Menu

NEWS

2019年05月14日

弊社社員が土木学会田中賞論文部門を受賞しました。

土木学会が毎年主催している土木学会賞にて、弊社社員の博士後期課程での投稿論文が田中賞(論文部門)を受賞いたしました。


■発表論文:「腐食したPC鋼材を有するPC梁の耐荷力特性と解析的性能評価手法の検討」


■受賞者:八千代エンジニヤリング株式会社 事業統括本部 国内事業部 構造・橋梁部/埼玉大学 横田敏広


土木学会HP 土木学会賞一覧ページはこちらから


■土木学会賞とは:昭和41年度より橋梁・鋼構造工学に関する優秀な業績に対して授与されている学会賞です。 橋梁に関する技術の進歩、発展に顕著な業績を上げたと認められる者を対象とする「研究業績部門」、土木学会刊行物に発表され、計画、設計、製作・施工、維持管理、考案、歴史などに関連して橋梁工学の発展に大きく貢献したと認められる論文、報告の中から選ばれる「論文部門」、橋梁およびそれに類する構造物の新設または改築で、計画・設計・製作・施工・維持管理などの面においてすぐれた特色を有すると認められるものについて選考される「作品部門」の3つの部門があります。