Menu

NEWS

2015年12月14日

インドネシア シナブン火山(Mt.Sinabung)の独自調査を行いました。

八千代エンジニヤリングは平成27年12月1日~12月5日にかけて、インドネシア シナブン火山(Mt.Sinabung)の独自調査を行いました。


1.シナブン火山(標高2451m)について

2010年 有史以降初めての噴火
2013年 噴火が活発化
2014年 高校生を含む16名の方が犠牲に(2月1日)
現在も噴火活動中

sinabung2015_01.jpg
インドネシア国公共事業省との合同現地調査(2015.12.05)



2.本調査の概要
現時点での火山噴火に起因する土砂移動現象を調査を目的として、下記の通り調査を実施した。

【調査期間】
平成27年12月1日~12月5日

【調査員】
総合事業本部 水工部 技術第四課 課長 池田誠 主任 横尾公博

国際事業本部 国際事業本部 水資源部 課長 福島淳一

sinabung2015_02.jpg
出典:Google map



3.調査結果の概要
最近においても、火山活動は活発であり、噴火・火砕流・土石流が多発していた。

【火砕流】
南東側山麓において、最近でも発生している。 当面は防災上のハード対策は困難と考えられる。

【土石流】
西側山麓を中心に主に3渓流で土石流が発生している。既に緊急対策は実施済みであるが、河床変動が激しい 状況にある。現状では、依然として次期出水に対する安全性が懸念される状態にある。

【降灰】
過去には北東約50km離れたメダンまで影響があったとのことであったが、現状では危険地域(半径5km程度)の外側では、著しい降灰は認められなかった。



sinabung2015_03.jpg

本調査では、インドネシア国 公共事業省水資源総局、スマトラⅡ流域管理事務所、火山局シナブン火山監視事務所のご協力を頂きました。



4.関連資料

インドネシア シナブン火山(Mt.Sinabung)独自調査の関連資料はこちらからダウンロードできます。

※所属部署は、サイト公開当時のものです。