1. TOP
  2. 事業案内
  3. 研究開発
  4. 農村・農業振興

農村・農業振興

農村・農業振興
日本では人口減少や農家の高齢化が進んでいる一方、世界では人口増加による食料需要の増加が予想されています。このような背景の中、国土の大部分を占める農村や、人が生きていく上で不可欠な食料を生産する農業の重要性は一層増しています。
yecでは、農村・農業が社会・経済・環境の好循環を形成し、持続可能な形で次世代に引き継いでいくための仕組みづくりについて、これまでに培った"まちづくり"や"環境"などの技術を基に、研究と実践を進めています。

開発内容

持続可能な農村づくり

畑

限界集落や耕作放棄地の増加が顕在化する一方、若者の田園回帰や企業の地方へのサテライトオフィス進出など、農村をめぐる状況は変化し続けています。yecでは、まちづくりの豊富なノウハウを活用し、地域住民とよそ者の協働によるコミュニティデザインや都市と農村が共存する仕組みづくり、「小さな拠点」のような人口が減少しても成り立つまちづくりの実現を通して、持続可能な農村づくりを目指します。




環境共生型・コスト削減型の農業生産支援

いちご

土地や資源を利用する農業では、地球環境や地域環境との良好な関係を築くことが重要です。そこで、yecの環境やエネルギーの知見を活かし、冷暖房を行うハウス栽培における地中熱や温泉熱等の再生可能エネルギーの利用促進、イノシシ等による獣害対策の支援やグリーンインフラとしての農地の有効利用を通じて、環境保全とコスト削減の両立を目指します。




農作物や農村の付加価値向上

ジャガイモの廃棄量

地域資源が豊かな農村では、農業や農作物、これらを活用した体験や観光などにより仕事を創造することが期待されています。yecが有する広報戦略やビジネス展開支援のスキルを基に、6次産業化のサポートや農作物・農村のプロモーションを通して、農作物や農村の付加価値向上を図ります。


技術担当社員から
技術推進本部 技術開発部 岩本 淳
技術推進本部
技術開発部
岩本 淳

イマ、農村と農業が最高にアツイ!

ヒトが生きる上でなくてはならない「食」と「農」。今、農村や農業は大きな時代の転換点に差し掛かっており、今後5~10年の動きがその後の行方を大きく左右するといわれています。
yecはこれまでに建設コンサルタントとして培った技術力と部署間の垣根の低さを活かして、農村・農業振興の分野に新たにチャレンジしています。

ページトップ