Menu

ICT

社会インフラをアップデートする。

ICT(情報通信技術)は現代社会の隅々にまでいきわたった重要な社会インフラとなっており、ICTを活用することで、様々な問題解決が図れます。
私たちは、人々の暮らしや社会全体の効率性、利便性を飛躍的に向上させるために、情報の収集・分析・評価・共有する技術を研磨し、社会資本や生活にかかわる様々な問題を解決するソリューションを提供します。

ICT

ICT

ICTは、日々の人々の生活を支えています。河川・道路等の社会インフラにおいても、交通渋滞情報や、災害情報等をいち早くキャッチし、被害を最小限にする等社会を支えています。
私たちは、河川やダム等の社会インフラを管理するシステムや、各種情報のデータベース、風水害等の防災・減災支援システム等、様々な分野でハード・ソフトおよびネットワークシステムの検討、構築、運用を行っています。

関連サービス・実績

BIM/CIM

BIM/CIM

国土交通省が推進する「i-Construction」は、ICT(情報通信技術)を全面的に活用して、建設現場の生産性の向上を目指しており、このためには、BIM/CIMと総称される3次元データを活用した事業推進が必須となっています。
業務にBIM/CIMを積極的に取り入れ、BIM/CIMに関する知見や技術の集積を図り、企画・設計から施工・維持管理までの一連の建設生産システムにおける高度化と品質向上による生産性の向上を目指しています。

通信

通信

情報通信施設は、日常生活でもインターネットや地上波デジタル方式によるTV放送等でお馴染みですが、災害時には各種情報収集や国民への周知徹底に重要な働きをします。災害が多発する現在、その基盤となる光ネットワークや通信・放送設備等の活用は一層重要になります。
私たちは、これらインフラ設備等の整備のみならず、通信と放送を融合した新しい運用モデルの開発にも注力し、安心・安全な国作りに寄与すべく、調査検討・設計等積極的に取り組んでいます。