Menu

都市・地域

「あたたかな心あるくらし」の実現を目指して。

私たちは、くらしを営む一人一人の想いを未来につなげることが重要と考えています。そのため、変化が著しい社会の中でも、常に地域の歴史や風土を大切に考え、地域の人々の想いに向き合います。「あたたかな心あるくらし」の実現を目指して、都市・地域のしくみや風景をデザインします。

まちづくり・造成

まちづくり・造成

まちづくりの基本は、「地域独自の魅力の発見と活用」と考えています。そのためには、地域の住民と企業、行政が「自分達の地域を自分達で創り上げる」というマインドで協働していくことが重要です。その「きっかけ」づくりと、地域の魅力の「気づき」や「活用」に導くことが私たちの使命と考えています。
私たちは、まち、みち、かわ、みなと等あらゆるフィールドで、民間活力も含めて様々な手法や制度を用い、各分野の専門家と連携し「実現」に導くことを強みとしています。そして、その使命を果たすために、歴史や文化、景観、農業・商工業等の産業基盤、人柄・気質に至るまで地域を丹念に読み取ります。

地域交通

地域交通

移動(モビリティ)は、人々を結び・繋ぐ、人間生活を支える大切な要素と考えています。それぞれの地域において、都市構造、人口構成、経済活動、慣習等が異なるなか、交通体系を整備するためには複雑に絡み合った要素を紐解きながら取り組んで行く必要があります。この関係性は今後ますます複雑化することが想定され、交通計画もより重要なものとなります。
私たちは、このような認識と「うごくモノゴト・サービスを対象にコンサルティング」できる自負のもと、交通体系の再構築に取り組んでいます。また、交通分野の問題解決に取り込むため、AIやICT等先進技術の開発を推進しています。

上下水道

上下水道

人間にとって欠かすことのできない安全な水を安定して供給すると共に、汚水処理や雨水排除、処理水の再利用等の機能を有する上下水道は、健康で安全・快適な生活環境を確保するための生活の基盤・インフラです。近年は地震対策や気候変動に伴うゲリラ豪雨の頻発に対応するための都市浸水対策が進められています。一方、公共用水域の水質保全、普及が遅れている地域の普及促進や高度処理の導入、合流式下水道の改善、老朽化施設の改築更新に加え再生可能エネルギーの活用推進としての機能も求められています。私たちはこれらの社会ニーズに的確かつ柔軟に対応するために、上下水道の整備を通じて生活・地球環境にやさしい安心なまちづくりを目指してまいります。

廃棄物

廃棄物

厳しい財政状況等により、老朽化した廃棄物処理施設が増加し、廃棄物処理システムがぜい弱化している地域(自治体)があります。一方で、その他の地域においても大規模災害等に備え、処理の代替性・多重性の観点から各施設が能力を最大限発揮できるよう整備しておく必要があります。
そのためには、適切なタイミングで施設の改良や更新を行い、廃棄物処理システムの強靱性を確保しなければなりません。また、3R推進や民間活力活用、省エネルギー・創エネルギー化、災害廃棄物対応の視点も重要です。
私たちはこうした様々な視点から強靱で適正な廃棄物処理システムの確保と地域循環共生圏形成による地域活性化を目指します。

建築

建築

庁舎・駅舎等の公共的な建築物から、オフィス・店舗・集合住宅等の民間の建築物まで、建築物は都市環境を構成する重要な要素であり、社会インフラの一つであると言えます。そのため、安全で快適であることはもちろんのこと、ライフサイクルコストの縮減や地球環境への負荷軽減にも配慮する必要があります。
省資源・省エネルギー化や循環型の環境システムづくり等、私たちは、都市の中で建築を捉え、まちづくりのコンサルティングから建築物の企画、設計、監理まで、最善の提案をいたします。

ランドスケープデザイン

ランドスケープデザイン

景観、風景と言われるランドスケープは、地域の資源、環境、歴史、暮らし等の様々な要素が重なり合い、創られた守り育てるべき地域のアイデンティティです。このため、ランドスケープデザインでは、地域固有の自然的・社会的・人文的要素を尊重しつつ、広域から細部に至る幅広い視野を持ち、地域のより良い姿を考える総合的な景観デザインマネジメントが求められます。これは簡単に言えば様々な要素を「つなぐ」力だと考えます。
地域にある要素の多くは、様々な境界(管轄等)によって分断され、景観的な不調和や使いにくさが感じられる場面が多くみられます。景観・風景に関する各種調査計画や道路・橋・ダム・公園等の公共施設デザインを通じて、まちづくり・土木・環境等の各分野と連携を図りながら、「つなぐ」ための様々な提案を行うことにより、地域のアイデンティティづくりに貢献します。