1. TOP
  2. ちょっとイイ話
  3. 2010年
  4. マングースの生息状況のモニタリング

八千代エンジニヤリングが毎月お届けするちょっとイイ話

  • 環境

マングースの生息状況のモニタリング

マングースを効率的に捕獲し、やんばる地域での根絶を目指すためには、マングースの生息状況を簡便に知る方法が必要です。そのために、自動撮影カメラやヘアートラップ、フットスタンプ等の様々なツールを用いた調査を実施しています。

自動撮影調査

自動撮影調査は、赤外線センサー付きの自動撮影カメラを使用しています。

自動撮影調査の写真 【自動撮影カメラの設置状況】
自動撮影調査で撮影されたマングースの写真 【自動撮影調査で撮影されたマングース】
自動撮影調査で撮影された在来種の写真(ヤンバルクイナ) 【自動撮影調査で撮影された
在来種(ヤンバルクイナ)】
自動撮影調査で撮影された在来種の写真(リュウキュウイノシシ) 【自動撮影調査で撮影された
在来種(リュウキュウイノシシ)】


ヘアートラップ調査

ヘアートラップは新しいモニタリングツールとしてyecが独自に開発したものです。これはマングースが侵入できる程度の大きさのトンネルを制作し、その内部に餌とヘアーを採集する「金属」(亜鉛メッキ板を加工)を設置し、トンネル内を通った動物の毛を採集するものです。ヘアートラップはコスト面・効率面で優れた調査方法で、これからも他の方法と併用して行っていく予定です。

ヘアートラップの写真 【ヘアートラップの写真】
ヘアートラップの中の写真 【ヘアートラップの中の写真】
ヘアートラップの絵 【ヘアートラップの絵】

フットスタンプ調査

フットスタンプはマングースが侵入できる程度の大きさのトンネルを作成し、その内部に餌とインクを設置し、トンネル内を通った動物の足跡を記録するモニタリングツールです。

フットスタンプの写真 【フットスタンプの写真】
フットスタンプの絵 【フットスタンプの絵】
ページトップ