1. TOP
  2. 事業案内
  3. 海外事業
  4. カンボディア国 シアムリアップ電力供給施設改善計画

主なプロジェクト

カンボディア国 シアムリアップ電力供給施設改善計画

工期:2002年5月~2004年2月

アンコールワットの街に安定した電気を!

カンボディア国の主要都市であり世界的に有名なヒンズー・仏教遺跡であるアンコールワット遺跡がある街シアムリアップ市は、設備の老朽化の為に慢性的な電力供給力不足となっていた。

カンボディア国政府は、シアムリアップ市の当面の電力不足を解消し、一般住民に対し安定した電力を安価に供給することを目的として、燃料の安価なC重油を燃料とした新たな発電所の建設につき、わが国政府に対し無償資金協力を要請した。それを受け、わが国は当社yecをコンサルタントとして選び、yecが本計画を実施した。

本計画は2010年を計画目標年度をとし、定格出力3.5MWのディーゼル発電機3台と必要な補機、施設を建設したもので、2002年12月に着工し、2004年2月に完工した。

しかしながら、カンボディア電力公社(EDC)の運転・維持管理要員は発電設備の運転経験を有しておらず、本計画で供与された発電設備を長期にわたり、適正に運転・維持管理を行えるかどうかが疑問視された。

このため、本計画コンポーネントの一つとしてyecのコンサルタントがEDCの運転・保守要員に対して発電設備の運転及び維持管理・修理技術に関する基礎技術から実際の運転/維持管理までの技術移転を行うこととした。

yecのコンサルティング支援で、シアムリアップ市への安定した信頼性の高い電力供給が実現したことにより、本計画は同市民の生活向上と社会福祉施設・公共施設運営の安定化並びに産業・経済活動の活性化に大きく寄与している。

主なプロジェクト 施設

主なプロジェクト 電力・プラント部

ページトップ