Menu

RECRUIT| 採用情報

ENTRY

Interview

日々進化する技術で
社会の課題を解決する。

S.Y

ICT

技術系総合職2006年入社(新卒採用)

チームで協力することで
困難を乗り越え、より良い仕事を成し遂げる。

大学時代は3次元やWeb-GISに関する研究を行っており、研究室の先輩に「建設コンサルでICTに関する面白いことにチャレンジしているところを紹介してください」とお願いし、縁あって八千代のインターンシップに参加することになりました。会社としてみると他にも選択肢はありましたが、実際に働く人や取り組んでいることを目の当たりにすることで、自分がチャレンジしながら働く姿が想像でき、八千代への入社を希望しました。
入社から13年間は官公庁(主に国土交通省)を顧客とし、台風予報から潮位を予測する高潮予測システムや、巡視・点検情報を管理する河川維持管理システムなど、社会インフラの管理者向けのシステム開発に従事してきました。仕事をする上で、より良い成果を出すためにチームで協力することは必要不可欠です。開発したシステムの試行リリースの際、事前の検証では出なかった問題やパフォーマンスの課題など、大きな問題が発生したことがありましたが、協力会社や客先、社内人員も含めチーム全体で対応し、なんとかリリースに漕ぎつけることができました。個人でできることには能力的にも精神的にも限りがありますし、改めてチームの重要性を痛感した出来事でした。

チームで協力することで<br>
困難を乗り越え、より良い仕事を成し遂げる。

これまでの経験を活かして
新しいことにチャレンジできる喜び。

2019年7月からは、新設された事業開発部署に異動となり、現在は民間企業向けの維持管理サービスを提供する事業に従事しています。現部署は、国土交通省での実績を活かしつつ、民間事業に取り組むために新設された部署なので、毎日新しいことばかりです。今までに培った技術や社内外の人脈を活かしながらチャレンジできることに大きなやりがいを感じています。会社としても新規事業に大きく投資することの実績はまだ少ないですが、主体的に取り組む機会をいただいています。
今後は、現在取り組んでいる事業で業界シェア1位を目指し拡大していくことを目標に、それに伴う新たな組織づくりなどにも取り組んでいけたらと思っています。
情報技術は進化も速く、以前であれば正解であったものが数年で全く逆の結果をもたらすこともあります。そのため、自分自身も変わり続けながら社会の様々な課題を解決したいです。

これまでの経験を活かして<br>
新しいことにチャレンジできる喜び。

私はこの世界に新しい解をつくる。

Interview

会社のバスケットボール部に所属しているので、月に2回程度平日夜にバスケをしています。部署や年代を超えて交友を広げられ、刺激をもらえるし、社内の人脈が増えることで仕事にもプラスになっています。
また、休日は小学生になるふたりの子供と遊んだり、おじさんになったので健康のためにジムに通ったりして過ごしています。

ENTRY