Menu

NEWS

2015年09月30日

鳥取県日南町の新石見小水力発電所の設備が完成しました。

当社と株式会社荒谷建設コンサルタント(広島市中区江波西1丁目25番5号)(以下設計JV)が取り組んだ石見発電所リニューアル事業の発電設備が完了し、発電記念式が執り行われました。

石見発電所は、昭和28年11月に旧石見村の農業協同組合により建設され、60年余りに渡って稼働していましたが、施設の老朽化もあり、平成24年8月に施行された「再生可能エネルギー特別措置法」(以下FiT)を適用してリニューアルすることとなりました。弊社は、平成25年6月にプロポーザルにより設計JVとして参画し、リニューアル設計を担当いたしました。

石見発電所は、ヘッドタンクから放水路までを全面更新する計画で経済産業省よりFiTの適用の許可を受けました。撤去計画、新設計画設計、各種認可手続きを得て、平成26年7月より撤去工事を開始し、同年9月より新設工事に入りました。平成27年8月より水車発電設備を現地に設置して試運転を行い、同年9月16日に発電記念式を迎えることができました。今後は外構工事と関係手続きを得て同年10月に事業完了を予定される見込みです。

本事業はFiT適用の判断が非常に早い事業であり、短期間にリニューアルを行うことができた良い事例ではありますが、日南町、町民の方々、鳥取県、工事関係各位のご協力・ご尽力により成し得たことを記してお礼申し上げます。

img0930-01.jpg
リニューアル前の発電所
img0930-02.jpg
リニューアル後の発電所

img0930-03.jpg
60余年稼働した水車発電設備
img0930-04.jpg
新しく稼働する水車発電設備

img0930-05.jpg
リニューアル前の水圧管路
img0930-06.jpg
リニューアル後の水圧管路




img0930-07.jpg

石見発電所のリニューアル該当図