016年12月

製品製造用の新規水源開発を目的とし、机上調査および現地調査により複数の有望候補地の選定を行った。評価には、水量、水質、地下水障害や水質汚染のほか、規制等の社会条件、各種リスクに関する項目を用いた。

水資源の水質リスク評価業務

民間

2015年11月~2017年3月

工場の井戸の水質を分析するとともに、工場の立地条件、井戸構造、帯水層の構造および地下水流動機構などから水質上のリスクについて解析し、今後の対応策を提案した。

安曇野市水環境基本計画策定支援業務委託

長野県
安曇野市

2014年5月~2017年3月

安曇野市の水環境保全を推進するための水環境基本計画策定を支援した。委員会への出席と必要な資料の作成、計画の基本計画(マスタープラン)と行動計画(アクションプラン)の作成、両計画の概要版作成を行った。

水資源リスクマネジメント

民間

2008年4月~2017年1月

民間企業が製品製造用に利用している地下水や工業用水に関する水量・水質に関するリスク管理手法の提案、製造担当職員への教育訓練、ワークショプの開催、リスク管理に関するアドバイザリーを行った。

ページトップ