1. TOP
  2. 実績紹介
  3. 道路・鉄道グループ - 造成
道路・鉄道グループ
業務名 発注者 着手・完了 概要

廿日市市新機能都市開発構想基本計画道路造成検討業務

広島県
廿日市市

2016年4月 ~2017年3月

開発区域内外の交通量に応じた道路規格を設定し、最適な道路ネットワークや土量バランスを確保した造成敷地の形状・面積を設定し、最適となる全体計画を立案した。また、開発区域内を通過する山陽新幹線のトンネルに影響を与えない造成高の設定を行った。

H27八ツ場ダム代替地設計業務

国土交通省
八ッ場ダム工事事務所

2015年6月 ~2017年3月

八ッ場ダム建設事業に伴う移転代替地の整備促進を図るため、各地区複数個所の代替地造成基本・詳細設計、合併処理浄化槽設計、簡易水道検討、打越地区商業部会支援、湖面利用のあり方検討、長野原駅自由通路詳細設計等の各種計画・設計を行った。計画・設計においては、現在までの検討経緯、施工済状況、具体的盛土材性状による造成地の安定検討、地元・関係機関協議結果の反映などに留意しながら実施し、各種懸案事項を解決するための資料、工事発注に必要となる設計図書を作成した。

花園IC拠点地区造成基本計画策定業務

埼玉県
深谷市

2015年10月 ~2017年3月

花園IC拠点地区における造成、調整池、雨水排水、公園(以下、造成等)のインフラ整備を効率的かつ効果的な内容とするため、造成等に関する基本的な計画の策定を行った。また、本事業に係る事業手法の変更に向けた地権者等との協議を行うために必要となる土地区画整理事業に関する資料の収集、作成等を行った。

相模原市新たな火葬場整備適地選定検討業務委託

相模原市

2015年11月~2016年3月

新たな火葬場の整備における候補地の選定にあたり、一定条件下による複数の対象地の抽出及び比較検討を行なうことにより、都市計画決定を見据えた適地選定の実現を図ることを目的とする。 具体的には面積条件,法規制,住環境との分離,土砂災害計画区域等の条件に対する敷地造成の評価、アクセス性、工事費、関連事業、周辺環境への影響より一次選定,候補地絞り込みを行い、3案について概略造成計画,概算事業費算定を経て、最終選定の資料としてとりまとめた。

八木地区宅地嵩上工事施工重点監理等業務委託

岩手県
洋野町

2015年10月~2016年3月

震災復興事業の一環である宅地嵩上工事について、工区分割や工事箇所前後の生活用道路やJR駅等関連施設の運用、県道,水路,上水整備工事のほか、民間工事となる家屋曳家との連携を考慮した施工計画を策定した。また、宅地嵩上工事に関する施工重点監理として、工事の過程で生じた課題への速やかに対応を提案し、円滑な工事実施に配慮した。

平成26年度 江戸崎工業団地 江戸崎土地造成 第26-30-842-0-051号 整地及び調整池実施設計業務委託

茨城県
企業局

2015年2月~2016年3月

江戸崎工業団地における分譲地の整地、調整池および分譲地外周道路の実施設計である。上位計画をもとに経済性、施工性、供用性、景観、環境等について総合的な検討を加えて適切な計画とし、その結果をもとに工事に必要な図書を作成した。 計画検討の段階では調整池放流先河川管理者との協議,審議会対応のほか、移管先となる自治体との協議を行い、設計に反映した。

H26八ッ場ダム代替地設計業務

国土交通省
関東地方整備局
八ッ場ダム工事事務所

2014年12月~2016年3月

八ッ場ダム建設事業に伴う移転代替地の整備促進を図るため、過去の経緯、地元の意向を十分に踏まえ、宅地、農地、各種公共施設の配置について実施設計を行った。 設計対象が道路,橋梁,造成,土構造物等多岐に渡ることと、それぞれが短期間で対応する必要があったため、多分野のメンバーを柔軟に組み合わせることでタイムリーな対応を図った。

ページトップ