Menu

山陰道「三隅・益田道路、福光・浅利道路」 中国地方整備局初の道路事業における地質リスクの見える化
実績

地質リスクの見える化で
道路事業の円滑な推進

山陰道「三隅・益田道路、
福光・浅利道路」
中国地方整備局初の道路事業に
おける地質リスクの見える化

# 官公庁のお客様 # 国内 # 地質・地盤 # 道路

地質リスクを抽出せよ

平成27年度に工事着手した三隅・益田道路では、切土施工中に法面変状が複数発生しました。これらの変状は、事前に地質リスクを把握することで、法面変状の防止が可能であったと考えられます。当社では、浜田河川国道事務所管内において事業を進めている「三隅・益田道路や福光・浅利道路」について、既存の地質調査資料や実際の掘削法面等から、道路に存在する地域の地質リスクを抽出し、地質に起因する事業リスクを低減するための取り組みを行いました。ここでいう、地質リスクとは「事業のコスト増大や工期の延長等に結びつく地質や地下水に起因するリスク」を指します。

  • 地質リスクの見える化の流れ

地質リスクの設計・施工への確実な反映

本検討により、局所的に整理されていた地質リスクを全区間にわたって面的に把握することができました。また、地質リスク管理表を活用することで、都野津層では挟在粘土層の有無、三郡変成岩では流れ盤や貫入岩等の有無に着目し、法面の勾配変更や保護工の追加の必要性等について情報共有することも可能となりました。
現在施工中の三隅・益田道路では、個々の地質リスクを把握していたものの、地質リスクが設計・施工に十分にフィードバックされていませんでした。今後工事に着手する福光・浅利道路は三隅・益田道路と同様の地質を有するため、調査段階から地質リスク管理表を用いた情報共有を行い、設計業務における地質リスクの再評価、施工業者への申し送りなど潜在的なリスクを設計・施工段階に確実にフィードバックしていくこととしました。



※本業務は、2019年度 国土交通省 局長表彰を受賞しました。

※2019年9月時点での情報です。

  • 既存ボーリング柱状図を見直した地質断面図の作成例

プロジェクト詳細

    • 業務名:平成30年度 浜田河川国道事務所管内地質リスク調査検討業務
      発注者名:中国地方整備局 浜田河川国道事務所

関連情報