Menu

維持管理

世代を超えて安全と安心を維持する。

日本の安全・安心な生活や経済活動の基盤である道路、橋梁、河川、ダム、公園等の社会インフラは、その多くが高度経済成長期に作られたものであり、老朽化に対して適切な維持管理を行うことが重要課題となっています。
そのため、私たちは社会インフラが抱える個々の課題に対し、点検・診断、計画策定・見直し、維持管理業務の改善提案やICTの導入等で支援しています。私たちの未来を支える社会インフラと住みよい生活環境を後世に残すため、技術と提案力で取り組んでいます。

インフラマネジメント

インフラマネジメント

私たちは、社会インフラを支える調査・点検・補修のメンテナンスサイクルが着実に回るよう、管理者である国や自治体、民間事業者等の組織や活動の改善を支援しています。維持管理計画の策定から資金調達、運営、発注・契約方法の適正化に向けた提案のほか、自らも事業者としてISO55001に準拠したメンテナンスサイクル(PDCA)を回す仕組みづくりを行っています。そして、これらの取り組みを個別の分野・施設に留まらず、分野横断的な視点から行うインフラマネジメントの技術で社会に貢献しています。

関連サービス・実績

調査・点検・補修

調査・点検・補修

昨今の社会情勢のもとでは新規建設の財源確保が難しく、既存のインフラをいかに延命化するかが課題となっています。
私たちは、どこをどのように対策するべきかを明らかにするために、スペシャリストによる社会インフラの健全性調査・点検・診断・評価を行います。また、対策の必要性や対策範囲、対策優先順位等の判定、施設の機能維持のための補修設計、それらを高度化するソリューション開発(AI等のICT)によって、暮らしの安全と、日本の社会インフラを未来に残すため、貢献しています。