採用情報

雪嶋 健太郎

志望動機

機械技術者として社会貢献を

私は建設コンサルタントという業界を就活中に初めて聞きました。機械・電気専攻の学生は殆どが「メーカー」に就職するため、あまり認知されていません
当時、同業界を知るまで、私はメーカー関係の空調機器や排水設備の設計、施工関係を担う業界での就職を考えていました。機械工学出身の人間として「製品開発で生活を豊かにすること」より、「人々の暮らし、生活を支え、守ること」に魅力を感じたからです。
メーカー関係の設計、施工会社が行うビルや商業施設の空調機器、排水設備の設計とは別で、より人々の生活基盤を守る機械設備の設計、施工に関われる業界を探していたところで八千代エンジニヤリングに出会いました。

仕事内容

生活を支え、守る機械

主に国内の河川、ダム用機械設備の維持管理計画、設計を実施しており、その中で打合せ・協議資料の作成を行っています。
以下、私が関わった生活を支え、守る機械設備です。

陸閘(りっこう):堤防、胸壁の代わりに車両や人等が通行できるようにするために設けられた門扉のことを「陸閘」といい、常時は開いた状態で運用され、高潮や津波発生時に未然に閉鎖することで堤内の水害を防止する機能を持つもの。私は主に設計で関わりました(構造計算や動力選定)。

河川水門:堤内地(堤防背後側の市街地・耕作地や山林等)の雨水や排水が川・水路(支川)を流れ、より大きな川(本川)に合流する場合、合流する川の水位が洪水等で高くなった時にその水が堤内地側に逆流しないように設ける施設であり、河川の治水管理上なくてはならないものです。 私は主に維持管理で関わりました(水門に係る機器のパラメータ管理)。

排水機場:大雨による農地や農業用施設などへの水害を未然に 防止するために排水ポンプを運転して雨水を川や海に強制的に排水するための施設。主に維持管理で関わりました(排水機本体、及び排水機に係る機器のパラメータ管理)。

いずれも非常用設備の為、使用する際に故障せず、問題なく動かせるよう設計、維持管理計画を進めています。

エピソード

借用資料と段ボールの数

本配属されてから1ヶ月後頃、ある業務で先輩社員2名と私を含めた計3人で各事務所や管理所を回り、資料を探しては次々に段ボールに入れて車に搬入していく作業を3日間行いました。3日目の資料を集め終えて自部署で整理する際に、段ボールの数が多く動くスペースが無かったことを思い出します。
機械設備の維持管理計画を考える手前、該当する設備の中で多くのデータが必要なのだと痛感した出来事でした。

ビジョン

総合力の高い技術者を目指して

引き続き専門性を高め、専門外の技術や知識を吸収し、チームの一員として気持ちよく仕事が進められる技術者へ自分を研磨していきます。

メッセージ

追求し続ける事

仕事もプライベートも理想を追求し努力する事でより良い成果が得られます。
会社主催の説明会だけでなく、一度先輩社員のお話を聞くために伺ってみてはどうでしょうか。この社員紹介ページの先輩方の記事を見られて分かる通り、雰囲気や人柄に触れて入社を決められております。きっと素敵な先輩社員の方が対応して下さるはずです。

1日のスケジュール
  • 8 :50
    出社
    コーヒーを入れる(夏でもホット)。
  • 9:00
    メールチェック
    メールをチェックし優先順位を確認。また電話応対のため周りの人のスケジュールも確認する。
  • 9:15
    業務
    手持ち業務(資料作成)に取り組む。
  • 12:00
    昼休み
    昼食(自炊orお弁当)を食べ、昼寝する。
  • 13:00
    業務
    社内で打合せ。業務の進捗報告、方向性の確認、相談。
  • 15:00
    小休憩
    小休憩。
  • 15:10
    業務
    リフレッシュ後、業務を再開(資料整理とか)。
  • 17:30
    夕食
    休憩。先輩社員と雑談することも多い。
  • 18:00
    業務+まとめ
    業務再開
    一日の進捗確認、留意事項と明日やるべきことをリストアップ。
  • 19:00
    退社
キャリア
2016年
入社、総合事業本部 機電部に配属
・陸閘やダム用ゲートの設計
・ポンプや水門の維持管理計画策定
・ダム機械設備の維持管理計画策定
ページトップ