1. TOP
  2. ちょっとイイ話
  3. 2006年

八千代エンジニヤリングが毎月お届けするちょっとイイ話

2006年

特集:少子高齢化問題-3

いくつになっても健やかに

6月から8月の3ヶ月間にわたりお届けしてきました少子高齢化問題も今回が最終回となります。今回は、身近なところからできることを考えるきっかけとして、行政の取り組みなどをご紹介します。
This is the last edition presented during these three months for discussing "the ageing society with a declining birthrate." We will introduce the practice of the government and discuss what we can do first.

少子高齢化問題-3
特集:少子高齢化問題-2

数字で見る少子高齢化

前回に引き続き、「7月の特集」は少子高齢化問題です。先日発表された平成17年国勢調査速報値によれば、日本の総人口に占める65歳以上人口及び15歳 未満人口の割合はそれぞれ21.0%(20.99%)及び13.6%に達し、いずれもその高さ及び低さで世界一であることが明らかとなりました。今回は、 少子高齢化のこれまでの推移や将来推計を数字を追いながら見てみましょう。
Our special topic for this month is "the ageing society with a declining birthrate," which is continued from the last month. According to the recent prompt report of the Population Census 2005, the percentage of over 65 and under 15 to Japanese total population seem to reach 21.0% and 13.6%, which are the highest and the lowest in the world. Here, we are going to review the data of the past and the future of the ageing society with a declining birthrate in Japan.

少子高齢化問題-2
特集:少子高齢化問題-1

少子高齢化を乗り切るために

6月から8月までの3ヶ月間は「少子高齢化」の問題を取り上げ、3回にわたってお送りいたします。現在、メディア等でも国の社会保障制度や経済に大きな影響を及ぼすとして、問題視されています。このテーマを掲げて、その背景・実状・対策などを2ヶ国語対応でお届けします。
For these 3 months from June to August, we have selected the "the ageing society with a declining birthrate" problem as our special topic. The media have often reported how this matter seriously influences the Social Security and the economy. Here, the background, the present conditions and the measures will be discussed in both Japanese and English.

少子高齢化問題-1
特集:土の再生

建設汚泥やヘドロを良質の土に再生する

ますます快適に、便利になっていく私たちの街で、汚泥やヘドロが発生していることを知っていますか? 5月の特集では、私たちがその再生に向けて取り組んでいる実績をご紹介します。

土の再生
特集:外来種問題-2

知らないじゃすまない外来生物法

3月からお届けしている外来種問題、実はみなさんにとって身近な話題であり、「外来生物法」という規制も既にはじまっていることをお伝えしました。「4月 の特集」では、まず何を考えればいいのか、そして私たち八千代エンジニヤリングが始めている取り組みについてお伝えします。

外来種問題-2
特集:外来種問題-1

外来種を入れたのは、人間です。

八千代エンジニヤリングがお届けする『3月の特集』は、外来種問題です。このテーマを、ふた月連載でお送りします。最近、急速に増えた身近に存在する、日本にはいなかった生き物たちが、日本の社会に与える影響について考えていきます。

外来種問題-1
特集:水循環を考える-2

経済を活性する水マネジメント #2

八千代エンジニヤリングが毎月お届けする『特集』の第2弾は、引き続き水循環(みずじゅんかん)に関してです。当たり前にあると思っていた水は、世界規模で、危機的状況に向かっているようです。今、私たちから始めよう!
 

水循環を考える-2
特集:水循環を考える -1

経済を活性する水マネジメント #1

八千代エンジニヤリングはもっと、たくさんの方々に生活空間・地域・日本そして地球という様々な視点に立ったよりよい環境づくり、子供たちの未来に何を継承していけるか?を毎月、発信していきます。
 

水循環を考える -1
ページトップ